CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年06月 | Main | 2021年08月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
本当の新エネルギー「改良型の安全な原子力発電以外無し」 [2021年07月17日(Sat)]
FBF横山先生記事から転用です。

喝️パンチ
2035年と言えばあと14年後であるこのように今ある内燃機関の否定を行えばそれに代わる電気自動車及び家庭、社会インフラに使われている燃料を全てCO2の排出しないエネルギーに変えなければいけない。

それでは今言われているような再生エネルギーなどの「お天道様任せの不安定なエネルギー」ではとてもじゃないが未来のエネルギー需要は賄えるわけがない。

1番考えられるのは今現在改良型の安全な原子力発電所またはここ半世紀以内には可能性が示唆されている核融合エネルギーの活用以外にはありえない。現実問題として一番手っ取り早いのはやはり現在人類が手にしている原子力発電所の改良形以外にはない。

これを手をこまねいてポリコレにうぬぼれ活用しなければ隣の中国やソ連ヨーロッパアメリカなどに日本は極端に遅れをとり東洋の後進国の1つとして世間から忘れ去られることである。後進国の1つとして残れば良いがおそらく他の国の属国に成り下がっているであろう。エネルギー安保はまさに明日の日本の安全保障にとっては喫緊の問題で不可欠な問題である

その通りです。人類が火を使う事を考え出してから、エネルギーは、人類が生きる為の一番基礎を構成するものと成りました。
地球上の人類の数が70億人を超す様な現在に於いては、エネルギーの確保と食料の確保は、正に真の安全保障そのものと成りました。嘗て、アメリカの西部開拓時代に、我が土地と水を確保する為に武器を用いた時代と同じ様に、各国も国防力を強化してエネルギーと食料確保の手段としているのです。近未来のエネルギーは、人口太陽と水素社会の実現でしょう。荒らされた此の地球は、中々元に戻りません。
其れを勘案した上でのエネルギー対策なのです。

現在中共は、14億人もの国民を満足される為に、大中華主義を標榜し、世界覇権主義を進めています。エネルギーと食料を求める事が度を過ぎると、この様な無法国家が出現するのです。我々人類は、中々平等には成れません。欲望が先に立つからに他為りません。故に日本国は、エネルギーと食料分野に於いては、決して他国に遅れをとっては為らないのです。

既に中共は、我が日本国のEEZ内に於いて、ガス田開発と漁場荒らしを日常茶飯事の如く行っています。エネルギー大国に成れる様に、決して中共等には遅れを取らない様な政府の政策が求められます。もう既に始まっているのです。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:15 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
一番大事な問題は天皇問題 [2021年07月17日(Sat)]
最大の国難を目前に控えて「お花畑」
一番大事な問題は天皇問題


■アインシュタインの言葉

近代日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。
この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。
果たせるかなこの国の、三千年の歴史がそれであった。
この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが、今日の日本をあらせしめたのである。
私はこのような尊い国が、世界に一カ所位なくてはならないと考えていた。
なぜならば世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。
その時人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。
この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた、最も古くまた尊い家柄ではなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
吾々は神に感謝する、吾々に日本という尊い国を、作って置いてくれたことを。

世界は日本に「助けてくれ」と言ってくる時代が来るのです。神様は日本国をそのように創られたのです。それは天皇以外、他にいないのです。人類の歴史を完結していくために、天皇は大事なのです。
菅総理は気づくべきだ。二階は総理の敵なのだ! [2021年07月17日(Sat)]
獅子身中の毒蛇
菅総理は気づくべきだ。二階は総理の敵なのだ!

東京五輪組織委の武藤氏の発言が話題となっている。

 武藤氏はテレビ番組に出演した際、東京大会の無観客開催は小池都知事の判断だったことを明言した。宮城県の村井知事が有観客での開催方針を出したことでも分かる通り、観客の有無は競技会場を持つ首長の権限なのだ。

 だがマスコミは、無観客は菅総理の判断だったことにし、その是非を論じている。緑のたぬきは、ここでも天才的な政局勘を働かせて、逃げおおせているのだ。

菅総理に提言するまでもないし、ご本人はとうにご存じだろうが、あえて言わせていただく。そろそろ気づくべきだ。二階は総理の敵なのだ。衆院選と総裁選に向け、党内政局は活発化する。ゆめゆめ二階など頼らぬことだ。

※ 小池百合子知事と尾身茂会長のタッグに五輪無観客で完敗した菅首相の末路(AERA)

「もしも小池さんが都議選前に無観客を全面に出して動いたらたちまち政局になっていた。選挙後を待って一気に動いたのは戦略的でした。小池さんは投開票の翌日(5日)、自民党の二階俊博幹事長、公明党の山口那津男代表とそれぞれ面会し、5者協議を控え、無観客の大きな流れを作った。さらに7日には小池さんと尾身会長は電撃面会し、官邸の度肝を抜いた。話し合いは2時間近くにも及んだそうです。コロナ対策への意識共有と、緊急事態宣言下での五輪開催のあり方に関する認識の調整がなされた。いちばん重要な局面で、2人が面会しタッグを組んで菅首相、組織委、IOCを追い詰めた」(自民党幹部)(以上抜粋)

 小池は官邸、組織委、IOCなど全方位を敵に回したということだ。だが最も手強いはずの政権与党に1人だけ味方がいた。二階である。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:45 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ