CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新コメント
殿 ご乱心 [2021年09月02日(Thu)]
必死に延命策を探る菅首相の焦りと苛立ち

二階レベルの幹事長選任???

殿ご乱心か!

新幹事長について
よりによって
野田聖子・小泉進次郎・石破茂だってかぁ〜・・・

個利個略
菅首相は今のところ、人事刷新による求心力の回復を狙う構えだ。しかし、党内には「国民のための政治を掲げた菅首相が自らの延命のための『個利個略』に走れば、その時点で国民から見放される」との見方が支配的だ。

菅首相が解散断念による任期満了選挙を決めても、その前の総裁選で対抗馬である岸田文雄前政調会長に勝てる保証はない。すでに党内には「菅首相のままの衆院選では自民大敗は避けられない」との危機感があふれており、菅首相が解散先行を狙っても、解散決定閣議で多数の閣僚が署名拒否で抵抗する可能性も高い。

追い詰められた菅首相は31日には議員宿舎で二階氏や森山裕国対委員長らと会談。党役員人事と内閣改造を行ったうえで、9月中旬に衆院解散に踏み切ることも検討していると伝えたとされる。

 総裁選前に解散すれば、衆院議員がいなくなることで総裁選は自動的に衆院選後に先送りとなる。総裁選での苦戦が予想される菅首相にとって「一か八かの勝負ができる」(自民幹部)というわけだ。

自民党抱き込み自殺か!


公平な見方であるよう常に心がけつつ申しあげます  「9月解散」という野望について|青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road (shiaoyama.com)

https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=3138

菅総理におかれては、みずからの解散権をみずから封じられることになりました。
 それが午前のぶら下がり会見です。

▼菅総理は、ゆうべひと晩で、政治的体力を大きく喪失されました。
| 次へ