CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
尾身さん?・・・そこじゃないでしょ! [2021年01月06日(Wed)]
尾身さん?・・・そこじゃないでしょ!

・中韓からの入国はスルーですか?
・経済に足環を嵌めるだけですかぁ〜
・で、肝心の医療方針や体制、ワクチンの安全性はどうなんですかぁ〜
・今のウイルス殺菌対策効果を見て、今のままで良いですかぁ〜
・現医療の問題点「対処療法」同様程度の継続ではなく、空気洗浄とか、否、特に人間が本来持つ「免疫力・治癒力」の再確認と強化策は考えませんかぁ〜
・国民すべてを「ウイルス弱者」にして、抵抗力ゼロ化しますかぁ〜・・・
・専門家会議座長さんですかぁ〜・・・全く腹が立つ!
・本業は評論家ですかぁ〜
・医療の実務者ではないのですかぁ〜・・・
・小池知事と何ら変わらない政府ガー・・・
・座長がこの程度では希望も見えてきませんねえ〜

尾身談話

「首都圏すでに爆発的感染拡大相当の対策必要」コロナ分科会・尾身氏
政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は5日、「埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏では、すでにステージ4(爆発的感染拡大)に相当する対策が必要な段階に達している」として、行政機関や大企業での極力7割のテレワーク実施などを求める提言を発表した。
 
尾身茂会長は記者会見で、緊急事態宣言を発出する必要性に触れつつ「宣言で感染が下火になる保証はない。1〜2週間の単位では無理だ」と強調。「飲食店(対策)は重要だが、そこだけでは感染を沈静化できない」とも語った。
 
提言では、首都圏で12月25日以降も人の流れが減らず、さらなる医療逼迫につながったと指摘。首都圏の感染状況が沈静化しなければ、全国的かつ急速なまん延の恐れがあるとした。
 具体策としては、首都圏では不要不急の外出・移動の自粛のほか、テレワークの徹底や収容率を50%にするなどのイベント開催要件の強化を求めた。大学や職場などでの飲み会の自粛なども必要だとしている。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:55 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ