CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
岸田さんは日本を壊したいのかなぁ〜 [2021年11月29日(Mon)]
しかし・・・どうしても!
岸田さんは日本を壊したいのかなぁ〜
何の恨みがあって・・・


261610962_1035441073974432_2764485610278745152_n.jpg
Posted by 余生を憲法改正に! at 10:23 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
武蔵野市の「外国人住民投票条例案」に反対している青山繁晴氏> [2021年11月29日(Mon)]
武蔵野市の松下玲子市長の強引な市政が問題となっています。
https://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12712592445.html

 11月19日、事実上の外国人参政権と言ってもよい住民投票条例案が、武蔵野市議会に提出されました。
 そして、市民に対するまともな説明もないまま、12月21日の本会議で採決され、令和4年度中に施行する見通しになっています。
 たった一人のおかしな市長のために、日本の国益と日本人の尊厳が失われようとしているのです!

 そして、この暴挙に対し、ついにこの方が立ち上がってくれました!
 青山繁晴参院議員です!
 青山氏は、「日本の尊厳と国益を護る会」の代表幹事であり、これまでも様々な局面で行動を起こされて来ました。

 以下、ZAKZAK(夕刊フジ)より引用します。

自民・青山繁晴氏「外国人住民投票」条例を一刀両断 「国民・国家の否定につながる、撤回し市民の声聞き直せ」 武蔵野市に広がる反対論
(2021年11月26日)

https://www.zakzak.co.jp/.../211126/pol2111260008-n1.html

<武蔵野市の「外国人住民投票条例案」に反対している青山繁晴氏>

 東京都武蔵野市の松下玲子市長が、外国人にも住民投票権を認める条例案を市議会に提出したことへの反対論が広がっている。自民党保守系グループ「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」代表幹事の青山繁晴参院議員は28日、JR武蔵境駅前で街頭演説に立つ。これに先立ち、夕刊フジのインタビューに応じた。

 「今回の問題では、実は『国民・国家とは何か』が問われている」「松下市長は一度、条例案を撤回し、市民の声を十分聞き直すべきだ」
 青山氏はまず、こう語った。
 注目の条例案は、日本人でも外国人でも「市内に3カ月以上住む18歳以上」に住民投票の権利を与える内容で、外国人留学生や技能実習生らも対象になる。住民投票の結果に法的拘束力はないが、問題の次元は違う。

 青山氏は「国民は主権者であり、その国の宝だ。政(まつりごと)で、日本国民と、短期間の滞在歴にとどまる外国人とを明確に区別できなければ、国民・国家の否定にもつながりかねない。外国人が本来、主張すべきではない権利まで主張する事態も生じかねない。市政運営に事実上、大きな影響を及ぼし得る。松下市長は事の深刻さに気付くべきだ」と語った。

 反対派は、外国人の投票参加が「外国人参政権の代替として利用されかねない」と懸念する。
 青山氏は「松下市長が望むか否かに関わらず、他国の勢力が住民投票を利用して、自治体運営に侵食してくる危険性がある。相手が『心理戦』や『世論戦』を仕掛けてくる意図を分析し、備えることが安全保障上のイロハだ。松下市長に、こうした認識があるかは疑問だ。同様の条例が全国に広がれば国益を損ね、日本人としての尊厳も失われる。今、ここで流れを食い止めるため、条例案反対の世論をしっかりつくりたい」と訴えた。

各国のコミュニティが各地にできるのは仕方ないが、日本の自治は日本人が治めるべきもの。日本人と文化風習言語の違えば、当然軋轢や諍いが発生する。
人権や生存権を差別してはいけないが「国を乗っ取る」事もできる参政権の付与は断固反対・阻止すべき物と心得る。 悪しからず。

I国家国民という概念を否定したい左翼が担ぎ上げた市長なのだから、確信犯だろ!
市長立候補の際に公約にも掲げる事なく総選挙で親分の菅直人が無事に勝ったら文字通りの後出し、で条例提出だ敵対勢力には民意を問え、が常套句だが自らが権力を握れば民意など平気で無視左翼界隈住民の思想そのものだ

こんな市長を選ぶ地方自治体があることが、日本にとっての危機。

こんな反日バカ市長を当選させた市民も同罪だ!
住民訴訟でも起こして辞任に追い込むしかないのだが・・これでイイのか?武蔵野市民!!

日本国の主権者は「国民」だ。我国の国籍を持たない者=外国人に参政権を与える必要はない。たとえ居住日数が長くても…だ。我国の参政権が欲しいなら、我国の国籍を得てからにしてくれ。それが「人さまの国に住まわせてもらうマナー」というものだ。

 <緊急告知!>
 本日11月28日14時から、青山繁晴氏と地元選挙区の長島昭久氏らが、武蔵堺駅頭で「#武蔵野市 住民投票条例案の再考を求める」街頭演説会を開催します!
 ご参加可能な方は、是非どうぞ。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:07 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ