CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 頑張れ「日本」 | Main
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新コメント
東京オリンピック開催阻止を企む反社会的勢力! [2021年06月09日(Wed)]
東京オリンピック開催阻止を企む反社会的勢力!

現在、テレビや新聞などのマスゴミは、東京五輪の開催に反対する論調の報道を展開している。

特に、坂上忍がMCをしているフジテレビの「バイキングMORE」や「夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める」と題した社説を掲載した朝日新聞は、強く東京五輪の開催の中止を訴えている!

最も東京五輪の中継をするであろうNHKのニュース番組でさえも、明らかに開催に否定的な論調が目立っている。

東京五輪の開催について反対すべきと主張しているテレビや新聞などのマスゴミは、7月23日から東京五輪が開催された場合に手のひら返しで東京五輪を応援する放送・報道をするのか?!

東京五輪の開催に強く反対を訴えているにもかかわらず、東京五輪が始まったら手のひら返しで応援する番組を放送したり報道をしたりするのはおかしい!

テレビや新聞などのマスメディアは、東京五輪が開幕した後も閉会式まで「1日も早くやめろ」と責任を持って訴え続けるべきだ!

読売新聞社が6月4〜6日に実施した全国世論調査で、東京五輪・パラリンピックについて聞くと、「開催する」が50%、「中止する」は48%となった。

「中止」を求める声は、前回(5月7〜9日調査)の59%から11ポイント減った。

坂上忍や朝日新聞などの放送出演者や大新聞社は、手のひら返しをせず、閉会式の日までに責任を持って「1日も早くやめろ」と訴え続けろ!

マスゴミだけではなく、東京五輪の中止工作を大々的に展開した
日本共産党、五輪開催中止の圧力を強めている
枝野幸男や
陳哲郎(福山哲郎)などの立憲民主党、
プロ野球の試合を続行しているソフトバンクGの会長兼社長である孫正義、
プロ野球とサッカーJリーグの試合を続行している楽天G会長兼社長の三木谷浩史
らも、最後まで自分の主張に責任を持て!


−正しい歴史認識さん−
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:05 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
本多議員に蓮舫、枝野両氏もダンマリ…「身内に甘すぎ」と批判続々 [2021年06月09日(Wed)]
■ 枝野、蓮舫氏らはダンマリ……
これが「りっけんとー」の本質ですがね!
今更の話で〜す・・・

本多議員に蓮舫、枝野両氏もダンマリ…「身内に甘すぎ」と批判続々
6/8(火) 20:40配信

「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」

こう発言したのは、立憲民主党の本多平直衆議院議員(56)。5月10日に同党法務部会のワーキングチームが、刑法の性犯罪規定を見直す議論を行なった際に述べた言葉だ。

そんななか本多氏の処分についても、波紋が広がっている。

各紙によると、ワーキングチームの座長・寺田学衆議院議員(44)は7日、記者団に向けて「発言したとみられる議員本人から『そのようなことを言ったという正確な記憶はない。ただ、もし発言していたとしたら、伝えたかった真意ではなく、撤回したい』と説明があった」とコメント。撤回の申し出を理由に、冒頭の本多氏の問題発言は記録から削除したという。

また同党の福山哲郎幹事長(59)は7日午後、記者団に向けて「議論の中での話であり、本人が『その言葉については言い過ぎで撤回する』と言っているので、それで良いのではないか」と“擁護”し、氏名を公表しない意向を示していた。

問題発言をした張本人が本多氏だということが公になると、福山氏は本多氏に「口頭で厳重注意した」と発表するにとどまるのみだった。

「本多氏が自ら名乗り出るまで、寺田氏も『誰が話をしたかは福山幹事長含め、判断をいただくことだと思う』と記者からの質問をはぐらかしていました。

また同党代表の枝野幸男氏(57)や蓮舫氏(53)、辻元清美氏(61)もこの件について触れていません。

なかでも蓮舫氏といえば、菅義偉首相(72)や与党議員の発言についてTwitterで舌鋒鋭く批判することで知られています。例えば19年5月に自民党の桜田義孝議員(71)が『子どもを最低3人くらい産むように』と発言した際も、《論外》や《だめだ。朝から嫌な気持ちがおさまらない》などと連投ツイートするほどでした。今回の“ダンマリ”は、身内贔屓のようにも受け取られかねません」(全国紙記者)

問題発言をした議員名を非公表にしようとし、口頭での厳重注意だけで済ませるなど、幹部の“大甘処分”に疑問の声が上がっている。

《立憲民主党は身内に甘すぎないか?》
《身内の議員の失言だと厳重注意で済む程度の甘さなんですか、政府与党が失言する時は平気で議員やめろコールなのに》
《他党に厳しい蓮舫さん、今回のは自党でも厳しく追及された方がいいかと。発言取り消すで終わる問題ではないですのね? あなたがいつも言っていたセリフを思い出してください》
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:43 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
果たして日本に主権は有るのか? [2021年06月06日(Sun)]
日本の闇
果たして日本に主権は有るのか?


ネタ元未確認ながら日本破壊工作の真の闇は?
https://ameblo.jp/orange54321/entry-11892963737.html
2014-07-13 06:25:54

テーマ:政治
北朝鮮による日本人拉致問題は、政治家や外務省の怠慢、朝日新聞など反日のマスコミによる妨害活動などがあり、解決メド立たず。

本来は国民の生命を守る立場にある国会議員の中にも、拉致問題の解決を阻止してきた人物が多数いる。今回は、政党の中でも最も北朝鮮を擁護してきた社民党(旧社会党)の2人の国会議員について紹介します。

【土井たか子】

1988年に北朝鮮に拉致された石岡亨さんが手紙を外国人に託し、その手紙が8月13日付ポーランド消印で有本恵子さんの家族の許に届きました。石岡亨さんは手紙のことがバレたら殺されるという身の危険を冒してまで手紙を書き、北朝鮮に拉致されたことを家族に知らせたかったのです。

その手紙により、行方不明になっていた有本恵子さんが北朝鮮にいることが判明します。有本恵子さんのご両親は外務省に陳情しましたが、外務省からは無視され相手にされない状態でした。

困り果てた挙句、有本さんの両親の選挙区の地元国会議員であり、当時北朝鮮と親密な友好関係にあった社会党の委員長(当時)土井たか子氏に陳情することにしました。国会を訪れ国会内のエレベーター前で土井たか子氏に石岡亨さんの手紙を根拠に直接陳情しました。

しかし、土井氏には全く相手にされませんでした。それだけではなく、土井氏は石岡亨さんの手紙の存在の事実を、朝鮮総連に密告したそうです。朝鮮総連は北朝鮮の日本における出先機関ですから、石岡さんが手紙を送ったことは北朝鮮に知られてしまいます。

そして手紙が届いてから、わずか2ヶ月後、突然有本さんら3人の「同時処刑」が報じられました。日朝関係筋によると、「石岡さんが内密に日本の家族へ手紙を送ったこと」が、土井事務所から朝鮮総連を通じて北朝鮮本国に報告され、処刑に至ったということです。

ちなみに石岡さんの家族が地元の社会党に相談しましたが、その際に「口外しないように」とだけ念を押されたということです。

北朝鮮の内情をよく知る土井氏は、石岡さんらが勝手に手紙を出したことが北朝鮮にバレれば処刑されることは当然知っていたはずです。つまり、有本さんら3人が処刑されると分かっていて密告したのです。もし石岡亨さんや有本恵子さんが生還されない場合は、土井たか子氏の責任は重大です。土井氏が殺したといっても過言ではないでしょう。

土井たか子氏は「拉致ということはありえない」と北朝鮮が主張していたことと同じことを拉致被害者の家族に言っていました。しかし、テレビの取材などで土井氏は「拉致はでっち上げなんてことは言っていない」と発言しており、金正日が拉致を認めた後も拉致家族会に謝罪どころか会おうともしていません。

【福島瑞穂】

北朝鮮に拉致されたと言われている増元るみ子さんの弟の増元照明さんは、社民党とのパイプがあるということで、土井たか子氏、福島瑞穂氏、辻元清美氏など社民党の議員に嘆願メールを出しましたが、誰からも返事は来なかったようです。

2002年に金正日が日本人拉致を認めた後、北朝鮮の拉致問題に関連して社民党と北朝鮮との過去の関係を、国民に説明して謝罪するべきだという意見が党内に出ていました。

しかし、土井たか子党首らは、そのような意見を聞き入れることはなく、田嶋陽子氏や大渕絹子氏は離党していき、阿部知子氏は執行部に激しく抗議しました。その後に政府与党が提出した北朝鮮への経済制裁についても、土井たか子氏、福島瑞穂氏、辻元清美氏らは強行に反対しています。

菅義偉総務相が、NHKの短波ラジオ国際放送で、拉致問題を重点的に取り上げるよう命令することを検討する考えを示したことに対して、「NHKの自主性、自律性を損なうことがあってはならない」と発言しています。つまり、NHKが拉致問題を取り上げることに反対を表明しています。

福島瑞穂氏は、拉致問題を否定するどころか上記のように拉致された人を危険な目に遭わせるようなことをしていた土井たか子氏を庇い続けています。社民党の本流を継承している人物の1人であると言えるでしょう。

【時折出てくるは背乗り疑惑?】

・米政府:「背乗りが日本で国の研究所の情報を漏洩させているがどうなっているのか」
・米国で『日本の背乗り疑惑と情報漏洩問題』に関する非公開の公聴会が開かれる?

背乗り疑惑
「中国で証拠になる戸籍でも取ってきたら調べる」と言われて、Fさんんが「中国」に行って戸籍を取ってきたら、何と警察に無視された!

日本で背乗りはやりたい放題できるという実態が浮かび上がって来ている。
そしてもっと怖いのが、日本政府はそれをわかってて放置してる、ということか?

Posted by 余生を憲法改正に! at 07:09 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
尾身会長の6月2日の国会答弁 [2021年06月05日(Sat)]
マスゴミお得意の報道犯罪と
尾身分科会の問題点!

トリミングでオリンピック開催に反対しているかのような「切り取り」印象操作!

【うわさの真相】

政府のコロナ対策会議の
尾身会長の6月2日の国会答弁


これはオリンピック組織委員会の人達が、是非やっていただきたいことですけれども、
オリパラをもしやるのであれば、その規模をなるべく最小化して、それから管理体制をできるだけ強くする。

こういう、人々の、国の、自治体の努力と、
それからサイエンスとテクノロジーの最大の活用と、
それから、オリンピックをオーガナイズする人達の責任としては、
これはなるべく、今の状況でやるというのは普通はないわけですよね、
このパンデミックで。

そういう状況の中でやるということであれば、オーガナイザーの責任として、
開催の規模をできるだけ小さくして管理の体制をできるだけ強化するというのは、
私はオリンピックを主催する人の義務だと。
そういう意味で、三位一体の努力が必要だと思います。

■「個人的には可能なら東京五輪で選手に成果を示すチャンスを。感染症はコロナで終わりではなく今後何回も来る恐れがあるので、開催ならIT技術を使い“今まで会場で共有した五輪のドラマ・感動”を世界の各家庭で共有する契機にしてほしい


しかし日テレ系「ミヤネ屋」での本心は?

■ 尾身氏

「政府に言ってもIOCに届かないと意味が無いということで、どこにわれわれの考えを述べたらいいのかということを今、検討している。
私どもはなるべく早い時期にどういう形でにせよ、われわれの考えを正式にしかるべき場所に表明するのがわれわれの責任だと思っていますので、そうしようと思います」

※  これは、「範疇外の言動」というレベルのものではない。
自分たちの考えをIOCに伝えるということは、雇い主である政府の頭越しに、IOCに直訴するということだ。
専門家の立場として五輪反対を主張することは自由だが、それなら、自分らが反旗を翻した政府に対し、先ずは職を辞すべきではないのか。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:46 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)