CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
池江璃花子選手に「苦しいです」と言わせた、おぞましい匿名の圧力 =ネットの反応「共産党怖っ…」 [2021年05月10日(Mon)]
苦難と闘い「乗り越え」、さらに人々に勇気と感動を与える…
人間の情緒、人間的成長はこの様な一人一人の艱難・努力から育まれるものと思うのですが、
そこに攻撃を加える非人道的「似非人権屋」に怒りを覚えます。
日本をそんな国にしようとする東京オリンピック開催阻止勢力は!
つまり「反社会的勢力」→人類の敵と言っても過言ではありませんね。
東京オリンピック開催!
世界の人々に勇気と感動を!
祈ります・・・


【記者の目】池江璃花子選手に「苦しいです」と言わせた、おぞましい匿名の圧力 =ネットの反応「共産党怖っ…」「朝日新聞系の日刊スポーツでこの記事は褒めてやる」 – ニュース (hanaku.info)

http://hanaku.info/archives/13942?fbclid=IwAR2KH7m0qr6_mcSsFk2-1MoMZa64Z_zLIL9eFw8fqAON1IcERqI1Z6v3HCM

Posted by 余生を憲法改正に! at 07:37 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
立憲民主党、存在が国難! [2021年05月10日(Mon)]
立憲民主党、存在が国難!

枝野幸男代表は9日、今国会で審議中の出入国管理法改正案に関し、衆院法務委員会での採決に応じない意向を表明した。動画配信イベントで「中身に大変な問題がある。与党は12日に採決したいという空気が伝わっているが、応じるつもりはない」と述べた。

改正案は不法に在留する外国人の長期収容の防止を目的としている。難民認定の申請中に母国に送還しないという規定に例外を設け、申請の乱用を防ぐため3回目以降は送還できるようにする。

立民は送還が人権侵害にあたるなどとして、改正案に反対する方針だ。出入国在留管理局に収容中の外国人女性が死亡した事案を巡り、枝野氏は「大変な事態。法務省に事実関係の国会報告を求めているが、ほぼゼロ回答だ」と指摘した。

立民・枝野氏 入管法改正案、採決に応じず: 日本経済新聞 (nikkei.com)

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA092KA0Z00C21A5000000/

| 次へ