CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年03月 | Main | 2021年05月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新コメント
日本の技術を潰す「利権・癒着」社会 [2021年04月15日(Thu)]
日本の技術を潰す「利権・癒着」社会から抜け出したいですが?

コロナ防疫上でもいろんなヒントが殆ど隠されてしまいます。
マスコミも決して報道しません!

なぜなのか?

日本の「闇」

以下、元記事含みシェアーさせていただきました。

これらはすべて本当です。
でも、どれもこれも利権勢力によって潰されてきました。
それが悲しい現実なのですね。


改めて再度、投稿します。
日本には様々な天才日本人がいます。
素晴らしい発明、素晴らしい開発、素晴らしい技術を有している日本人がいます。
こうした天才日本人の発明や開発、技術や発見及びアイデアを世の中に放てば、たちまち私達は真に豊かになり放射能もあっという間に無害化され不安や恐れのない日本、ひいては世の中が実現できます。

しかしそれを行えば、不安や恐怖を存在させることにより存在したディープステイトの利権が失われるために今まで阻止されてきました。

放射能を分解する微生物が存在します。
耐放射線細菌と言われる微生物で、これを複合的に発酵させれば放射能で汚染された土壌は限りなく無害化される事が立証されています。


汚染水も当然ながら無害化できる技術はあります。
しかしそれを普及させれば、例えば福島県内の土壌の表面を削り取る「除染ビジネス」が利権を失うために必死で妨害します。

福島原発の汚染水を大阪湾から瀬戸内海へ放流する事を要請しようとしている日本政府や
それに応じようとしている大阪府知事は狂気の沙汰です。

例えばゴミを食べて石油を作り出す微生物がいます。
それは「オーランチオキトリウム」という微生物で、例えば仙台市のゴミ焼却場が10年前にこの微生物の実験をしていました。
恐らく圧力があるでしょう。
この微生物を世に普及させれば毎日のように廃棄される膨大なゴミから大量の石油を作る事ができますから日本はたちまち都市油田の宝庫になります。
しかし石油利権を握っているディープステイトが絶対に認めないでしょう。

また発泡スチロールやプラスチックのゴミを袋に入れてある素材を混ぜて振ると、たちまちそれらが分子分解されて石油になる発明をした日本人がいました。
もう20年以上も前にその技術が公表されていましたが、いつしか言われなくなりました。
その開発した日本人も全く出て来なくなりましたから安否が気になります。

更には30年以上前にはガソリンではなく水で走行する自動車もアメリカ人学者により発明されています。
2リットルくらいのペットボトルに水を入れてカチッと車体にはめ込むだけで400キロ以上も走行しました。
改良を加えれば水道水を入れてペットボトルをカチッと車体にはめ込むだけで自由自在に走行できる自動車が瞬く間に普及するでしょう。
しかしそれが普及すれば石油利権を握っているディープステイトが利権を失いますから必死で妨害します。

30年以上前に水で走行する自動車を発明したアメリカ人学者は祝賀会をしましょうと企画され、その祝賀会の席上で飲料に毒を混ぜらて昏倒しそのまま死亡しました。
本当は世の中には素晴らしい技術や発明がありますが、ことごとくディープステイトに
妨害されたり開発者が抹殺されてきたために世の中が止まったままになっています。


農薬リンゴを成功させた青森県の木村秋則さんも講演会を終えて会場を出た瞬間に屈強な人間数名に囲まれて拉致されそうになり、
「余計なことを講演するな。」と脅迫されています。


無農薬で健康な美味しいリンゴを作るだけでこのような妨害にあう世の中とは一体いかなる腐った世の中でしょうか。

先ずは日本に存在する放射能を無害化する技術や手法を世に放ち、もう放射能で人々が萎縮して恐れることのない世の中を実現しなければなりません。

汚染水を瀬戸内海に放流するなど言語道断です。
無害化できる技術があるのですから。
「第23回 公開憲法フォーラム」のご案内 [2021年04月15日(Thu)]
「第23回 公開憲法フォーラム」のご案内

美しい日本の憲法をつくる国民の会

5月3日(憲法記念日)に毎年開催してきた「憲法フォーラム」、
今年は、【会場での開催】と【オンライン中継】を同時に行います。

【会場参加ご希望の方】は、必ず事前の申込みが必要です
会場参加の申込み受付は(4/24まで)

【日 時】令和3年5月3日(月)14:00〜16:00
【会 場】東京・砂防会館別館1F大ホール
【テーマ】この憲法で国家の危機を乗り越えられるのか!
―感染症・大地震・尖閣―


【登壇者】〔順不同〕

櫻井よしこ氏(ジャーナリスト、主催者代表)
下村 博文氏(自民党政調会長)
足立 康史氏(日本維新の会幹事長代理)
山尾志桜里氏(国民民主党憲法調査会会長)
河野 克俊氏(前統合幕僚長)
中山 義隆氏(沖縄県石垣市長)
松本  尚氏(日本医科大学教授)
井上  隆氏(日本経団連常務理事)
田久保忠衛氏(杏林大学名誉教授)
西   修氏(駒澤大学名誉教授)
百地  章氏(国士舘大学特任教授)

憲法.jpg

【オンライン中継】は下記からご覧になれます
(申込み不要・無料)
https://youtu.be/qtdCH23Unx4

※5/3以降も録画映像を視聴できます(予定)
※中継は、パソコンやスマートフォンでご家庭にて視聴することが出来ます。

【会場参加ご希望の方】※事前の申込みが必要です
・会場参加費 1,000円(大学生以下500円)
・入場申込み方法(締め切り4月24日)
下記アドレスの「申込みフォーム」よりお申込み下さい。

https://kenpou1000.org/form/

感染対策を徹底します!


◆全国の多くの皆様に視聴戴けるようSNSなどでの拡散にご協力をお願い致します。

Twitter→ https://twitter.com/kenpou1000

Facebook→ https://www.facebook.com/kenpou1000/posts/2848788892001030

Posted by 余生を憲法改正に! at 07:23 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ