CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
皇室の伝統ー日本民族の成立ちの物語(櫻井よしこ氏) - YouTube [2021年05月28日(Fri)]
皇統の危機の時に櫻井先生の提言は大変勇気と自信を私たちに与えて頂きました。感動的なお話です。

(611) 皇室の伝統ー日本民族の成立ちの物語(櫻井よしこ氏) - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=Ybe24pSFeL0
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:32 | 祖国の文化 | この記事のURL | コメント(0)
LGBT法制化を求める馬鹿議員横行! [2021年05月28日(Fri)]
LGBT法制化を求める馬鹿議員横行!

社会通念無視!
モラル破壊!
社会混乱愉快犯!

典型的な「社会秩序破壊工作」


自民・山谷氏
「ばかげたこと起きている」 性自認めぐり
 自民党の山谷えり子元拉致問題担当相は19日、党内の会議で、自分の性別をどのように認識しているかを意味する「性自認」をめぐり、「体は男だけど自分は女だから女子トイレに入れろとか、アメリカなんかでは女子陸上競技に参加してしまってダーッとメダルを取るとか、ばかげたことはいろいろ起きている」と発言した。

 性自認をめぐっては、戸籍上は男性だが女性として生きる性同一性障害の経済産業省職員が、女性トイレの使用を制限される差別を受けたなどとして国を訴えた。2019年12月の東京地裁では、経産省の対応は違法として国に132万円の賠償を命じた。判決は「トランスジェンダーが働きやすい職場環境を整える重要性が日本でも強く意識されるようになっている」と指摘した。その後、敗訴した国と勝訴した職員の双方が東京高裁に控訴している。

 LGBTなど性的少数者に関し、超党派の議員連盟が、「理解増進」法案の今国会での成立を目指しており、20日に自民党内で法案審査を予定している。

 これに対し、山谷氏は、法案の目的と基本理念で「性自認を理由とする差別は許されない」とされている点を問題視。「このまま自民党として認めるにはやっぱり大きな議論が必要。しっかりと議論することが保守政党としての責任だ」と語った。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:04 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ