CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
塩野義のコロナワクチン、条件付き承認で年内実用化も [2021年05月11日(Tue)]
塩野義のコロナワクチン、条件付き承認で年内実用化も

塩野義製薬の手代木功社長は10日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、最終段階の大規模な治験(臨床試験)と並行する形の条件付きの使用承認が得られれば、年内に実用化できる見通しであることを明らかにした。同日の報道向け決算説明会で説明した。

 塩野義は遺伝子組み換えのタンパクワクチンを開発中で、現在は第1、2段階にあたる第1/2相試験を進めている。手代木社長は条件付き承認に向けて国と協議中とし、「十分な有効性と安全性を担保できれば、条件付きの承認を考えてほしいと話をさせてもらう」と述べた。実用化後の全数調査などを条件として提案する方針という。

 手代木社長はまた、コロナの変異株に対応したワクチン開発を進めていることも明かした。すでに年間1千万人分の生産体制を構築しており、年内には3千万人分以上への供給力引き上げを目標としている。

 一方、コロナの治療薬については「できるだけ早く(自宅でも服用できる)経口剤を作りたい」と述べ、今年度前半に治験を開始する方針を説明。今年度内の実用化に向けて開発を進めているとした。


冷静に時を待とう・・・日本の技術と(人間尊重)文化に期待する・・・
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:40 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
共産党が東京五輪の中止工作! [2021年05月11日(Tue)]
共産党が東京五輪の中止工作!
病院の窓にメッセージ
宇都宮健児が署名活動

・池江璃花子に匿名圧力

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8263.html

共産党は、7月下旬から開催される東京オリンピック(五輪)の開催中止の工作をする前に、現在行わえているプロ野球や大相撲やサッカーJリーグやラグビートップリーグやバスケBリーグや競馬や競輪やゴルフトーナメントなどの中止を求めるべきだろう。

共産党が現在行われているスポーツイベントを放置したまま、東京オリンピック(五輪)の開催だけを中止にする工作を展開する理由は、武漢ウイルスの感染拡大への懸念ではなく、日本を滅茶苦茶にして政権批判に利用したいからだ!

日本も世界各国を見習い、「共産党」を非合法化し、共産党の活動を禁止にして共産主義者どもを厳しく取り締まるべきだ!
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:18 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
 憲法改正に怯む国会議員! [2021年05月11日(Tue)]
−日本を守った昭和天皇−

◆ 憲法改正に怯む国会議員!

〇 敗戦後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)のダグラス・マッカーサー元帥に対し、
「私の命はどうなってもいい。国民を助けてほしい」
と仰せになって日本を守った昭和天皇。


中国に呑み込まれたら…国会議員の皆さんはどうお詫びする? 昭和天皇の「ご遺志」を聞き「日本被侵略の危機」憲法改正を断固進めよ

初代宮内庁長官として昭和天皇に仕えた田島道治氏が、拝謁の際の陛下とのやり取りを記した「拝謁記」

「所謂反米思想が一般ニある程度あるは已むを得ぬも それニ乗じて共産のものが共産主義の為に美名を平和とか戦争反対とかいつて色々やるのは困つたものだ、これハ丁度戦前ニ軍閥者が 忠君愛国といふやうな当時ニあつては一寸 文句のいへぬ事を看板ニして戦争へと かりたてたのと同じであつて誠に困つた事だ」(『拝謁記』昭和26=1951=年12月9日条)

 昭和天皇は、共産主義の本質を見抜いておられ、同時に日本の共産化を危惧しておられたのだ。

 「警察も医者も病院もない世の中が理想的だが、病気がある以上は医者ハ必要だし、乱暴者がある以上警察も必要だ。侵略者のない世の中ニなれば武備ハいらぬが 侵略者が人間社会ニある以上 軍隊ハ不得已必要だといふ事ハ残念ながら道理がある」(同27=52=年3月11日条)

 昭和天皇は再軍備の必要性を当時の吉田茂首相に伝えたがかなわなかったといわれている。さらに、国会についてのお言葉もある。

 「私は実ニ心配しているのだが 戦争前の状況といふか、大正末期から昭和の始めへかけての社会の有様と最近ハ非常に似てると思ふ。国会は矢張り其頃と実際少しも変りなく、国家社会より党の事を考へたやうな様子でその言論や実勢力を行ひ、政府側の答弁も責任逃れのやうな事ばかりで慨ハしい有様ハ 先つきいつた頃と少しも違いない」(同27=52=年4月18日条)

 敗戦後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)のダグラス・マッカーサー元帥に対し、「私の命はどうなってもいい。国民を助けてほしい」と仰せになって日本を守った昭和天皇−。

 国会議員の皆さん、たかが憲法改正ぐらいできずに、もし日本が中国に呑み込まれる事態となったら、あなた方は偉大な昭和の大帝にどうやっておわびするのですか。

中国に呑み込まれたら…国会議員の皆さんはどうお詫びする? 昭和天皇の「ご遺志」を聞き「日本被侵略の危機」憲法改正を断固進めよ(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/e204546e4240ca5121375ea7ae92e0522dc9a92f

Posted by 余生を憲法改正に! at 06:13 | 祖国の文化 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ