CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 憲法を考える | Main | 古里»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
立憲党→立件した「阿呆の極み!」 [2021年05月06日(Thu)]
立憲党→今度は!
菅政権下で国民投票法改正は絶対にしてはならない。…立憲党→立件した「阿呆の極み!」

−私的憂国の書さん−

安倍政権下での憲法改正への抵抗はおろか、議論までボイコットしてきた立憲民主党が、今度は菅政権下での云々と言い始めた。
恐らくこの理由で、今後も議論そのものを拒否し続けるだろう。

憲法を守りたいなら、護憲を訴え、国民投票で改正を否決するのが常道である。
ところがこの党も、特定野党の連中も、議論そのものから逃げ続ける。

◆ 安倍前総理がBSフジのプライムニュースに出演し、そんな特定野党をこう皮肉った。

「常設委員会だから億の予算がかかっている。それなのに全然審議していない。これ、税金の無駄遣いと思う方も多いのではないか。
憲法(改正)について、賛否はあって当然だ。
自民党改憲案に反対だったら反対で議論すればいい。
怖いんですか?
議論で勝てないことが怖くて審議に応じないの?
となってしまう。」


◎ 安倍前総理は当たり前のことしか言っていない。そもそも、「安倍政権下で」とか「菅政権下で」という理由を付けて憲法議論を拒否するのは、間接民主主義とはいえ、国民が選んだ政権を否定することであり、即ち民主主義の否定だ。こんな逃亡理由を認めるわけにはいかない。

● 公明党は安倍政権下の2017年、「9条を持ち出すなら連立を離脱する」と党幹部が明言している。つまり、自民党の憲法に対する考え方の、全部ではないものの、その根幹部分を否定しているのだ。こんな党と連立を組むこと自体、「自民党の自己否定」と批判されても致し方ないだろう。

◆ 国民ができるのは、憲法議論を戦わせ、国民の生命と財産、領土、領空、領海を守る憲法を進めることができる国会議員を増やすことだ。その観点から言えば、立民党や共産党など、議論から逃げる議員にバッジを渡さないことだ。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:44 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
憲法が法律の基礎! [2021年05月04日(Tue)]
報道されない「改憲」が必要な理由。「緊急事態に関連する、様々な立法行為ができない」ため。【納得した人はシェア】 | 小坪しんやのHP〜行橋市議会議員 (samurai20.jp)

https://samurai20.jp/2021/05/kaiken-8/

憲法を改正しないと、つまり基礎がないと、その上の建築物を建てることはできません。
「憲法という土台」がないのに、その上に法律を作ろうとした場合、どうなるか。”違憲立法審査権”でやられるのです。憲法違反の法は制定できない。かつては左派やメディアが「違憲立法審査権、違憲立法審査権」と連呼していたと思います。あれをやられると、作った法律は死ぬ。改憲しないと、ここはできないんだ。だからでしょうか、最近は違憲立法審査権という言葉を左派も言わなくなったし、メディアも触れておりません。


(大事なポイント)
・憲法に緊急事態を明記しないと、法整備はできない。
・緊急事態に関連する複数の法案は、審議する権限を国会は(実態として)持っていない状況にある。
・無理やり作っても違憲立法審査権で吹き飛ばされてしまう。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:12 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
第23回公開憲法フォーラム [2021年05月04日(Tue)]
第23回公開憲法フォーラム
自由民主党の菅義偉総裁ビデオメッセージ
令和3年 5月3日の憲法記念日

※ 菅総裁は、「現行憲法も制定から70年余り今経過し、時代にそぐわない部分そして不足している部分については改正していくべき」としたうえで、緊急事態条項と自衛隊明記について国会で議論が必要と語りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

菅義偉自民党総裁メッセージ/第23回憲法フォーラム  
 令和3年5月3日

みなさんこんにちは、自由民主党総裁の菅義偉です。
第23回公開憲法フォーラムが開催されますことを心からお慶び申し上げますとともに、憲法改正の実現に向けてそれぞれの立場で精力的に活動されている皆様に心から敬意を表したいと思います。 

まず今回のフォーラムが、東京都、京都府、大阪府、兵庫県を対象とする緊急事態宣言の最中の開催となってしまいました。再び緊急事態宣言を発出する事態に至り、多くの皆様方にご迷惑をおかけしていることを大変申し訳なく思っています。この危機を乗り越えて安心できる日常を取り戻すためにできることは全て全力を尽くしてやり抜きます。

ワクチンの接種が始まっています。希望する高齢者に7月末を念頭に、2回の接種を終えることができるよう政府をあげて取り組んでまいります。新型コロナとの厳しい戦いにも必ず終わりが見えてくると確信をしています。
国民の皆さんのご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

さて自民党は、立党以来、憲法改正を党是としてまいりました。言うまでもなく国民主権、基本的人権の尊重、そして平和主義という基本理念は今後も決して揺らぐことはありません。

その一方で、現行憲法も制定から70年余り今経過し、時代にそぐわない部分そして不足している部分については改正していくべきじゃないかと考えています。

例えば今般の新型コロナへの対応を受けて、緊急事態への備えに対する関心が高まっています。大地震等の緊急時において国民の命と安全を守るため国家や国民がどのような役割を果たし国難を乗り越えていくべきか、そのことを憲法にどのように位置付けるかは極めて重く大切な課題です。

しかし現行憲法において緊急時に対応する規定は参議院の緊急集会しか存在しません。
また自衛隊は大規模災害や新型コロナ等にも懸命に対応しており、国民の皆様の多くから感謝され支持されています。それにもかかわらず自衛隊を違憲とする声があることもまた事実です。

そこで自民党では、憲法審査会で活発の議論を行っていただくため、
「自衛隊の明記」をはじめ
「緊急事態対応」
「合区解消・地方公共団体」および
「教育の充実」
の4項目について、憲法改正のたたき台を取りまとめすでにお示ししています。一部の野党も憲法改正について具体的な考え方を示し、憲法審査会における建設的な議論を呼びかけておられます。

しかし憲法改正に関する国会での議論は残念ながらなかなか進んでおりません。
国民投票法改正案についても自民党と野党第一党である立憲民主党との間で「何らかの結論を得る」と合意しておりますが、未だ衆議院の憲法審査会で採決に至っていないのが実情です。

憲法改正に関する議論を進める最初の一歩として、まずは国民投票法改正案の成立を目指していかなければなりません。その上で憲法審査会においては与野党の枠を超えて建設的な議論を重ね、国民の皆様の理解を深めていくべきです。それは国会議員の責任ではないかと思います。

言うまでもなく憲法は国の礎です。そして憲法改正は国会が発議し最終的には主権者である国民の皆様が国民投票で決めるものです。すなわち憲法改正の主役は国民の皆様なのです。ですから多くの国民の皆様が憲法改正について自らの問題として考え大いに議論し理解を深めていただきたい。本日のフォーラムがその大きな役割を果たすことを心から期待しています。

憲法改正への挑戦は決して容易な道ではありません。これまでもたくさんの先達が挑戦され到達することができなかった道です。しかし皆さんと共にその実現に取り組んでいきたい。大きく社会が変化する今だからこそ新しい時代にふさわしい憲法のあり方について国民的な議論と理解が深まるよう、その環境を整備し、しっかり挑戦していきたいと思います。

憲法改正に向けて共に頑張ってまいりましょう。本日は誠におめでとうございます。

Posted by 余生を憲法改正に! at 06:42 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
改憲に反対する愚民! [2021年05月02日(Sun)]
改憲に反対する愚民!

憲法改正の内容に反対するなら分かるが、
憲法改正そのものに反対するのは、単なる馬鹿としか思えないのだが。

憲法とはその国のあらゆる
法律の基準となる大元の原則を定めた基本法

であり、多くに国で制定されているが、宗教国家では宗教の経典がいわば憲法であり、独裁国家では仮にあっても形だけのものでしかない。そもそも法律そのものが何の為にあるかと言えば、その国に於いて国民の生活のルールを成文化し、そのルールに違反した場合は処罰を受けることを明記している物とされる。つまり、その国に於いて秩序を守るために強制されるルールと言うことだ。

◆ そのルールの大元が憲法であり、例えば裁判などではルールを破った者が処罰されるべきか否かを決める場合、
・そのルールが法に則っているかいないか、
・さらにその法が憲法に則っているか
どうかが裁判の基準になる。

憲法とは、結局その国の生活上のルールの基準を決める物と言うことであり、
きわめて重要な物であることに間違いはない。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:23 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
台湾有事は尖閣・日本の危機 [2021年04月30日(Fri)]
「台湾有事は尖閣・日本の危機」
国会は憲法9条の徹底した議論を!

HP
https://kenpou1000.org/news/post.html?nid=94

(1)憲法チラシNO7のチラシのダウンロードは以下より
   https://xfs.jp/Fqink

(2)チラシの拡散・ご活用を
〇ツイッター、フェイスブックなど、SNSで拡散をお願いします

https://twitter.com/kenpou1000/status/1387920260649549828

https://www.facebook.com/kenpou1000/posts/2859756397570946


中国は軍事力を東シナ海・南シナ海で増強し、台湾を併呑しようとしています。
台湾危機は、そのまま尖閣諸島、沖縄・日本の危機に直結します。
4月16日に開催されてた、菅総理とバイデン大統領との初の日米首脳会談では、アジアの危機に連帯して対処するとの共同声明が発表されました。
日本の平和とアジアの安定に寄与するため、国会には憲法九条と安全保障の議論が求められます。


____________________________________________
美しい日本の憲法をつくる国民の会
Posted by 余生を憲法改正に! at 17:50 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
公開憲法フォーラム [2021年04月27日(Tue)]
「第23回 公開憲法フォーラム」についてのお知らせ

5月3日(憲法記念日)に毎年開催してきた「憲法フォーラム」は、緊急事態宣言の発令を受けて、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、
「会場参加」は中止し、YouTubeでの
【インターネット・ライブ配信(オンライン参加)】のみに変更することと致しました。


【日 時】令和3年5月3日(月)14:00〜16:00
【テーマ】この憲法で国家の危機を乗り越えられるのか!
―感染症・大地震・尖閣―
【オンライン中継】は下記からご覧になれます
(申込み不要・無料)
https://youtu.be/qtdCH23Unx4
※5/3以降も録画映像を視聴できます(予定)
※パソコンやスマートフォンで、ご家庭にてご視聴下さい

【登壇者】〔順不同〕
櫻井よしこ氏(ジャーナリスト、主催者代表)
下村 博文氏(自民党政調会長)
足立 康史氏(日本維新の会幹事長代理)
山尾志桜里氏(国民民主党憲法調査会会長)
河野 克俊氏(前統合幕僚長)
中山 義隆氏(沖縄県石垣市長)
松本  尚氏(日本医科大学教授)
井上  隆氏(日本経団連常務理事)
田久保忠衛氏(杏林大学名誉教授)
西   修氏(駒澤大学名誉教授)
百地  章氏(国士舘大学特任教授)


◆全国の多くの皆様に視聴戴けるよう、ぜひSNSなどでの拡散にご協力をお願い致します。
Twitter→ https://twitter.com/kenpou1000
Facebook→ https://www.facebook.com/kenpou1000/posts/2848788892001030

こちらからチラシがダウンロードできます。
https://xfs.jp/QYSyx
美しい日本の憲法をつくる国民の会
お問合せはこちら info@kenpou1000.org
メール解除はこちら d+1830u@ac-mail.jp
---------------------------------------------
■カンパへご協力をお願いいたします
 〜続々とカンパを頂いております
憲法改正の実現に向けた運動など力強く推進するために、
皆様方からのカンパを募集しております。

1、1口 1,000円 ※何口でも結構でございます。
2、お振り込み先

(1)ゆうちょ銀行 ※御礼として広報資料をお送りしますので、下記フォームより住所・氏名等お知らせ下さい。 https://kenpou1000.org/inquiry/
支店名 〇一九(ゼロイチキュウ)店
口座番号 当座 729574
口座名 美しい日本の憲法をつくる国民の会
(ウツクシイニッポンノケンポウヲツクルコクミンノカイ)

(2)郵便振替 ※お手数ですが、郵便局備付用紙をご使用ください。
口座番号 00100−4−729574
加入者名 美しい日本の憲法をつくる国民の会
(ウツクシイニッポンノケンポウヲツクルコクミンノカイ)

※郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:38 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
若者たちによる憲法イベント [2021年04月25日(Sun)]
「美しい日本の憲法をつくる国民の会」から
4/29(木・祝)若者たちによる憲法イベント

※20〜40代を中心に企画・運営する「憲法BlueWave」の主催イベントです。
オンラインでご参加可能です。
オンラインでご参加(ご視聴)ご希望の場合は、
下記から事前申込みをお願い致します。
----------------------------------------
【第4回TOKYO憲法トークライブ】 

世界各国を混乱に陥れている中国・武漢発の新型コロナウイルス。

各国が感染拡大を防止するため必死に対策を講じている最中、尖閣諸島周辺の水域への侵入や香港・ウイグルへの人権弾圧など覇権拡大の動きは激しさを増している。

彼らの目的とは一体何なのか!?

中国問題のスペシャリスト・石平先生が明らかにします。

会場とオンラインを組み合わせたハイブリッド開催!

テーマ:コロナ後の世界と日本の選択
日 時:令和3年4月29日(木・祝)
    14:00〜16:30
場 所:ワイム貸会議室四谷三丁目
    ※東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅 1番出口 徒歩1分
ゲスト:石 平 先生(中国問題評論家)


参 加:会場参加は30名限定(10〜40代まで限定)    
    オンライン参加(全国から参加可能、年代フリー)
参加費:会場参加は一般2000円、学生1000円
    オンライン参加は一般1000円、学生500円
◆申込方法 下記のURLからお願いします。
 【チケットを申し込む】ボタンから
https://passmarket.yahoo.co.jp/.../detail/0122ujwpxpj11.html
◆主 催:憲法BlueWave
以下のホーム−ページでこれまでの活動をまとめています。ぜひご覧ください。
https://peraichi.com/landing_pages/view/bluewave
連絡先:kenpobluewave@gmail.com
070-5579-3959
◆ご支援のお願い
「私たちの活動は皆様からのお志で支えられています。ぜひともご協賛賜りますようお願い申し上げます。」
郵便振替 00120─2─392513
名義 ケンポウブルーウェーブ
ゆうちょ銀行 019店(当座)0392513
--------------------------------
−「美しい日本の憲法をつくる国民の会」−
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:13 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
「第23回 公開憲法フォーラム」のご案内 [2021年04月15日(Thu)]
「第23回 公開憲法フォーラム」のご案内

美しい日本の憲法をつくる国民の会

5月3日(憲法記念日)に毎年開催してきた「憲法フォーラム」、
今年は、【会場での開催】と【オンライン中継】を同時に行います。

【会場参加ご希望の方】は、必ず事前の申込みが必要です
会場参加の申込み受付は(4/24まで)

【日 時】令和3年5月3日(月)14:00〜16:00
【会 場】東京・砂防会館別館1F大ホール
【テーマ】この憲法で国家の危機を乗り越えられるのか!
―感染症・大地震・尖閣―


【登壇者】〔順不同〕

櫻井よしこ氏(ジャーナリスト、主催者代表)
下村 博文氏(自民党政調会長)
足立 康史氏(日本維新の会幹事長代理)
山尾志桜里氏(国民民主党憲法調査会会長)
河野 克俊氏(前統合幕僚長)
中山 義隆氏(沖縄県石垣市長)
松本  尚氏(日本医科大学教授)
井上  隆氏(日本経団連常務理事)
田久保忠衛氏(杏林大学名誉教授)
西   修氏(駒澤大学名誉教授)
百地  章氏(国士舘大学特任教授)

憲法.jpg

【オンライン中継】は下記からご覧になれます
(申込み不要・無料)
https://youtu.be/qtdCH23Unx4

※5/3以降も録画映像を視聴できます(予定)
※中継は、パソコンやスマートフォンでご家庭にて視聴することが出来ます。

【会場参加ご希望の方】※事前の申込みが必要です
・会場参加費 1,000円(大学生以下500円)
・入場申込み方法(締め切り4月24日)
下記アドレスの「申込みフォーム」よりお申込み下さい。

https://kenpou1000.org/form/

感染対策を徹底します!


◆全国の多くの皆様に視聴戴けるようSNSなどでの拡散にご協力をお願い致します。

Twitter→ https://twitter.com/kenpou1000

Facebook→ https://www.facebook.com/kenpou1000/posts/2848788892001030

Posted by 余生を憲法改正に! at 07:23 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ