CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年05月 | Main
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新コメント
大坂なおみ騒動に思う [2021年06月01日(Tue)]
大坂なおみ選手は増長気味か!
もしくは教養不足か!
或いは政治家志望か??

・・・と思えてくる。

スポーツはその場を提供する人、その結果を報道する人、そして一喜一憂する人がいて成り立つのではないかね〜
さらに、力と人格が伴う選手の努力、応援者の感動や絆から生まれる「人間力を高める情緒」に支援金を提供する人々。

決して、選手の勝利至上主義、個の訴えに感銘・感動を覚えるものではないのだが、それだけでは社会からは受け付けられない。

スポーツも人生の一部分であって「目的」ではない。人生を磨き全うするための一つの手段に過ぎないのではないか。

他者を思いやる心が育たなくて何が勝利か?
ただ勝ち誇るだけの人物を誰が応援するのか、むしろ見たくない光景である。

言い分があるなら組織の中で提案するとか話し合えば良いのであって、一方的にツイートするのでは選手失格であると思うがね・・・・

しかし・・・
マスコ→は大坂なおみ騒動をスルー!
訳は! 「反日・反政府に利用出来ない」

警官に殺された黒人の名前をつけた黒いマスクを試合ごとに変えて人種差別に抗議するパフォーマンスを絶賛していたマスコミは、記者会見を拒否するという事件にコメンテーター達は一斉にノーコメント。
これがマスコミの正体ですね。
 日本の名誉をかけて奮闘! [2021年06月01日(Tue)]
有村氏 日本の名誉をかけて奮闘!

茂木敏充外相は31日の参院決算委員会で、
慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意前後の韓国政府の姿勢を念頭に、

「率直に申し上げて、韓国によってせっかくの(問題解決の)ゴールポストが常に動かされる状況がある」と指摘した。

( 自民党の有村治子氏に対する答弁。
有村氏は韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の最近の主張を引いて)

〇「韓国政府は『世界で類を見ない戦時の女性の人権蹂躙(じゅうりん)』などという新たなレッテルをはることで、
日本を不当におとしめて孤立させ、事実に基づかない歴史認識を国際社会に喧伝している」と訴えた。)

( また、有村氏は4月27日に政府が閣議決定した答弁書が、慰安婦が強制連行されたとの見方が広がった原因に関し、「吉田清治氏(故人)が、昭和58年に『日本軍の命令で、韓国の済州島において大勢の女性狩りをした』旨の虚偽の事実を発表し、虚偽の事実が大手新聞社により事実であるかのように大きく報道されたことにある」としたことについても質問した。

〇 有村氏は「真実にもとる情報によって国内世論が作られ、韓国世論に飛び火し、さらには国際世論で反日感情を広げ、在外邦人がさげすまれ、その子女がいじめられ、どれだけか日本の信用と国益が減じられたことか計り知れない。今さら『大手新聞社』などと匿名にする必要など全くない」と訴えた。

Posted by 余生を憲法改正に! at 06:26 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ