• もっと見る
« 2022年07月 | Main | 2022年09月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
国葬反対運動という「茶番劇」の後にあるもの [2022年08月25日(Thu)]
国葬反対運動という「茶番劇」の後にあるもの
https://yukokulog.blog.fc2.com/blog-entry-4650.html

安倍総理の国葬に反対する署名が始まったというニュースがあったので、署名サイトまで探しに行ってみたが、署名運動はそのまんま「安倍元首相の「国葬」中止を求めます」というもので、発起人を見てみたらなんのことはない。「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」という、いつもの連中である。呼びかけには、これもいつものメンバーである上野千鶴子(学者)、内田樹(学者)、落合恵子(昨日書いたあのビジュアルの〇〇〇)、「アベ政治を許さない」の標語の生みの親である澤地久枝(作家)など、常連さんたちが名を連ねる。新鮮味はゼロだ。

 彼らには一定の「動員力」があるから、それなりの数は集めるのだろう。だが、ひとつ知っておかなければならないのは、そうやって国葬に反対する彼ら自身も、国葬が中止される可能性が限りなくゼロに近いことをしっているということだ。国葬儀を決定した岸田首相は、外務省を通じて各国政府に通知を出している。国葬を執り行うことは、その時点で既に「国際約束」になっていることから考えても、首相がその決定を覆すことはあり得ない。つまり、国葬反対派は、いくら彼らが反対しようと、いくら多くの筆を集めようと、国葬が行われることをわかっているのである。その意味で、この署名活動は茶番なのだ。

 彼らの狙いは、国葬の中止ではなく、国葬反対で反政府世論を喚起し、政府に打撃を与え、その政府を転覆させることにあるのではないかと思う。反自民政権の世論が勃興し、その政権が求心力を失えば、次は野党礼賛が始まる。それが2009年の民主党政権による「政権交代」だった。野党も左派メディアも、その二匹目のドジョウを狙っているのだろう。岸田政権を支持しようとしまいと、そういう策動は絶対に阻止すべきだ。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:42 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
国会議員御成敗式目 [2022年08月25日(Thu)]
近年、週刊誌ネタを元に国会論戦「政府追及」や反日マスコミに扇動された野党の無秩序な国会蹂躙傾向がみられて「議員の成りて」が居ないなんてほざいているが?
終活化した議員資質、否!、「反政府運動・分断社会構造策謀」のために議員特権を利用するための手段化に問題大があると思いませんか?

国家統治を神聖なるものとし、円滑且つ厳重にするために、「国会議員御成敗式目」なり「議員勅語」なりでも策定しては如何ですか?

国会議員が巷に出て「デモの煽動」わしたり、法律無視!
印象操作、尊厳破壊交錯等々!
遣りたい放題の狼藉には怒りが込み上げます。

御成敗式目(貞永式目)とは - Japaaan

https://www.japaaan.com/card/2370

御成敗式目(ごせいばいしきもく)は、鎌倉時代に、源頼朝以来の先例や、
道理と呼ばれた武家社会での慣習や道徳をもとに制定された、

武士政権のための法令(式目)である。貞永元年8月10日(1232年8月27日:『吾妻鏡』)制定。貞永式目(じょうえいしきもく)ともいう。ただし貞永式目という名称は後世に付けられた呼称で、御成敗式目の名称が正式である。また、関東御成敗式目、関東武家式目などの異称もある。

1185年に鎌倉幕府が成立以降、東日本を勢力下におく鎌倉幕府と、西日本を勢力下におく朝廷による2頭政治が続いていたが、1221年(承久3年)の承久の乱で、鎌倉幕府執権の北条義時が朝廷を武力で倒し、朝廷の権力は制限され、幕府の権力が全国に及んでいったが、

日本を統治する上で指標となる道徳や倫理観
そして慣習が各地で異なるため、
武家社会、武家政権の裁判規範として制定された。

IMG_6067.JPG

IMG_6068.JPG

◆ 安倍晋三、元総理大臣が暗殺された教訓。
立憲共産党、福島瑞穂等は、亡くなられた人よりも暗殺者、山上徹也を擁護する思想の人間である事が分かった。
大変に恐ろしい事である。
21世紀は、共産党の撲滅を心に誓う。

◆ 共産党員や福島瑞穂は自分の大切な人が殺されても犯人を憎む心はなく許してあげる慈悲の心を持つのか?。そのくせ安倍元総理の国葬には反対する心の小ささには呆れるばかり。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:32 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ