CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年05月 | Main | 2022年07月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新コメント
屋根の上のジェノサイド [2022年06月12日(Sun)]
「太陽光パネル業界では強制労働が蔓延している」

【屋根の上のジェノサイド】

◆ 小池百合子や橋下徹が噛み締めるべき名言である。電力網へのサイバー攻撃リスクなど戦慄する問題が次々と語られ、同時にこれらを看過する我が国の政治状況に対して、疑念が込み上げる。


太陽光パネルが照らす深い闇…屋根の上のジェノサイド:
−東アジア黙示録 (webry.info)−

https://dogma.at.webry.info/202206/article_2.html
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:30 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
岩手を変えて「国を護ろう」 [2022年06月12日(Sun)]
岩手を変えて「国を護ろう」
■ 目覚めよう岩手

参院選でどう動くか小沢王国の有権者 

3月の奥州市長選で現職大敗 2022/6/11 08:00 (fc2.com)

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-13039.html

後援会存在薄く
岩手県政界は小沢一郎氏を盟主とする小沢王国が四半世紀以上も続いてきた。しかし昨年10月の衆院選では、小沢一郎氏が初めて選挙区で敗北、比例東北ブロックで復活当選したものの、高齢化が進む後援会の弱体化は隠しようがなかった。市長選では表立って動かないとはいえ、今回の市長選では特に後援会の存在感が希薄だった。

衆院岩手3区の小沢氏の敗北は自民党を勢いづかせている。今夏の参院選では岩手選挙区(改選数1)に弁護士の広瀬めぐみ氏(55)を擁立し、30年ぶりの議席奪還に攻勢をかけている。迎え撃つのは小沢氏の元秘書で再選を目指す木戸口英司氏(58)。今回は達増拓也知事の後援会が野党共闘の受け皿となり前面に出て戦うことになる。果たして小沢王国はどうなるのか、注目の選挙となる。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:22 | 祖国の文化 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ