CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年05月 | Main
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新コメント
ブログ開設の主たる目的 [2021年06月09日(Wed)]
ブログ開設の主たる目的は、
断ち切られた記憶に橋を架けて日本民族の連続性を取り戻すためである


大東亜戦争で日本民族はなぜあれほどまでに「國體護持」にこだわったのか。
それは「神話」から日本を知っていたからである。

戦後、GHQの「神道指令」で神道に関わるものすべてを禁止された。

そのため、学校では「神話」も教えることがなくなり、逆に「神話」を嘘話だと否定した。
これにより日本民族が何であるかを消し去ろうとした。

戦後教育を受けた日本民族はまるで「もぬけの殻」のようになった。
神話には天照大御神が地上に天孫降臨するニニギノミコトに「天壌無窮の神勅」を与えたことが書かれている。

それは「天皇がいる限り日本は滅ばない」ということである。

この言葉通り、大戦争に敗れても日本には天皇陛下がおられ、戦後も滅ぶことなく存在している。

問題は、國體は護持されたが、日本民族の戦前と戦後の記憶が断ち切られたまま今に至っているのだ。

この断ち切られた記憶に橋を架けて、日本民族の連続性を取り戻すことが、このブログを開設した主たる目的であった。

吉田松陰はじめ幕末の志士や大東亜戦争を戦った英霊達は楠正成を深く崇敬していた。

乃木大将もそうであった。

楠正成が息子・正行(まさつら)と別れた「桜井の駅」(大阪府三島郡島本町桜井)には、乃木大将が書かれた「楠公父子訣別之所」の碑が建っている。

天皇に弓引く国賊・足利尊氏の軍20万に対して、楠正成軍700騎で湊川の戦いに臨む。
たとえ一人であっても天皇への忠義のため湊川に行くこの精神に、多くの日本人が感動した。

日清、日露、大東亜戦争という大軍の敵に立ち向かう小国・日本の精神力の源泉はここにあった。

日露戦争の勝利で凱旋した乃木大将は、明治天皇に「天皇陛下万歳を喚呼して、多くの忠勇なる将兵を旅順で失い・・」と、自分の責任をお詫びし、むせび泣いた。

乃木大将は、明治天皇の後を追って自決するまで、日露戦争で戦死した将兵の魂を慰め続け、また遺族や傷病兵にもできる限りの援助を捧げた。

当時、米英はじめ世界の戦力をもってしても落とすことが出来ないと言われた難攻不落の「旅順」を落とした世界の英雄・乃木大将。

この乃木大将が長野師範学校で講演を求められた時のことである。

乃木大将は演壇には登らず、その場に立ったまま「私は諸君の兄弟を多く殺した乃木であります」とひとこと言って絶句し、その場で涙を流された。
これを見ていた生徒や教師達も、みな涙を流した。

日露戦争後、乃木大将が責任をとって自決するのではないかと心配された明治天皇は、孫の後の昭和天皇の教育のために乃木大将を学習院長にされた。

その乃木大将が学習院長として最後のお別れの講義を小学生にされた時、乃木大将は「日本はどこにある?」と生徒に質問された。

3、4人が「東洋の東側」「緯度何度」といった地理的な返事をした。

乃木大将は「それぞれに間違いはない」と言い、
そして自分の胸を叩いて

「本当はここにあるんだよ」

とおっしゃって、静かに壇上を降りて、学習院を去って行かれた。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:13 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
東京オリンピック開催阻止を企む反社会的勢力! [2021年06月09日(Wed)]
東京オリンピック開催阻止を企む反社会的勢力!

現在、テレビや新聞などのマスゴミは、東京五輪の開催に反対する論調の報道を展開している。

特に、坂上忍がMCをしているフジテレビの「バイキングMORE」や「夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める」と題した社説を掲載した朝日新聞は、強く東京五輪の開催の中止を訴えている!

最も東京五輪の中継をするであろうNHKのニュース番組でさえも、明らかに開催に否定的な論調が目立っている。

東京五輪の開催について反対すべきと主張しているテレビや新聞などのマスゴミは、7月23日から東京五輪が開催された場合に手のひら返しで東京五輪を応援する放送・報道をするのか?!

東京五輪の開催に強く反対を訴えているにもかかわらず、東京五輪が始まったら手のひら返しで応援する番組を放送したり報道をしたりするのはおかしい!

テレビや新聞などのマスメディアは、東京五輪が開幕した後も閉会式まで「1日も早くやめろ」と責任を持って訴え続けるべきだ!

読売新聞社が6月4〜6日に実施した全国世論調査で、東京五輪・パラリンピックについて聞くと、「開催する」が50%、「中止する」は48%となった。

「中止」を求める声は、前回(5月7〜9日調査)の59%から11ポイント減った。

坂上忍や朝日新聞などの放送出演者や大新聞社は、手のひら返しをせず、閉会式の日までに責任を持って「1日も早くやめろ」と訴え続けろ!

マスゴミだけではなく、東京五輪の中止工作を大々的に展開した
日本共産党、五輪開催中止の圧力を強めている
枝野幸男や
陳哲郎(福山哲郎)などの立憲民主党、
プロ野球の試合を続行しているソフトバンクGの会長兼社長である孫正義、
プロ野球とサッカーJリーグの試合を続行している楽天G会長兼社長の三木谷浩史
らも、最後まで自分の主張に責任を持て!


−正しい歴史認識さん−
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:05 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
本多議員に蓮舫、枝野両氏もダンマリ…「身内に甘すぎ」と批判続々 [2021年06月09日(Wed)]
■ 枝野、蓮舫氏らはダンマリ……
これが「りっけんとー」の本質ですがね!
今更の話で〜す・・・

本多議員に蓮舫、枝野両氏もダンマリ…「身内に甘すぎ」と批判続々
6/8(火) 20:40配信

「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」

こう発言したのは、立憲民主党の本多平直衆議院議員(56)。5月10日に同党法務部会のワーキングチームが、刑法の性犯罪規定を見直す議論を行なった際に述べた言葉だ。

そんななか本多氏の処分についても、波紋が広がっている。

各紙によると、ワーキングチームの座長・寺田学衆議院議員(44)は7日、記者団に向けて「発言したとみられる議員本人から『そのようなことを言ったという正確な記憶はない。ただ、もし発言していたとしたら、伝えたかった真意ではなく、撤回したい』と説明があった」とコメント。撤回の申し出を理由に、冒頭の本多氏の問題発言は記録から削除したという。

また同党の福山哲郎幹事長(59)は7日午後、記者団に向けて「議論の中での話であり、本人が『その言葉については言い過ぎで撤回する』と言っているので、それで良いのではないか」と“擁護”し、氏名を公表しない意向を示していた。

問題発言をした張本人が本多氏だということが公になると、福山氏は本多氏に「口頭で厳重注意した」と発表するにとどまるのみだった。

「本多氏が自ら名乗り出るまで、寺田氏も『誰が話をしたかは福山幹事長含め、判断をいただくことだと思う』と記者からの質問をはぐらかしていました。

また同党代表の枝野幸男氏(57)や蓮舫氏(53)、辻元清美氏(61)もこの件について触れていません。

なかでも蓮舫氏といえば、菅義偉首相(72)や与党議員の発言についてTwitterで舌鋒鋭く批判することで知られています。例えば19年5月に自民党の桜田義孝議員(71)が『子どもを最低3人くらい産むように』と発言した際も、《論外》や《だめだ。朝から嫌な気持ちがおさまらない》などと連投ツイートするほどでした。今回の“ダンマリ”は、身内贔屓のようにも受け取られかねません」(全国紙記者)

問題発言をした議員名を非公表にしようとし、口頭での厳重注意だけで済ませるなど、幹部の“大甘処分”に疑問の声が上がっている。

《立憲民主党は身内に甘すぎないか?》
《身内の議員の失言だと厳重注意で済む程度の甘さなんですか、政府与党が失言する時は平気で議員やめろコールなのに》
《他党に厳しい蓮舫さん、今回のは自党でも厳しく追及された方がいいかと。発言取り消すで終わる問題ではないですのね? あなたがいつも言っていたセリフを思い出してください》
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:43 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ