CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年12月 | Main | 2022年02月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
日本国憲法の欠陥 愚老の戯言… 5 [2022年01月14日(Fri)]
日本国憲法の欠陥 愚老の戯言… 5
(平成29年の雑記帳から転記。これから時折り記事投稿させていただきます。
単なる思い込みの愚痴。検証未了につきご容赦のほどをお願いします)
国家の要件は → 1.国民 2.領土 3.主権 が備わっている事
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
■憲法90条 → 国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。

※役人が役人の税金に関する所行を検査して、厳しく指摘すると言う矛盾。
※役人天国温存につながっている。


2.憲法八月革命説 
@ 憲法草案が一週間そこそこで作られたことが明白。
A 松本試案が提出される5日前にGHQは独自の草案を作ることにした。
B 昭和21年5月に松本蒸治が公職追放された。その頃に東大教授宮沢が「八月革命説」を発表している。
C 同年8月に共産党が、10月には宮沢が秘密会で新憲法を批判している。
D 宮沢俊義東大教授の「変節」がその後の日本の憲法への理解の仕方を変えた。と言うことが明白・・・・・

3.憲法9条に唯一反対した政党「日本共産党」
それが、今「9条は世界の宝」だと?
いま日本共産党は、「護憲」を大看板にしている。だが憲法制定時、日本共産党は天皇条項と9条に明確に反対し、政党としては唯一現憲法の制定に反対していたのである。
その政党が「憲法9条は世界の宝」というプラカードを掲げているのを見るとあきれ果てるしかない。
※ 1946年8月24日、衆議院本会議で反対討論に立った野坂参三は、次のように述べて憲法9条に反対している。

 「現 在の日本にとってこれ(草案第9条)は一個の空文にすぎない。われわれは、このような平和主義の空文を弄する代わりに、今日の日本にとって相応しい、また 実質的な態度をとるべきであると考えるのであります。要するに当憲法第二章は、我が国の自衛権を放棄して民族の独立を危うくする危険がある。それゆえに我 が党は民族独立の為にこの憲法に反対しなければならない」
(続いて日本社会党も、然るべき時に憲法改正を条件に挙げていた)

 誠に正論である。当時、吉田茂首相が自衛権すら否定する答弁をしていたこともあったが、平和主義を空文とまで批判しているのである。
支離滅裂会見西村智奈美幹事長 [2022年01月14日(Fri)]
支離滅裂会見
西村智奈美幹事長

−–
西村智奈美
「違法性がないことを確認したが、今回は3つの点で適切ではなかった。
(1)特定メディアに資金提供しながら公表しなかった。
(2)特定メディアに党が資金提供する事が適切であるか議論がある。
(3)支出の妥当性について組織として検討した形跡がない。
今回疑念を持たれた点は反省すべき」
−–

福山哲郎が幹事長として企業の私的支援に党の金を供与したことについて
「組織として検討した形跡がない」
というかなり致命的な話をしています。

となると福山哲郎が幹事長として党のお金を指摘に流用、
しかも間に広告代理店を挟むことで表向き隠蔽工作までしていたという話になるでしょう。

こうなると福山哲郎による党の金の横領になりますし、
政治資金の目的外使用でしょうし、
立憲民主党が組織として認めたお金ではないというのですから、
立憲民主党は横領された被害者ということになるはずです。

ところが記者会見で西村智奈美幹事長は記者の質問に。

−–
産経新聞「福山前幹事長の独断か。枝野代表は知っていたのか?」

西村智奈美「福山前幹事長が決裁した。(枝野代表が認識していたかについて)わからない」

産経新聞「『支出が不適切』だと言ったがそれなら福山前幹事長への処分は」

西村智奈美「違法性があったとは言えないので処分は考えてない」

京都新聞「『違法性が無いから処分は考えない』という論理だが、一般的に法に抵触しなくても組織のイメージ毀損や信用失墜があれば、何らかの処分は組織としてある。その上でも福山前幹事長への処分は必要ないという考えか?」

西村智奈美「必要性を感じない」

京都新聞「福山氏は今年改選となる。すでに立民は公認候補としているが参院選での福山氏の公認はどうなるのか?」

西村智奈美「継続する」
−–

さらに立民からCLPへのお金の流れや
ブルージャパンへの9億を超えるお金の流れなどについて
「個別の取引内容の公表は控える」
として説明をせず逃げました。
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:04 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
日本に必要ない政党の欺瞞 [2022年01月14日(Fri)]
りっけん共産党とやゆされる党幹事長の西村智奈美
説明責任放棄!
ん飲泉

所在地に会社が存在しないペーパーカンパニー(幽霊会社、ゴーストカンパニー、ダミー会社)「ブルージャパン株式会社」に9億円を出資してきたが、「個別の取引内容の公表は差し控える」と述べ、取引内容の説明を拒否した!

西村智奈美『Dappiは立民議員を誹謗中傷したが、CLPの番組は誹謗中傷などの問題はない』と断言!
朝日記者「『CLPは誹謗中傷はない』と断言しましたけど、番組を見てないのにどうしてわかるのか?」
西村智奈美「私は番組を見てないが、他の人から『誹謗中傷などの問題はない』と聞いた」

夕刊フジ「自民党のいわゆる『Dappi疑惑』を立民議員がかなり追及していた。今回の件はまさに立民のモラルが問われる事態で、ブーメランが炸裂した。【毎回色んな所でブーメランが突き刺さっている党の在り様について】どのようにお考えになりますか」
西村智奈美「………」

20220113立民が説明拒否!9億円を幽霊会社に!「CLPと関係ない広報活動。CLP番組見てないが問題ない」

税金投入されている公党が幽霊会社(ブルージャパン)に9億円を支払っておきながら、『回答は差し控える』(取引内容の説明拒否)は、絶対に通用しない!

『公共メディア』(CLP)を騙り、クラウドファンディングで一般人から金集めをしていた詐欺集団に密かに1500万円を出資して立民のステマ番組を配信しておきながら、番組を見もせず『番組内容に誹謗中傷などの問題はなかった』との主張も、全く通用しない!

しかし・・・こんないい加減な政党から出る参院選候補者になびく県民性とは?
岩手県ねぇ〜・・・情けなし・・・
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:54 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ