• もっと見る
« 2022年07月 | Main | 2022年09月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
恐ろしい陰謀、煽動が「マスコミ」や「反日工作員」による現象 [2022年08月01日(Mon)]
政府官邸への意見書送付

安倍元総理凶悪暗殺事件を統一教会に結び付けて自民党打倒、日本国家打倒を企むシナリオで突き進む「闇勢力」の影が感じられる。そんな予感に怖気づく愚老ですが・・・

これは、日本国家国民を護るために本腰を入れ始めた日本に対する政治家暗殺を禍とする脅迫事件! 一気呵成に日本弱体化策謀ではないのか?
恐ろしい陰謀、煽動が「マスコミ」や「反日工作員」による現象ではないか?
狙いは
憲法改正阻止!
自衛隊予算2%阻止!
戦後レジーム脱却阻止!
にあると愚老には感じられる。

統一教会との関わりを悪とするならば、創価学会に支えられる政党はどうなのか?
また公安監視対象とされる共産党そのものはどうなのか?
共産党が率いる野党連合はどうなのか?
否、数多ひしめく「宗教団体」と「政党支援」の実態をどうするのか?
憲法20条「信教の自由」とは何か、「政教分離」とは何か?
そもそも憲法の不備なのか?
集団自殺的傾向、瞬間的に熱病化する日本人!
暗殺事件を矮小化する企みに踊らされず、
政府は事件の真相を明確にして、国民に現実を教えるべきです。

そのような不安やストレスが岸田総理支持率低下の要因です。

しかし、それよりも国家消滅の危機です
メディアの報道に振り回されず毅然と対処を切望致します。

仕組まれた暗殺事件!
背景を炙り出さなくては!
警察内部にもスパイ存在か?
そうで無ければ説明が付かない!

(666) Cスナイパーはどこから撃ったのか?  安倍元総理銃撃事件を俯瞰、木を見て森を知る。 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=ApI6u63ho-U

犯罪組織メディア
元首相に対する“異常な批判” 社民・共産・れいわ・左派・朝日新聞らメディア『憎悪を煽った人々』 
人権を語る左派の文化人は「あべしね」とTwitterに。
朝日新聞の幹部は「安倍の葬式はうちで出す」と
法大の山口二郎は「安倍は人間ではない。叩き切ると
政府は何故メディア対策をしないのですか?
容認ですか?

◆ 翻って国葬潰し。

統一教会を叩いても安倍叩きには効果がないと気が付いた朝日新聞、今度は国葬つぶしに奔走しています。
国葬には世界の首脳が集まり安倍元総理が仕掛けた中国包囲網が完成形になるだけでなく、安倍元総理の功績が不動のものになるからです。

相手はなりふり構わず攻撃してきます。
国葬中止を求め「子ども誘拐」全国各地で相次ぐ脅迫メール…明石市長には辞職迫る"自作銃で殺す"殺害予告
こういう事実も政府は公表すべきです。

一色正春氏の指摘です。
第二次世界大戦末期、自国民を空から殺戮する軍の最高司令官が亡くなったなった時、当時の首相が世界に向けて弔意を表したように、私は日本人という民族は、どんな嫌いな人が亡くなっても弔意を表明し、遺族の心情を慮るのが当たり前だと思っていました
しかし、それを強要と捉える人がいるのは驚き
第二次世界大戦末期、自国民を空から殺戮する軍の最高司令官が亡くなったなった時、当時の首相が世界に向けて弔意を表したように、私は日本人という民族は、どんな嫌いな人が亡くなっても弔意を表明し、遺族の心情を慮るのが当たり前だと思っていました
しかし、それを強要と捉える人がいるのは驚き


◆ 警察不信感!

奈良県警安倍警備大失態に無能と厳しい声!不祥事刑事本部長とSPは誰?
事実関係指摘も出ています。
「サンワシティビル503号室からのプロのスナイパーによるホローポイント弾(しかも体内で溶ける)の可能性大です。
奈良の自民党二階派議員および大物議員が背景にいるというところまで分かってきたようです」


今は真相究明が全て!
世論は間違っている、意図的な扇動!
或いは、真の犯人が世論形成。
それも当初から仕組まれた事かもね!

統一教会は、確かに大きな問題がある似非宗教に違いありませんが、安倍さんの暗殺事件においては、犯人である山上が追求を受けるべきであり、統一教会叩きや政治と宗教の問題が中心になっててはいけないと思います。
況してや山上に、同情を寄せさせることを目的にしているような報道こそ、大問題だと思いますけどね。

先ずは安倍さん暗殺の不可解な点を洗い出し、真相を明らかにした後、政治と宗教問題に着手すればよいし、その結果、自民党に問題があるのならば、次の選挙で有権者からの審判を受ければよいのではありませんか?

最後に
愚老の被害妄想かも知れませんが!
電通・博報堂・ADK
統一教会・マスコミ・帰化人政党等々が招く社会現象。
もしかして、
日本の社会秩序はいわゆる「韓流」によって破壊され続けるのではありませんか。


Posted by 余生を憲法改正に! at 09:39 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
機能しない「国連」幻想・・・ [2022年08月01日(Mon)]
機能しない「国連」幻想・・・
−日本の有り方を考える たかおじさん−


国連の成立過程を考えてみると、もともと国連とは国際社会のためではなく、米国による世界支配のための組織だった。米国が主体となって、名目上は米国、ロシア(ソ連)、中華人民共和国、フランス、英国の五ヶ国が1945年に設立したことになっている。設立の理由としてはWW2を防げなかった反省からこれらの五ヶ国が設立し、国際間の問題を国連が解決すると言うことだった。が、現実には米国が世界を支配し、他の四ヶ国がそれを支え、他の加盟国は発言は出来るが国連による多数決の結果も、この五ヶ国のうち一ヶ国でも反対すれば否決されるという国連が本当に国際社会の安定のために存在したかどうか今の国際情勢を観ればよく分かるはずだ。

事実上国連設立を提案し主導したのは当時の米国大統領トルーマンだろうが、彼の脳内には米国による世界支配しかなったと思う。むろん、建前では世界各国の平等な権利を保つためとされているが、そんな物が実現するわけが無いのはトルーマンほどの馬鹿でない限り理解出来るはずだ。

上記の設立国、つまり五ヶ国のうち、英国はかろうじて終戦まで独立を保っていたが、フランスはドイツに占領されていた。ソ連は米英との密約で日本との条約を破棄し、終戦一週間前に日本に宣戦布告をし、そして満州に攻め入った。むろん、それなりの準備が無ければ出来なかった攻撃だ。当時蒋介石が支配していた支那は、日中戦争で厳しくなり、米国に媚を売って、結果として米国を対日戦に引きずり込んだ。米国は日本の台頭を警戒し、折があれば日本を叩こうとしていたから、この支那の働きかけで渡りに船とばかりに飛びついた面もあるだろう。

それでなくとも、日本に突きつけたハルノートは事実上の宣戦布告であって日本に対する鉄工、化石燃料などの一方的な輸出禁止を実施していたし、またABCD包囲網、つまりAmerica、Britain、China、Dutch(オランダ)による対日包囲網が1930年代からあった。

書き出せば切りが無いが、当時の米国とはマニフェスト・デステニー(詳細は省くが、要するに米国人の西部開拓精神、言い換えれば原住民の排除精神)のみが世界で許される思想だと思い込んでいたらしい。今でも彼等の価値観は変わらないが。英国フランスはこの米国と基本価値が同じ、ソ連は欧米に媚を売る。支那は所詮非西欧の属国だから米国に背くはずが無いとなれば、これら五ヶ国を国連の設立国として常任理事国とし、拒否権を持たせたのも全て米国の方針だった。

今、ロシアや支那が欧米に敵対するようになった其の最大原因は欧米、主として米国がそうさせたと言うことだ。

国連の目的として分かりやすいのは、国連憲章だろうが、その中では我々は互いに尊重し、二度と嘗ての様な戦争をしないために努力するのようなことを謳っている。非常に結構な目的だが、現実には全くそのような機能は無い。それこそ見事なほど無い。たとえば、未だに敵国条項なるものがあり、その中にはWW2で欧米の敵だった日独伊などの枢軸国に対しては未だに、国連の承認無しに一方的に攻撃出来るとされている。それ以外の国との戦争は国連の承認が必要とされているのだが、未だにこの敵国条項があるとは、酷廉もとい国連なる物がどういう物かよく分かるのではないか。

尤も、この敵国条項は今では有名無実とはされているが、なぜ未だに存在するのか。この条項の削除に、常任理事国である○○と××が承認しないからだ。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:10 | 国際情勢 | この記事のURL | コメント(0)
国葬反対のトンマさんたち・・・ [2022年08月01日(Mon)]
国葬反対のトンマさんたち・・・
凶悪犯罪擁護? それとも共謀者?
それしか考えつかないが。如何に?

一色正春
@nipponichi8

第二次世界大戦末期、自国民を空から殺戮する軍の最高司令官が亡くなったなった時、当時の首相が世界に向けて弔意を表したように、私は日本人という民族は、どんな嫌いな人が亡くなっても弔意を表明し、遺族の心情を慮るのが当たり前だと思っていました

しかし、それを強要と捉える人がいるのは驚き
Posted by 余生を憲法改正に! at 05:46 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ