CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年05月 | Main
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新コメント
竹島と東京オリンピックボイコット 難癖! [2021年06月07日(Mon)]
竹島と東京オリンピックボイコット 難癖!

※ 竹島は韓国によって不法占拠され続け、
解決の糸口が見えない日韓間の深刻な領土問題として今なお横たわっている。

◆ 51年4月25日から5月4日まで、対日講和条約に関する米英間の協議がワシントンで行われた。

・1952年に発効したサンフランシスコ平和条約に

「日本国は、朝鮮の独立を承認して、
済州(さいしゅう)島、巨文(きょぶん)島及び欝陵(うつりょう)島を含む朝鮮に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する」という条文がある。

これによって、日本が朝鮮を放棄するに当たり、
朝鮮に付随する島は済州島、巨文島、鬱陵島の3島と明確に規定された。

「竹島は、放棄する島に含まれなかったのだ」


【英国の主張(草案)】

「日本に近接する水域にある多くの島嶼は明らかに日本の主権下に残さねばならない」「日本に近接するどの島嶼も主権についての紛争が残ることにならないよう、非常に慎重な原案づくりが不可欠である」という内容だった。


◆「『竹島は日本に帰属する』ということを、明確にしたのは皮肉にも韓国自身の行動だった」

48年に成立した韓国政府は51年7月、共同草案の修正を要望。
日本が放棄する島に独島などを加えるよう求めた。

しかし、米国政府は
「私たちの情報によれば、
竹島は朝鮮の一部として取り扱われたことは決してない」とし、
竹島は日本に属すると回答して修正要求を拒否した。


● サンフランシスコ平和条約は51年9月に調印、翌52年4月に発効した。
ところが、韓国はその直前の1月に「海洋主権宣言」を行い、日本海など朝鮮半島周辺海域に主権を及ぼすとする
「李承晩ライン」を一方的に設定した。
そして李ライン内に竹島を含め、54年には竹島に海洋警察隊を常駐させて近づく日本の船舶を排除した。

Posted by 余生を憲法改正に! at 06:30 | 国際情勢 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ