• もっと見る
« 国際情勢 | Main | 頑張れ「日本」»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
最新コメント
木原稔防衛相 「任に非ず」 [2024年01月14日(Sun)]
陸自幹部らの靖国参拝巡り木原稔防衛相 「任に非ず」

「誤解を招く行動は避けなければならない。通達違反なら厳正に対処」←馬鹿!「時代遅れの通達こそ見直すべき」山田宏!当然!

◆.集団で参拝したのは小林弘樹陸上幕僚副長らで一部が公用車で移動した。いずれも時間休を取得し、自衛隊の制服ではなく私服だったという。防衛省は参拝時の公用車の利用を禁じる規定を次官通達に加える方針だ。…お得意の事後法で処分でもするのか?

◇ 山田宏参議院議員
自衛官が安全祈願のために靖國参拝したことを、防衛省が問題視するとは何事か。
しかも50年も前の事務次官通達に違反する恐れがあるという。
防衛省がこんな体たらくでは国が滅びる。
こんな通達は、時代に合わせ早急に見直しなさい!

◇ この通達事体が憲法違反だ!

日本人なら、初詣をする!
日本人なら、ご先祖様の墓参りをする!
日本人なら、靖国神社を参拝する!
首相や国会議員や自衛官の場合、靖国神社参拝は責務!

『誤解を招く行動は避けなければならない。通達違反なら厳正に対処』と妄言を吐いた木原稔防衛相は馬鹿!万死に値する!
山田宏議員が言うとおり、時代遅れの通達こそ見直すべき!

山田宏参院議員は半世紀前の昭和49年に出された通達の見直しを訴える。

◇◇◇◇◇ 国のために尊い命をささげられた英霊を、自衛官が参拝するのは当たり前だ。50年前の時代遅れの通達を見直さず、放っておいたことが問題だ。もちろん参拝の強制はあってはならない。ただ、隊員が自由意思に基づいて皆で参拝することは、現通達からも問題ないと考える。世界の常識だ。

昨年4月には陸自ヘリコプターが沖縄県の宮古島周辺で墜落し、隊員10人が死亡した事故が起きた。

今回、靖国で安全を祈願した陸自幹部や隊員は事故を調べた航空事故調査委員会のメンバーだ。
痛ましい事故を二度と起こさせまいと皆で祈願して何が悪いのか。
国のために尽くした英霊に安全を祈願するのは、英霊への慰霊でもある。


防衛省は釈明に追われているようだが、萎縮しないかを危惧する。
こんなことで有事の際に自衛隊は戦えるのか。
50年前に比べ、日本の周りは軍事的な脅威ばかりだ。現在の日本の安全保障環境に合わせて、自衛官の靖国参拝のあり方も他国の軍隊のあり方と同様に国際標準にすべきだろう。(聞き手 奥原慎平)
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:10 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
自衛隊が部隊で國参拝したらダメ? [2024年01月13日(Sat)]
????防衛省自体が部隊を調査する????

自衛隊が部隊で國参拝したらダメ?
そんなレベルで騒いでるうちに世界から取り残されてしまう。
日本が滅びてしまう。

防衛省は11日、陸上自衛隊の小林弘樹陸上幕僚副長(陸将)ら数十人が9日、東京都千代田区の靖国神社を集団で参拝したと明らかにした。小林副長は時間休を取得しながら公用車を使用していた。同省は1974年の事務次官通達で、宗教の礼拝所を部隊で参拝したり、隊員に参加を強制したりするのを禁じている。今回の参拝は、この通達に違反する可能性があり、事実関係を詳しく調べる。調査結果を踏まえ、処分も検討する。

◎ 自衛隊幹部の靖国神社参拝問題で、「時代遅れの通達を見直せ」と自民党の山田宏参院議員が発言した。

産経新聞が取材し、報じた。同感である。

自民党の山田宏参院議員は半世紀前の昭和49年に出された通達の見直しを訴える。

「国のために尊い命をささげられた英霊を、自衛官が参拝するのは当たり前だ。50年前の時代遅れの通達を見直さず、放っておいたことが問題だ。もちろん参拝の強制はあってはならない。ただ、隊員が自由意思に基づいて皆で参拝することは、現通達からも問題ないと考える。世界の常識だ。」

防衛省は釈明に追われているようだが、萎縮しないかを危惧する。
こんなことで有事の際に自衛隊は戦えるのか。

50年前に比べ、日本の周りは軍事的な脅威ばかりだ。
現在の日本の安全保障環境に合わせて、自衛官の靖国参拝のあり方も他国の軍隊のあり方と同様に国際標準にすべきだろう。

Posted by 余生を憲法改正に! at 07:24 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
日本の言論危機!→日本消滅の危機 [2023年10月22日(Sun)]
対日ヘイトスピーチ(憎悪差別扇動)側を擁護した行政権力の暴力行為
言論弾圧世相をつくる法務局

自民党消滅の危機
岩盤支持層の怒り、岸田さん見限り!


杉田氏は口頭で主張するだけでなく、日本の名誉を守るために行動してきたのだ。同じことをできる人は、そうはいない。

「日本の国士」 杉田水脈氏を護ろう!
−私的憂国の書− さん

 保守派はいま、自民党の対応に注目している。単独比例の名簿登載は原則2回までというのが自民党の内規だが、杉田氏に衆院選で他のオプションを与えず、その次の参院選でも排除するようなことになれば、保守派の怒りは沸騰するだろう。

杉田氏が所属する清和会にも責任がある。2021年衆議院で、甘利明(幹事長)と遠藤利明(選対委員長)は、河村健夫の長男、建一を比例中国ブロック単独に捻じ込もうとしたが、安倍総理や岸信夫元防衛相が猛然と抗議し、杉田氏はポジションを確保した。その安倍総理は凶弾に斃れ、岸信夫氏ももう政界の人ではない。

 保守派は杉田氏を応援しよう。彼女のような政治家は、戦う政治家が希少になった今の政界には欠くことのできない存在だ。

日本の言論危機!

−遠藤健太郎氏− ブログから転記

◆ 日韓工作員(内閣や自民党内の密談を当日の内に韓国へ情報漏洩する係)だった額賀福志郎衆議院議員(茨城二区)なんぞを議長にするから天皇陛下にとんだ間違いを犯すのです。己が読み上げた式辞を天皇陛下に手渡してどうするのでしょう。前代未聞の大失態です。

 今上陛下が微笑みを浮かべられて救われたようなものですが、四十年近くも衆議院議員でありながら、いかに国会(今回は臨時国会)を召集される天皇陛下に、その都度全く目もくれていなかったかが分かろうというものです。

 これが立法の長の一角で、行政の長が岸田文雄首相という地獄絵図。


杉田氏こそ正真正銘の政治家だ!

◆ いわゆる「人権擁護工作」に余念がない法務省の地方支分部局が対日ヘイトスピーチ(憎悪差別扇動)側を擁護した行政権力の暴力行為に、報道権力のどこも批判をくわえないという異常事態は、それこそわが国、私たち国民の安全(いわれのない誹謗中傷を受けない)を守るという重要な視点の致命的欠落と指弾せずにはいられません。

・ どの報道も、札幌法務局と大阪法務局の誤った判断に何らの指摘もせず、自民党の杉田水脈衆議院議員(比例中国)が単にアイヌと韓国人を差別したように書き立てるのは、毎度のことながら「報道権力が嫌いな政治家(保守派)の発言ばかりは大いに恣意的切り取りをする」という態度を明け透けにしたものです。

・ 杉田代議士が述べた(書いた)のは、彼女が政治生命を賭して取り組んでいる「歴史戦」に、対日ヘイト活動家が嫌がらせをしてきたことについてであり、その壮絶な経験は、代議士に当選する前から続いていました。

・ ちなみに、連合国(俗称=国際連合)の女子差別撤廃条約に基づく委員会などを擁する瑞ジュネーヴは、その手の極左暴力活動家の巣窟と化しており、
杉田氏(当時一民間人)らが乗り込むことに非協力的だった外務省の中で、
ただ一人協力したのが松川るい女性参画推進室長(当時)だったのです。
※ 松川氏潰しもご存じの通り!・・・日本解体工作員=反社会的勢力 暗躍の構図

 八月三日記事で松川参議院議員(大阪府選挙区)をまるで批判しなかったのは、その時の「恩返し」でした。今や「エッフェル松川」などと揶揄され、大いに国民的怒りをかってしまいましたが、そうなるようくだらないことまで暴露して煽ったのは報道権力です。なぜなら、対日ヘイトの左翼・極左がその時から松川議員を嫌っていたからでしょう。

法務局こそ人権侵害!

◆ とにかく、これみよがしに民族衣装を身にまとい、中には当事者でもないのに杉田氏らの通行を妨害するなどした対日ヘイト活動家のことを批判した杉田代議士に、
莫迦な地方の法務局が偉そうに「人権侵犯です」などと判定した暴力行為は、決して許されません。


 これは、日韓関係を破壊し続けてきた北韓(北朝鮮)や中共に抗わねばならない私たち国民の言論、表現や歴史研究の自由を侵害する行為です。「昨日の杉田代議士は、明日の私たち国民」です。
Posted by 余生を憲法改正に! at 05:53 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
高市総理総裁を実現し自民党は本来の保守に立ち返るべきだ [2023年06月27日(Tue)]
日本初の女性総理大臣の誕生しか、日本と自民党を立て直すことができない

自民党は憲法改正を公約に掲げて多くの日本人から支持され投票されてきた。

しかし、岸田政権は憲法改正やスパイ防止法はそっちのけで、急に出てきたLGBT法は党内の反対を押し切ってものすごい早さで強引に通す。

裏切りとはまさにこの事である。
次の衆議院選挙では岸田政権にNOを突きつける人も多いと思う。まさに自業自得である。


高市総理総裁を実現し自民党は本来の保守に立ち返るべきだ
2023年06月26日  −草莽隊日記−

 もはや岸田総理は即刻退陣し、自民党は保守政権であることを明確に打ち出し、高市早苗氏を総理総裁するしか、生き残る道はない。それを実現するためには、派閥を超えた大きな流れにしなくてはならない。永田町の論理からは逸脱するだろうが、もはやそんなことは言っていられる段階ではなくなっているからだ。

 読売新聞の23日から25日にかけての全国世論調査の結果では、岸田内閣の支持率は41%となり、前回から15%も下落した。自民党の支持率も34パーセントとなり、前回よりも4%下落した。

 リベラル色を前面に出したことで、岩盤保守は自民党を見限っており、今後LGBT法案のマイナス面が徐々に明らかになれば、一般の自民党支持者にも動揺が走るだろ。こういう時こそ、自民党は右翼バネを発揮して、党を刷新しなくてはならない。
 岸田総理の期待に反して、広島サミットは完全に失敗であった。「核なき世界を目指す」という言葉が、あまりにも陳腐に思えた日本国民も多かったはずだ。

 我が国は今、中国、ロシア、北朝鮮の核の脅威に直面している。同じように危機感を感じている韓国の保守政権は、米国との核の共有を協議し、核搭載の米国原子力潜水艦の寄港を容認した。
 これに対して、岸田内閣をそれを話題にすることも禁じ、平和ボケに徹した。防衛力の強化にしても、バイデンの説得されたからということが判明した。このことでも岩盤保守の自民党離れが加速することになった。

 そこにLGBT法案である。

欧米では行過ぎた動きに歯止めをかけようとしているときに、逆にそれに前のめりになった岸田首相は、自民党や日本をぶち壊そうとしているのだ。
 もはや残された時間はない。誰かが岸田総理の首に鈴を付けなくてはならない。高市早苗総理総裁を実現し、自民党の保守派が主導権を握り、日本維新の会や国民民主党を巻き込み、挙国一致内閣を目指さなくてはならない。

そのためには小異を捨て、大同に就かなくてはならない。もしそれができなければ、政治的が混乱が長引くことになり、台湾有事や、日本への武力攻撃に対応できなくなる。

◆ 自民党の国会議員に訴えたい。私利私欲、派閥意識を捨てて、国のことを第一に考えてもらいたい。これまでのことは問わないから、高市総理総裁を実現し、ここで流れを変えるしかない。あまりにもそれは、政治の力学を無視した暴論かも知れないが、それほどまでに危機が迫っていることに、自民党の国会議員は気付くべきなのである。

 運だけに支えられてきた岸田首相は、もはや運にも見放されようとしており、泥船と一緒に沈みたくなければ、日本丸の船長を交代させるしかないのだ。

◇◇◇ そして老練な自民党政治家が彼女を支えればよいのである。もはや日本初の女性総理大臣の誕生しか、日本と自民党を立て直すことができないからだ ◇◇◇

Posted by 余生を憲法改正に! at 05:56 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
支那の脅威 [2023年04月06日(Thu)]
支那の脅威
https://news.yahoo.co.jp/articles/f4d82a6a5abba72bcce4c573128247ea078c32ea
Posted by 余生を憲法改正に! at 05:44 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
−櫻井よしこ氏−  未婚化対策 [2023年03月11日(Sat)]

昨年、日本に生まれた赤ちゃんが80万人を下回った。
−櫻井よしこ氏−  未婚化対策

政府の見通しより11年早い。法政大学経済学部教授の小黒一正氏はわが国の少子化はもっと加速し、2031年の新生児は70万人、40年には60万人、52年には50万人を下回ると政府よりもずっと厳しく予測する。人口減少は憲法改正を必要とする国防と並ぶ最も深刻な日本国の課題であり、少子化対策が急がれる。

 岸田文雄首相は異次元の少子化対策のたたき台を3月末までにまとめるとし、その柱は

@児童手当を中心とする経済支援強化
A子育てサービスの拡充B働き方改革の推進―だと語った。

 実績で見れば年来の子育て支援策は少子化問題解決に貢献していない。少子化の真の原因を間違えているからだ。このままではせっかくの大計画は従来の施策同様、少子化対策にはつながらない。

 わが国では婚外子が全体の2%にとどまることに見られるように結婚と子供を持つことに強い相関関係がある。であれば少子化解決の第一は結婚する人を増やす、つまり未婚化問題の解決こそが鍵だ。

 正しい対策は正しい認識からしか生まれない。若い世代の結婚観について日本社会には大いなる誤解があると指摘するのが、中京大学現代社会学部教授の松田茂樹氏だ。子育て期で見ると、「夫は仕事、妻は家庭という役割分担を行う夫婦」が全体の80%で圧倒的多数を占めているという。女性が職場から離れて子育てをする夫婦への支援強化策が必要だということだ。

 彼らへの支援は一組の夫婦が産み育てる子供の数を増やすことにもつながる。結婚した夫婦が望む子供の数は2人が52%、3人が23%、4人以上も入れると約8割の夫婦が2人以上の子供を持つことを望んでいる。しかし、希望する数まで増やせないなどとする夫婦が約67%。理由の第一が「お金がかかりすぎる」である。
ここに異次元の援助を入れるべきだろう。シングルマザーや働くお母さんへの援助と同様、典型的家族への支援充実が大切だ。

若い世代の結婚観は急速に変化している。出産後も女性が継続して働くのが望ましいと考える割合が女性で34%、男性で39%と増えている。
一生結婚せず、子供も持ちたくないという人も増加し、結婚しないという男性は6年前より5ポイント増の17・3%、女性は6ポイント増の14・6%だ(国立社会保障・人口問題研究所の第16回出生動向基本調査)。

◆ 未婚化対策がいかに大事かということだ。若者が結婚しない最大の理由に種々の調査は収入の不安を掲げている。未婚化と貧しさには強い相関関係がある。シワ寄せは非正規雇用の男性に集中し、彼らは結婚願望も低い。企業の協力で非正規雇用を減らすか、彼らの賃金を高める施策に日本の叡智(えいち)を結集するときだ。

********

 結婚観が大きく変化するいま、厚生労働省、文部科学省、法務省などには、日本人の生き方を一定方向に誘引する制度を定める委員会や有識者会議が設置されている。各種委員会の決定は往々、リベラルな方向に傾いてきた。それらが日本国政府の基本方針となり、法制化され、予算が投入され、確実にわが国社会の形を創っていく。

特定の民間団体と密接に関係する人物が専門委員などに就き、自身の所属する団体の利益になるよう政策を誘導することが、至る所で頻繁かつ公然と行われてきた。

◆ 本当に大事にすべきなのは特定の人々だけではなく、全員なのだ。シングルマザーもLGBT(性的少数者)もきちんと受けとめたうえで、多数を占める典型的な家族を大事にしなければならない。その多数派を置き去りにするかのような政策を決めてきた委員会や専門家会議の在り方を、今こそ見直すべきだろう。

◆ これでよいのかと検証すべき一例が「Colabo(コラボ)」であろう。

性暴力や虐待などの被害を受けた若い女性らへの支援事業を東京都から委託されている一般社団法人だ。Colaboに対しては会計報告に不正があったとして住民監査請求がなされたが、問題の根は深い。代表の仁藤夢乃氏は厚労省の「困難な問題を抱える女性への支援のあり方に関する検討会」のメンバーで、政府の公職にある。

 仁藤氏は厚労省の会議で「女性支援法」に基づく国の政策形成に関して、「法律が実効性のあるものになるように、予算をつけてほしい。(中略)強制力を持って実行できるようなものが要る。やらせる、そういう法律や計画にしてほしい」と述べている。

 離婚夫婦の片方による子供連れ去り事件や、その法的問題点について詳しいジャーナリストの池田良子氏が語った。

◆ 「自治体から巨額の補助金を受けている団体の代表が、自治体に自分の事業に対する予算措置を強制的に行うよう法律で義務付けてほしいという要望に聞こえます。公職にある立場の人には許されない発言です」

 仁藤氏を支える議員に社民党の福島瑞穂党首、立憲民主党の蓮舫、打越さく良両参院議員らがいる。Colaboは家出少女に食事や宿泊場所を提供する活動を行ってきたが、そうした活動の一環として若い女性たちの合宿を沖縄で行い、「辺野古基地反対座り込み」などの政治活動も行っている。その活動を支える「女性支援法」は、実は衆参両院での議論が全くなされない中で成立した。

◆ Colaboの事例が示すのは、国民の監視の目が全く届かない中で、女性支援法など多くの人が疑問を抱くことも反対することもない、美しい名前の法律に守られて多額の公金が特定の団体に支給されているケースがあるという事実だ。公金が本来の目的とは異なる目的、たとえば左翼的政治活動に使われ、リベラル勢力の活動資金となっている例は実は少なくない。

 異次元の少子化対策は、家族のあり方の見直しを起点とし、政府内の種々の有識者会議の構成員の見直しも含め、「異次元の体制」で取り組まなければならない課題である。
シングルマザーをはじめ少数の人々の生き方をきちんと受け入れるという大前提を踏んだうえで、

伝統的家族の長所に目を向け、若い人々が結婚できる社会の構築に最大限の支援が急がれる。

Posted by 余生を憲法改正に! at 07:33 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
ウクライナより危険な状態にある日本 [2023年02月25日(Sat)]
■ウクライナより危険な状態にある日本

 実は、日本はウクライナよりも危険な状況、危険な環境にあると私は考えています。
なぜかというと、戦争が始まる前、ウクライナには「拉致問題」は存在しませんでした。ウクライナ国民は他国に拉致されたことがありせん。

 第2に、ウクライナは「領土問題」を抱えたことがありませんでした。実は、クリミア半島に対しても、ロシアは正式に何の抗議もしたことがなかったんです。いきなり取ったんです。
 ところが日本の場合は北方領土も未だに不法占拠されている。竹島も不法占拠されており、尖閣の問題もあります。

 ウクライナではクリミヤでも領海侵犯や領空侵犯の問題もありませんでしたが、日本の場合、中国軍機の領空侵犯へのスクランブルが年700回も行われ、尖閣に関して中国の公船が毎日のように尖閣海域の領海侵犯を行っています。

 そして、ウクライナの場合は、周りには敵国はロシアという一つの国しかありませんでした。しかし、日本の場合は、北朝鮮にしてもロシアにしても中国にしても、周辺に敵国しかありません。しかも彼らはみんな核兵器保有国であります。

今、ウクライナは欧米の支援のおかげで助かっています。要するにウクライナの兵站は無限に近い。ポーランドの方面からどんどん支援が入ります。しかし、日本は島国であり、例え逃げようとしても逃げる場所がありません。まして包囲され、海上封鎖されてしまったら、支援物資も届きません。非常に危険な状況であります。ですから、ウクライナ以上に防衛に力を入れなければいけないのに、多くの人々はそれに気づきません。危険なことが常に日本の周りに起きているのに、多くの人々はいまだに目覚めてないから私は非常に残念に思います。
(ナザレンコ・アンドリー氏、昨年4月15日神奈川県での講演より)

https://twitter.com/KAIKEN_CH/status/1628306825019015168

Posted by 余生を憲法改正に! at 08:29 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
立憲民主党や稲田朋美などの輩が・・・ [2023年02月24日(Fri)]
立憲民主党や稲田朋美などの輩が
LGBT法というはっきりと欠陥がある法律を認める事が
「多様性を認める事になる」
という意味不明な事を主張していますが、

さっそく立民が悪用の実例を見せてますが?

https://pachitou.com/2023/02/23/%e3%81%95%e3%81%a3%e3%81%9d%e3%81%8f%e7%ab%8b%e6%b0%91%e3%81%8c%e6%82%aa%e7%94%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e4%be%8b%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%81%9b%e3%81%a6%e3%81%be%e3%81%99%e3%81%8c%ef%bc%9f/



多様性という言葉を使いながら多様性を否定しているのは
LGBT法をゴリ押ししようとしている連中の方です。

LGBT法、同性婚、夫婦別姓に賛成しない奴らは差別主義者だ!
多様性を否定する人間だ!許してはならない!
というのを現在だってやっているわけですよ。

◆ 人権擁護法案をなんとか実現しようとしていた連中が
在特会とかいう迷惑パフォーマンス集団が暴れているのを逆手にとって
ヘイトスピーチ規制という制度を実現させることに成功しました。

そして一度制度を作ったのだからとあとはこの制度をどんどんと
日本人にとって都合の悪い凶悪なものにさせていこうという事をやってきましたが、

☆ 自民党内の保守系の抵抗もあって進まないどころか、
小野田紀美議員によって
「日本人だけ対象にするんじゃなくて外国人による日本人へのヘイトスピーチも対象だよね?」
ということを国会で確認されてしまい。

反日勢力の当初の目的であった日本人を弾圧するためだけの
逆差別法として悪用がやりづらくなりました。

◆ そんな中で今度はLGBT法案を使って逆差別を作り出そうとして画策が今!

◆ 差別主義者のレッテルを貼ってきたらもうどうにもできなくされる
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:52 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ