CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新コメント
高市早苗議員の国家思想は正しい!! [2021年09月11日(Sat)]
高市早苗議員の国家思想は正しい!!

・「在日外国人」「外国籍」の人間に「生活保護制度」「健康保険制度」が悪用されている
このままでは、日本社会の相互扶助の精神が崩壊する可能性がある

・今、地方から日本の独立、主権が壊れ始めている
この背景には強すぎる地方自治体の「首長」「組長」の権限がある

・地方自治法、自治基本条例、国籍条項を改正する必要がある
憲法に抵触すると思われる「条例」を制定したり
中国人を積極的に受け入れる媚中派の「首長」「組長」も多い
「首長」の中には「在日外国人」「外国籍」の人間に「生活保護費」を支給する人間もいる

・日本人が生活苦で「自殺者」が後を絶たない現実の中で怒りを覚える
又、旅行者の中にも「健康保険制度」を悪用し、傷病治療を目的に入国する人間も多いと言う

・外国資本による日本の土地、不動産購入と共に大量の外国人の入国は極めて危険だ
国民が知らない間に日本の独立、主権が蝕まれている
民族国家(ネーシヨン・ステート)が壊れて行く

・今、日本人は大きな危機感を持つべきだ
高市早苗総裁、総理大臣の実現が日本を救う!!
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:41 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
河野首相では日本が危ない [2021年09月11日(Sat)]
河野首相では日本が危ない

河野太郎氏がもし出馬をした場合、日本のメディアが河野氏を絶賛することが予想されます。なぜなら彼は中国共産党にとってもアメリカの民主党系の勢力にとっても都合の良い人物だからです。おそらく中共もアメリカの支配層も日本のテレビや新聞を使って河野氏の宣伝をしようとするでしょう。そこで、私たち日本人にとって、そして日本の国益という観点から河野氏は最悪の首相になるだろう

ー反日勢力を斬るー

公開討論で高市早苗候補に敵う者は居ない
今日、河野氏の出馬会見が行われた。
期待していたわけでもないのに、想像以上に酷かった。
開口一番、浪花節が始まる。
中身の無い情緒論・・・

河野太郎
「皆さんの思いや不安を受け止め、情報を皆さんと共有し、しっかりとしたメッセージを出し、皆さんと一緒にこの直面する危機を乗り越えて行かなければならないと思っております。
皆さんと一緒に笑い、皆さんと一緒に泣き、皆さんの思いを受け止め、皆さんに共感して頂ける、そんな政治を通じて、人が人に寄り添う、温もりのある社会を作って行きたいと思っております」

「寄り添う」とか「温もり」とかいう言葉に偽善しか感じないブログ主としては完全にアウトである。
これは完全にリベラル用語だろう。

「日本語と皇室が日本を支えている。これが保守主義だ」
その皇室の伝統を破壊する女系天皇を河野氏は容認している。
その他、リモートワークで都市から地方にワーカーや事業が分散するなどと夢の様な話。

「皆さんが、これが出来たら便利だよねとか・・・」
「だよね」は石破茂氏の口癖である。
河野氏に支援を求められた麻生派のボスの麻生氏が・・・
「河野は自分が置かれている状況が分かっていない」
と漏らした気持がよく分かる。

まず出馬会見の内容の薄っぺらさだ。
言葉を弄んで自己陶酔しているだけである。
でもそれにコロリと騙される全国の自民党員もいるだろう。
「モリカケの再調査は必要と考えているか」と朝日新聞記者に聞かれて必要ではないと言ったのは正解。
ワクチン接種は世界最速と自負。
(部下が上司・菅さんの手柄横取り)

「慰安婦問題について河野談話を上書きするのか」という質問に対しては
「自民党政権の継承してきた歴史認識を受け継いで行きたい」
と答えた。
つまり父親の談話を上書きしないということだ。
脱原発派かと聞かれて・・・
「『脱原発』という言葉の解釈は人によって違うからやめておいた方がいい」
と逃げた。

沖縄新聞
「多くの人が納得する政治」 と言ったが沖縄の埋め立て地から沢山の人骨差出ている。沖縄の人は基地移設に反対している。
河野
「基地移転を進めていきたい」
沖縄の一部左翼の数より、日本人全体の数の方が圧倒的に多いからこれは正しい。
経済政策

「インフレ率が先にあるのではなくて経済の結果としてのインフレ率だ」
「日銀に任せる」
「アベノミクスで経済は成長したが賃金には波及していない」(野党のセリフ)
「企業から個人を重視する政策を進めて行きたい」
企業の成長なくして社員の賃金は上がらない。

高市候補と岸田候補は・・・
金融緩和の拡大
国債発行と財政出動
大きな政府
という点でほぼ同じだが、河野候補は経済政策を語らない。
「22兆円のGDPギャップがある。有事には財政出動も考えられる。どれくらいの規模かと言うのも大事だが、何処に財政を出すのかとう議論をまず議論する必要がある」
と、しどろもどろ。

【核廃絶】
「頂上に行く道は多数ある。中国も入れて核廃絶に向かって行く」
韓国の東亜日報記者の質問に対し・・・
「ヨチヨチ歩きする国でも寄り添っていく日本でありたいと思う」
韓国のことだったのか?

一方で、早くもヨイショする者があらわれている。
早川忠孝である。
河野太郎氏の出馬記者会見は、大成功だろう
しかし数時間前のYouTubeでは親指を上に挙げたのが728、下におろしたのがなんと4739で、評価されていない。

相変わらずモリカケを叫ぶ記者や入管で死亡したスリランカ人ウィシュマさんのビデオを公開せよとか、左翼メディアの存在が浮き彫りにされた。
※ とある反日コメンテーターが
「総裁前の嘘は許される。嘘も方便だと・・・」
要は嘘つき河野のデビューなのだ!


無知による失言、軽はずみな行動、年配者を重んじない傍若無人な態度などは自民党内でも心配する声が挙がっている
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:11 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ