CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年03月 | Main | 2021年05月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新コメント
約束を守らない国と日本! [2021年04月28日(Wed)]
約束を守らない国と日本!


韓国は世界中に悪名を轟かしつつある。イランでさえ、韓国に騙され、貴重な外貨を凍結されている。人質まで取って、韓国を脅したがあまり効果はなかったようだ。韓国は、したたかさでも世界一流である。


 我が国は、韓国とは長い付き合いだから、彼らが恥知らずであることを十分理解している。詐欺であることも。それでも相変わらず騙されているところを見ると、日本人てのは、心底お人好しなのだな。彼らから見れば、日本人は格好の鴨に違いない。

〇 日本人は信用を第一に考えるのだ。それが長い目で見たときに大きな利益として還ってくることを知っているからだ。だがそれは世界標準ではない。日本と一部の国々の間にだけ通用する価値観だ。

〇 この価値観こそ、我が国の宝であり、世界最強の武器だ。何故なら、このような歴史と文化的背景を持っている国は、ほんのわずかであり、かつ、力を持つ国々であり、世界から仰ぎ見られている国々に他ならないからだ。

 真の先進国とは、こういう国々を言うのだ
。韓国は、このままでは、永遠に先進国にはなれないだろう。もっとも、こう言っても韓国人には理解できないだろうが。


https://shurakudokugo.com/blog-entry-471.html


 
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:26 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
政府「従軍慰安婦」「強制連行」表現は不適当と閣議決定。 [2021年04月28日(Wed)]
政府「従軍慰安婦」「強制連行」表現は不適当と閣議決定。
拡散要

文科省を縛る効果。質問主意書【重要】教科書に影響必至、(二種)原文【広めるためにシェア】

2021年4月27日

【重要】教科書に影響必至、政府「従軍慰安婦」「強制連行」表現は不適当と閣議決定。文科省を縛る効果。質問主意書(二種)原文【広めるためにシェア】 | 小坪しんやのHP〜行橋市議会議員 (samurai20.jp)

https://samurai20.jp/2021/04/asahi-26/



「従軍慰安婦」等の表現に関する質問主意書”に対し、政府が閣議決定を行った。
今後においては『教科書において、”いわゆる従軍慰安婦”と表記しての謎の表現』は相当に抑止されていく。閣議決定とはそのような効果をもつもの。ただし、しっかりと拡散されていくことによって!

政治行政の基礎的な知識ですが、一応、プロの政治家として解説させて頂きます。
なぜ教科書への影響が必至であるかを説明します。行政のトップが内閣でありますが、ここの方針決定は、文科省を縛る効果が期待できるからです。よって、野放図な教科書の在り方にも抑止が期待できるというロジックです。

すでに報道され、ネット上では大きなトピックとなっているが、「質問主意書の原文」についても拡散しておきたい。報道はあくまで二次資料であり、この原文データは、URLも含めて保存しておいたほうがいいと思う。保存すべきはこちらだ。

ちなみに
@慰安婦の表現に関する質問主意書と、
A強制連行に関するものの二種がある。

ひとまとまりで報道されているが、主意書が二通あることはネット上では認識されていないように思う。

答弁書そのものは、まだ公式にはアップされていないが、アップされる先のURLを紹介しています。特に重要なのは閣議決定の答弁書であり、アップ後においてはしっかりと保存したい。誰かが何か叩かれた際や、出版社が暴れた際には使える武器であり、”政府として閣議決定したのはこの内容であり、我が国の方針はこれだ”と一撃で論破できる。

(あくまで武器となるのは、質問主意書や答弁書であることは念押ししておきます。原文のURLも含めて重要。)

質問主意書においては、慰安婦について「強制連行を直接示す資料は見つかっていない」と指摘したうえで、「いわゆる」を冠する表現についても「誤った理解を正すことにはならない」と主張し、政府にこうした表現を使わないよう要求している。

具体的には山川出版でありますが、かなり”謎の表現”が教科書で使われ続けておりました。やっと消えつつあった表現でしたが、息を吹き返してきておりました。



質問主意書は、維新から提出された。
閣議決定したのは、菅内閣である。

様々な考えの方、政党支持を含めて色んな方がおられるかと思うが、
本件については、保守として喜んでいいと思う。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:11 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ