CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
大東亜共栄圏の背景 [2021年11月04日(Thu)]
大東亜共同宣言
戦争は二度と起こすべきではない。
だからと言って、「英霊への冒涜は人として成すべきことではない」

愚老・・・まさに世界人類の平和な暮らしを願うのみだが、
残念ながら国連にその機能が無い。

相変わらず「力に屈している」
力とは・・・かつての西欧による世界侵略、植民地拡大とか!
今は、世界革命・侵略を企む支那共産党軍門に平伏へと堕ちたしていることではないか」

◆ 大東亜共栄圏の背景

草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 大東亜会議 〜 独立志士たちの宴 (fc2.com)

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6546.html

昭和18年4月に中華民国大使・重光葵は、「戦う目的について堂々たる主張がなければならぬ」として、次のような意見書を東条首相に提出した。

 日本の戦争目的は、東亜の開放、アジアの復興であって、東亜民族が植民地的地位を脱して、各国平等の地位に立つことが、世界平和の基礎であり、その実現が即ち、戦争目的であり、この目的を達成することをもって日本は完全に満足する。[1,p47]

 東条はこれに共鳴して、この政策実行のために重光を外相とした。重光は汪兆銘政府と積極的に話し合い、全面和平の後、日本軍の撤退を約する日華新協定、日華同盟条約を結んでいた。

11月5日午前10時、各国代表が国会議事堂の中の会議場に入場。大東亜会議は東条首相の代表演説から始まった。

東条は米英のアジア侵略の歴史をもとに、「洵(まこと)に米英両国の抱く世界制覇の野望こそは、人類の災厄、世界の禍根」とし、日本に対しても経済断交をもって屈従を迫ったので、自存自衛のため開戦のやむなきにいたった経緯を述べた。

 そして「大東亜各国は正に其の自主独立をば尊重しつつ、全体として親和の関係を確立すべきもの」と「万邦共栄」の理想を謳いあげた。

大東亜各国は相提携して大東亜戦争を完遂し大東亜を米英の桎梏(しっこく、足かせと手かせ)より解放して其の自存自衛を全うし左の綱領に基づき、大東亜を建設し以て世界平和の確立に寄与せんことを期す。

とし、道義に基づく共存共栄、互いの自主独立と伝統の尊重、経済と文化の交流を綱領とした。大東亜戦争を「日本の自存自衛」の戦いから「大東亜各国の自存自衛」の戦いに位置づけたのである。

各代表による5分程度の意見陳述の後、全員一致で大東亜宣言の採択が採択された。
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:08 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
日本を守る意思のない無節操な野党共闘 [2021年11月04日(Thu)]
国防
ー美しい日本ー

櫻井よし子氏:日本を守る意思のない無節操な野党共闘: 美しい日本 (cocolog-nifty.com)
http://japanhascomet.cocolog-nifty.com/.../post-ac9e20.html

いま、国際社会は自由と民主主義の国々が、専制独裁の共産主義諸国と対立する構図の中にある。相互に深く経済でつながりながらも、人間の自由を厳しく制限し、各民族、各国の宗教、政治信条、言語、文化、歴史に非寛容な中国などの専制独裁国と私たちは相対峙(たいじ)している。
侵略を受けないために重要なのが安全保障の力だ。つい10日ほど前、中露の海軍艦艇10隻が日本列島を周回した。中国版トマホークを積んだ最新鋭の巡洋艦を投入した中国はこの演習を「より実戦的で、対抗性が大幅に向上した」と誇った。脅威は日々、目に見える形で増大している。

そうした中、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)、「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」、日米豪印4カ国(クアッド)などに見られるように、日本が貢献していることは非常に多い。日本への国際社会の期待度は高く、岸田政権の仕事は日本を強く勇気のある国にすることだ。そのための応分の責任を果たせる法整備を進めることだ。
たとえば中国がアジアから米国を排除するためにこだわる第一列島線である。第一列島線の島々は日本国の領土である南西諸島だ。日本は自国領である島々で米国と協力し、豪印英仏独などとも協力して東シナ海、南シナ海、台湾を守る態勢を構築できるのだ。わが国の安全のために、岸田首相には自衛隊強化の公約の実行が期待されている。

衆院選投開票日直前、岸田首相はインターネット番組「言論テレビ」に出演し、「国家安全保障戦略、防衛大綱、中期防衛力整備計画(中期防)の改定」の公約実行を強調した。
首相は改定の時期には言及しなかったが、来年冬までにこれら3つの戦略を根本的に見直し、令和5年には防衛力強化に力強く踏み込むのが望ましい。選挙で力強い支持を受けたのである。自信をもって公約をやり遂げることが負託に応える道であろう。憲法改正についても岸田首相は多弁だった。

「国民との対話の中で、一票の格差、緊急事態、自衛隊の明記など改正の意義を十分理解できると気付いてくれる人々が多かったことを実感した。国民の世論形成と国会議員との議論、これを並行してやっていきたい」

憲法改正には固い決意と幅広い支持が必要だ。日本維新の会は力強い賛同者であろう。自民、維新で公明党を巻き込むのだ。3党で全議員の3分の2以上の議席を得たのは天命であろう。憲法改正実現こそ岸田首相の公約で責務である。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:58 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ