CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
入管法改正案、廃案 [2021年05月19日(Wed)]
入管法改正案、廃案
これが「今の自民党体たらく現象」

原因は
(親中派) 二階俊博幹事長・公明党の石井啓一幹事長

以下、 −サクラの花びらさん−

不法滞在者を強制送還するのは世界の常識である。
もちろん送還忌避者も強制送還である。
しかも日本はいつまでも日本に置いて日本人の税金で三食昼寝付きで面倒まで見ている。
違法な外国人にとって日本ほど居心地のいい国はない。

法治国家であるはずの日本が違法な外国人を野放しにしているが、彼らが日本に残って悪質な犯罪を犯し続ける不届き者が多い。

本来はそういう外国人は処刑したり、強制送還しないと、罪のない日本人が犠牲になる。

国の務めとは何か?

国民の生命財産を守ることにある。
そのために国民は税金を納めているのだ。

しかし日本という国は拉致被害者も救出しないし、不法な外国人を国内に留めて日本人の税金で食わせて、その日本人が被害に遭っているのだ。

おかしくないか?

不法な外国人は難民申請を出し続ければ日本に残り続けることが出来る。
これは即刻やめて不法滞在者は即刻、強制送還させるべきである。
スリランカ女性も不法滞在者で、強制送還していれば死ななかったかもしれない。
今回の入管法改正はそこにある。

これに反対するのは反日左翼どもである。

※ 立憲民主党の国会活動ってこんなところですよね。
−パチンコ屋の倒産を応援するブログ−

・難癖を付ける
・官僚をいじめる
・一日審議をサボる
・審議途中で退席してサボる
・審議を開かせない事でもって審議拒否ではないという言い訳を作ってサボる
・悪口を言う
・政府の邪魔をする
・興味の無い法案は法案の中身の審議をろくにせず採決だけ行って通す

情けない与党
法案を出して野党の抵抗に遭い、与党公明党も二階幹事長もやめろといって、結局、菅政権は引っ込めてしまった。

戦わないとは情けない。
戦わなければ日本は何も変わらない、どころかどんどん悪くなる。

反日勢力を斬る
スリランカ女性を殺したのは名古屋入管だ (fc2.com)

http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-6183.html

日本に巣食う反日勢力のために、日本は崩壊の一途を辿っている。
日本人の善意に付け込んだ不法入国者・不法滞在者がのさばり、日本という国を滅ぼす。
似非人権主義者、左翼の売国運動を許してはならない。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:40 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ