CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新コメント
反日勢力の政治批判は? 醜いばかりの偏向印象操作! [2021年09月05日(Sun)]
反日勢力の政治批判は?
醜いばかりの偏向印象操作!

最後まで仕事を仕掛けていった総理 | パチンコ屋の倒産を応援するブログ (pachitou.com)

https://pachitou.com/2021/09/04/%e6%9c%80%e5%be%8c%e3%81%be%e3%81%a7%e4%bb%95%e4%ba%8b%e3%82%92%e4%bb%95%e6%8e%9b%e3%81%91%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%9f%e7%b7%8f%e7%90%86/


NHK、毎日新聞(どちらも消えてほしい日本国民の敵)
「投げ出しがー!!!飲食店の経営者が激怒してるー!!!」

日頃散々「辞めろ!」って言っておいて辞めたら
「無責任だ!」「投げ出しだ!許してはならない!」
突然の辞意みたいに報道しているのもおかしいのですよね。

「任期満了で辞める」という事実に対して
「突然の辞意」なんですから
「不意に任期満了退任しやがった!!!」
って、
批判しかできないにしても日本語として無茶苦茶じゃないですかね?

ちなみに立民、民民、共産が国会を開けとひたすら要求しているのは
武漢肺炎対策を進めたいのではなく、
いかに国政を停滞させるかという
2007年の参院選で勝ってねじれを作って
ひたすら国政を停滞させることで国民生活の被害を拡大させ
2009年の政権交代に成功したという彼等の中での最高の実績から
「いかに国政を停滞させて国民生活に被害を出させてそれで政府を叩くか」
が彼等の国会対策の全てとなっているからです。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:07 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
日本国民の責任 [2021年09月05日(Sun)]
日本国民の責任

功成り名遂げて身退くは天の道なり 『老子』

菅総理突然の退陣表明 天地驚愕様相報道に、さて、辞職なのか辞任なのか?
退任なのか・・・
いろんな情報錯そうの中でどうやら「退陣」がマスコミの統一報道になった感がある。

そして、改めて菅総理の無念さを推し量るとともに、その功績を冷静に眺めると僅か一年間で成し遂げた公約達成にここは敬意を以って受け止めたいと思う。


《 菅義偉総理を礼節と深い敬意をもって見送ることが、今いちばん、大切なことのひとつだと考えています 》

「 日本の尊厳と国益を護る会 」代表・青山繁晴 参院議員 の言葉です。

そして、青山氏は今後の政治課題として
武漢熱対策、財政出動・経済対策、外交、防衛、国家危機管理、資源エネルギーなどを挙げておりますが、やはり総裁選にどう向かうのか?
が重要な要素となることを掲げておられる様です。


ポイント

■ 祖国に、国家観と歴史観を確立している内閣総理大臣、いかなる危機をも具体的に超克できる総理が必要だということ、それこそが肝心です。

■ これまでも、これからも、そこへ真っ直ぐに進みます。
 邪念、無し。野心、無し。
 【脱私即的】 わたくしこごろを脱し、ほんらいの目的に即 ( つ ) く。

■ ぼくらの祖国は甦る。

青山氏の軸足はしっかりしています。

そのうえで、マスコミの本質なのかNHKの思惑なのか?
その報道に触れていますが…

・NHKの正午のニュースの冒頭で、ベテランと思われる記者、現職はデスクという人が
「岸田さんだけが出馬表明している。岸田さん以外にないのなら、無投票になる」という趣旨で解説されました。

 何を仰っているのでしょうか。

・ NHKは、いわゆる左巻き勢力の本音として、自由民主党のなかでは安倍政権の反対側に立脚する宏池会政権を切望していることが、思わず知らず、剥き出しになってしまったと客観的に考えます。

恐らく、今後のマスコミや野党は、
有力な候補者と「アベガー」を結び付ける印象操作一辺倒に走るものと想像します。

国家の重要課題よりも、派閥政治を批判しながら、
結局は対安倍という怨念に偏向した、より大きな「括り派閥」を創り上げて、それを「悪」として対立軸を操作するのではないか?

〇 我々国民は、冷静に日本の危機を見つめて打開するための「政治課題の解決」のために国民と共に歩こうとする国家リーダーを選びたいと思うばかりです。

そして、それが「日本国民の責任」だと思うのです。


最後にこちらもどうぞ。
確かな自民党にしよう。
http://heigokai.blog.fc2.com/blog-entry-4751.html

Posted by 余生を憲法改正に! at 06:46 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ