CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
極左に操られている民主党がめざすのは左翼全体主義国家である [2021年01月11日(Mon)]
ペロシ!
ラップトップコンピューターが盗まれたことを知り、発狂!

ペロシのパソコンの中には、国家反逆罪などを犯している証拠が山のようにあるものと考えられる。


西村幸祐
@kohyu1952

1月9日
ナンシー・ペロシの異常な言動が続く。トランプを新大統領就任式前に辞めさせろと何回も主張し、ペンスにまでけしかける。今度は核のボタンを取り上げようと口走っている。バイデンが当選したのなら、あと11日でトランプは去る。彼女は何を怖がって焦りまくっているのか?


昨日あたりからから大騒ぎになっている「ペロシ逮捕」
はどうも本当らしいようです。

そして、特殊部隊が1/6に彼女のパソコンを押収した話も。

さらに、撃たれた女性は死んではいないそうです。

これについては我那覇真子さんが疑わしい動画を上げています。

無敵の太陽 : 暴露されたイタリアでの秘密操作 ! / トランプの「敗北」を信じていない民衆党議員 (doorblog.jp)

http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68841049.html?fbclid=IwAR3eVzSFVr7juQOG92PNXkmoCr2BOaZOsDR7c6iCmFAlKmW8uWyMTfRK6Gg



極左に操られたバイデンはアメリカを左翼全体主義国家にする!
2021年01月10日 | アメリカ
−草莽隊日記−

最後の最後までどうなるかはわからないが、現時点ではバイデンの大統領就任がほぼ確実視されている。トランプ支持者のアメリカ国民は納得しておらず、いくら民主党が上院や下院で多数を占めたとしても、国論が一つになることはないだろう

▼トランプの反撃を恐れるあまり、バイデンはトランプ陣営を徹底的に弾圧するだろう。極左にそそのかされて不正選挙を行った民主党は、自分たちのしたことを正当化するために、反対派の存在を根絶やしにしたいのである。

それに呼応するかのように、ツイッター者などは、トランプのアカウントを永久停止にした

▼今回の連邦議会へのトランプ支持者の乱入は、警備が厳重であれば絶対に考えられないことである。彼らはは何一つ武器を持っていなかったのであり、自分たちの怒りを知ってもらえばそれでよかったのだ。大騒ぎになり、死者が出る事態になって喜んだのは、バイデンの方であった。待ってましたとばかり、トランプが扇動したとして、マスコミを使って犯罪者に仕立て上げようとしている

▼ヒトラーが1933年に2月27日、国会議事堂炎上を口実に、反対派を一掃したのと同じ策略ではないだろうか。

目的のためには手段を選ばないのは、極右も極左も一緒なのである。

極左に操られている民主党がめざすのは左翼全体主義国家である。それで本当にアメリカ国民はいいのだろうか。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:25 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ