• もっと見る
« 脚下照顧・人として… | Main | 国際情勢»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
最新コメント
官と民の上下関係の壁 [2024年01月13日(Sat)]
さて・・・石川県の大災害に思いをいたすとき・・・
我が町の自主防災はどうなっているのだろうか? と頭が飛んでしまう。
鉄は熱いうちに叩け! という言葉がある。
つど都度思うのだが、自主防災の自主が泣いてはいないかと言うことである。

岩手日報さん論壇に投稿があった。
その中から二つの指摘

1.「災害時に実働不可能な休眠団体が多いように感じる」
2.「行政機関が管理運営に積極的に関わり、継続的で総合的な支援を行うことが必要不可欠である」

1. に関してはそこなんですよね。

役員諸氏には申し訳ないが、ほとんど自主性が感じられず、行政からの指示待ち程度に見えてしようがないのである。
各地の災害を教訓に
1)仮に当事者として受け止めて、取り組み方のマニュアル化機会を活かせないのか?

2)遠隔地だとして、我々の地域ができる支援がないか? 受け皿としての取り組み研究である。

2. に関しては、防災に限らず常々「諸般」行政との関わりの盲点を感じてならない。

1) 行政は地域に投げかけるとそれで一巻の終わり。あとは地域の問題だとする距離感に地域役員は途方に暮れる。地域力を上げるにはそれも有りではあるが、役員は任期期間中の我慢とする一過性程度の責任感である。問題を把握したとしても、行政に伺いを立てて要望する。許認可を得るための手続きが煩わしい。

2) つまり、官と民の上下関係の壁である。本来、持ちつ持たれつの協働が大事なのだが、
自助、共助、公助の括りであくまでも地域社会の努力の先に、公助→行政が手続きを経て重い神輿を上げる・・・(失礼)
ここが問題なのである。
持ちつ持たれつつの関係・・・あるべき姿は「共助は住民が主体ではあるが、行政共助を形成するための一員である。という認識が欲しい。
どうも、それが欠けていて公助だけが行政の仕事だと見えてしまうのである。

この感覚のズレは行政だけではなく、農協もそうである。上下関係が定着してしまって「餅つもちれつ」の日本古来の「結い文化」が消えてしまったのではないか・・・と思った次第であります。



政府は国民を守る国土計画を復活させよ! [2023年06月21日(Wed)]
もはや正気を失っている!
国民殺しに加担する財政破綻論者たち
−三橋貴明氏−

 例えば、ロシア軍の侵攻が迫っているウクライナが、
「将来の非常事態に備えて、財政規律を確保する」
 とかやっていた場合、政治家はまさに「正気を失っている」と評価されることになるでしょう。

 当たり前ですが、敵国の侵略が差し迫った国は、兵器を揃え、軍隊を訓練しなければなりません。つまりは、「政府がカネを使う」必要があるのです。

 日本国において、南海トラフ巨大地震が四十年以内に発生する確率は、90%。さらには、首都直下型地震も連続するかもしれない。(安政年間には連続した)

 この差し迫った脅威、非常事態に対し、
「将来の地震に備えて、財政規律を確立する」
 などと狂ったことを言っているのが、日本の財務省であり、財政制度等審議会(及び尻馬に乗ったメディア)なのです。


◆ 日本国政府、日本の政治家、いや「日本国民」が正気を失っていたとしか表現のしようがない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(コンクリートから人へ? と言うバカな政治家がいたが・・・)

大震災が起きてから、
「さあ、土建業の供給能力を増やそう」
 とか、
「さあ、土建業にカネを払って、復旧、復興してもらおう」
 などと言い出したところで、手遅れなのですよ。

・ カネ、など、政府が国債を発行すれば創出される。国会で予算を可決するだけです。

・ それに対し、喪失した供給能力の回復には、何年も、下手をすると何十年もかかる。

 この惨状を見てさえ、
「将来の大震災等の非常事態に備え、財政規律を確立する」
 と、財政破綻論者、緊縮主義者たちは言ってのける。まさに「国賊」ですよ、彼らは。

 さあ、真面目に考えてください。

「政府は国民を守る国土計画を復活させよ!」
山本太郎? [2023年06月13日(Tue)]
山本太郎?
どうしてこんなのが国会議員?
支持者が居る?
それが一番恐ろしい?

いわゆる公務執行妨害と言う犯罪ではないか?
それとも国会や反日は「治外法権」
反自民無罪風潮

犯罪擁護・暴力容認世相が恐ろしい!

https://news.yahoo.co.jp/articles/8fccc1692cf4cd57d3cd0e020dba8538998c68b5
LGBT法案は廃案とすべきもの! [2023年06月07日(Wed)]
LGBT法案は廃案とすべきもの!
野党が狙うのは【同性婚をセットにした、LGBT】

LGBT差別解消法とか、LGBT平等法と言って人権配慮を匂わしているが、同性婚狙いです。
自民党は、野党の推進する同性婚に反対したわけです。
これは究極的には天皇陛下の男系継承すら狙ったものであると考えており、共産党は衆院選の公約に謳い、立憲民主党はHPでもLGBTと同性婚をセットで述べています。

これは自民案ではないので、混ぜて叩くと現場が混乱するのでちゃんと分けて見る必要がある。
差別解消とかの「まやかしに理解」しようものなら、法案の反対活動の阻害要因になります。
現在三竦み状態なので、全会一致が原則の議員立法は廃案可能性が高いが、まだまだ油断はできなさそうです・・・

◆ LGBT法案の大騒ぎのおかげで見えた事!
・自民党の保守派のユルさ
・稲田氏のダメダメぶり
・海外の女性トイレ事件やら女性スポーツの惨状やら、
・自称女の奇行などの、トンデモ事情が一斉に流れ出して、世間的には一気に「反LGBT法」の世論が出てきたこと
・急に黙りこんだ怪しきGHQエマニュエル大使

◇ さて、岸田総理の公邸忘年会?
安倍元総理は、民主党から政権奪還後も、この公邸に住むことをずっと延ばしていたが、セキュリティに対する警戒、スパイが間取りを全部把握しているとかの、危機意識なのであって、それを批判する「マスコミ」「野盗」がオカシイのですがね〜 余談です・・・
公明党→信頼関係は地に落ちた [2023年05月26日(Fri)]
【亀裂】公明「自民推薦せず」東京の自公間の協力関係を解消へ…「信頼関係は地に落ちた」苦戦議員は困惑
5/25(木) 20:42配信
国会で吹き荒れる解散風。その中で与党が大揺れとなっている。
値に落ちた・・・世界動乱、他国侵略・国際秩序破壊!
国内を見れば、LGBT・同性婚・夫婦別姓等々、東日本大震災を超す大災害など国家危急から日本国家国民を護る政策に異を唱える政党が与党内にいるのは極めて悪い現象だと思う。
一選挙区どうのこうのと言う矮小化を以って地に落ちたというが、与党に値しない事が分っただけの事ではないか?
国策ブレーキ役としての剣が峰!  
今こそ徹底して日本破壊工作に軸足を移す時だ? とばかり本性を隠さなくなった、と言うことではないのかな?
と、まあっ呆け老のイジケタ感想である。
学会に於ける正しい信者の皆様には、法華経の道を誤ることなく本道に戻り、日蓮上人の理想の継承者として社会貢献して欲しい・・・
愚老は時宗であります。小乗仏教、浄土門在家宗教として本来は共に歩むべきものかと思うのです。
できるものなら神仏習合・・・日本2600有余年の歴史に根差す国柄(国体)を求めたいものと・・・薄ぼんやりしている26日、仏滅の朝です。
男女共同参画時代? [2023年05月02日(Tue)]
男女共同参画時代?
同性婚 夫婦別姓 LGBT 蓮舫 辻元・・・・・
成れの果ては社会秩序破壊

「サリンばらまく。私は令和の麻原彰晃」市議選“落選”の25歳女を逮捕 「早く逮捕されたい」と“万引き”も(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/1c29eb4ce8bb3ca1bf31eb06647d92e5ad1849b9


旧N党が泥沼 大津綾香氏、四つん這い男性を土足踏みつけ・髪引っ張る不謹慎ポーズ 配信で要望に 三崎氏苦言「党首名乗るなら」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/c68c469da42e11216a9197305998731cefb3ef7d
林? お笑い遜り芸人??? [2023年04月15日(Sat)]
林? お笑い遜り芸人???

高橋洋一
「人質返してくれという時にニコニコ笑いながら握手しちゃ駄目だよ、そんな。
あれは絶対にダメ。笑っちゃいけないんだ」

「安倍さんが北朝鮮に小泉さんと行ってる時に、物凄く安倍さんが小泉さんに『絶対に笑わないで下さい』『厳しい顔でやって下さい』と言ったらしい。
それを林さん満面の笑みだ。人質を返してくれという時に」

「台湾を分断して戦わずして勝つのが孫子の兵法だ」

「沖縄県知事もいい駒になる。独立運動をさせて取ってしまう」

「沖縄に意識があるんだったらデニーさんなんかを知事にしないけどね」

「第一列島線にミサイル配備というアメリカの要請は必ず日本に来ると思う」

「沖縄は中国のものだと言われたら、満州は日本のものだと言ってもいいくらいだ」


高橋洋一氏を外務大臣兼財務大臣にすべきである。
加賀孝英氏も林氏は外相失格だと断じている。

【スクープ最前線】訪中で笑顔の写真、林芳正氏は外相失格 中国メディアの狡猾工作「日台分断、日米分断に利用され」

米も激怒の二股外交 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

https://www.zakzak.co.jp/article/20230411-V7IOJITHNZL6RDLC53OZAB5MXI/?dicbo=v2-THtkqh



少子化対策は、手厚い高齢者保護により [2023年04月03日(Mon)]
政府、少子化対策の加速プラン発表 
財源に社会保険料引き上げ検討に??????

−三橋貴明氏− の記事から感じた事・・・
「少子化対策は、手厚い高齢者保護により、老後の安心社会を創る事だと思いますがね・・・人は必ず歳をとります・・・」

◆ 高齢者と現役世代を分断し、
「現役世代の怒りを高齢者に向ける」
 ことで、緊縮財政を推進しようという財務省の悪手?

現実には、政府に貨幣的な制約はありません。
◆ 社会保障の予算が増えるならば、普通に国債を発行し、支出すればいい。

・高齢者の年金を増やすと、とりあえず消費を拡大します。ちなみに、高齢者の消費性向は、現役世代より高いです。

・「年金を預金されたらどうするんだ!?」
 と、反発する人がいるかも知れませんが、別に高齢者の預金が増えたところで「で?」です。預金の増加は高齢者に安心感をもたらし、いずれは消費を増やすでしょう。

(愚老思う)
・・・高齢者の経済力があってこそ、消費が増える(旅行/暮らしの充実/孫世代への支援)・自宅の空きリフォーム化により空き家対策になる・家督相続!等家庭の安定につながる!!!
 

・高齢者への年金を増額するとして、その「財源」が税金や社会保険料では、まさに「ムダ」です。何しろ、「限りある貨幣」の分配を変えるだけで、
新たに貨幣を創出するわけではない。

◎◎◎ 年金増額にせよ、給付金にせよ、
「財源」は新規国債発行でなければならない。

◆◆◆ 加えて、育休取得率工場や児童手当拡大、奨学金拡充などの「子育て支援」は少子化対策になりません。理由は、日本の少子化は非婚化により引き起こされているためです◆◆◆


 別に、子育て支援に反対はしませんが、少子化対策ではありません。これ、単なる事実。

 その上、「財源」として社会保険料を引き上げ、「未婚世帯」特に「若い男性」の可処分所得を減らすのでは、むしろ
「少子化促進策」になってしまいます。
「非婚化を促進」してしまう。

◆ もはや、日本政府、何をやっているのか分からなくなってきていますが、全ての混乱の源は「貨幣観の間違い」なのです。

☆☆☆☆☆ 「貨幣観」を間違えているのに加え「国家観」も喪失しつつあるのが、現在の日本です ☆☆☆☆☆

三橋経済塾第十一期「経済時事」 (mitsuhashi-keizaijuku.jp)

https://members11.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

| 次へ