CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新コメント
新総裁の責務は「党是の実現」 [2021年09月26日(Sun)]
新総裁の責務は「党是の実現」

安倍氏の支援を受ける高市早苗前総務相の主張にも迷いがない。自他ともに認める改憲派であり、総裁選では4項目の実現に賛意を示した。17日の会見では、深刻な感染症の蔓延(まんえん)も視野に入れた緊急事態条項の新設を重視する考えを表明。憲法にある「公共の福祉」についても「概念を明確化しなければ必要な法律が作れない」と問題提起した。

安倍晋三前首相は自民党総裁として、憲法改正に向けて自衛隊明記や緊急事態条項新設など党の改憲4項目を策定した。後を継いだ菅義偉首相は、改憲の是非を問う国民投票の利便性を公職選挙法に合わせる国民投票法改正を成し遂げた。次の総裁が改憲に向け、動き始めた党の流れを引き継ぐのかどうかも今回の総裁選の焦点となる。

現行憲法は終戦直後、連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー最高司令官のもと、米国主導で制定された。自民党は昭和30年、最高法規に国民の意思を反映させようと改憲を党是に結党したはずだが、目標はいまだに達成されていない。

草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 憲法改正 求められる具体化 (fc2.com)

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-12584.html
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:13 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
岩手自虐史物語 [2021年09月26日(Sun)]
岩手自虐史物語

自民党員数「日本一」・・・と言われる「少ない岩手」も総裁選投票が終わっただろうか?
ポストインも明日をメドに済ませないと間に合わないが、恐らく投票率も「日本一」少ないかも知れないね!
その中でも、親中候補者への投票は日本一多いかと推察します。
さて、我が赤い県の最高実力者と揶揄される政治屋さまが、野党統一行動の取りまとめで旗頭を務めるらしい。ただ、枝野氏の頭越しとか何とか・・・壊し屋さんに頼む方がねぇ〜
逆賊の歴史に染まる県民としては恥じるばかりだが、
当人は伊達藩の御仁だから差し詰め令和の阿弖流為か?
否! さに非ず。
阿弖流為は郷土の誇りである!
郷土の人々の名誉のために戦い、
朝廷側に勝ちながら、
戦の無い暮らしと誇りを護るために、
全責任を背負って京都「坂上田村麻呂」に降った。
大震災で独り京都に逃げた方とは大きな違いだ・・・
これも令和の「天と地」物語に成るだろうか・・・
一節には阿弖流為のルーツは中東だと言われる。
方や半島出とも言われているが、確かな事は(愚老には)分からない。
日本はアフリカを起源として中東、ユダヤ、或いはツングースや、モンゴル、漢人とか多様な融合、そしては秦氏と言われる人々が日本文化を形成して来たのではないか!
と言われる。
そんな日本人ルーツの中で留意すべきは、漢人と韓人とは全く違うと言うことである。
大和魂も消え入る日本政治の混乱は、そのルーツとの戦いである。
差し詰め親特亜派+マスコミ & 日本独立派+ネット と云う構図だろうか?
日本の不幸は、この対立が続き特亜派によるマスコミ占拠が根っこに有り、情報難民と言われる「呉れない族」・「似非平和主義者」・「似非人権派」が社会秩序を破壊し始めている事だ・・・と愚老は思う。
剣が峰・・・
まさに日本の主権、日本の国柄、否、日本滅亡を防ぐための戦いを賭けた激しい怨念の衝突である。
嗚呼無常・・・
無力無能たる我が身が情けない・・・・
| 次へ