• もっと見る
« 憲法を考える | Main | 古里»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新コメント
令和6年、日本の最大課題は? [2024年01月16日(Tue)]
令和6年、日本の最大課題は?

◆ 戦後日本は米国の属国である。
真の独立は国民がそれを知ることから始まる

戦後日本は米国の属国である。妄想だと嗤う人もいるだろうし、戦後日本を卑下するものだと怒り出す人もいるかもしれない。
しかしこれは厳然とした事実なのだ。認めたいわけではないが、事実は事実として認めないとそこから抜け出すこともできない。

◆ 戦後日本がなぜこれほど歪んでしまったのか。それは未だに米軍に支配されているからだ。それを知った上で、その状態から真の独立を達成することが今後の課題だ。
まずは経済的に痛め付けられている国民を救うべきだと考えているが・・・

さて…日本は風呂桶の水を押し合うような仮想政治(ごっこ)をやっているが、すべては日米合同委員会で決まる。

◆ 1960年、日米地位協定で締結された合同委員会。それこそがすべての日本の政治・政策を左右する現実を国民がどうするか?

現状に甘んじて暮らすのか?
真の独立を目指すのか?

その選択、日本が日本人の手で日本のための土台づくり「自主憲法制定」の必要に気づくのかどうか?  緊急事態の一環として「憲法改正」をするのか?

それが令和6年の最重要課題だと愚老には思えてならない。
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:25 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
皇国を護る挙国一致内閣を [2023年10月14日(Sat)]
皇国を護るために挙国一致内閣への道をつくる

さて昨日13日の金曜日は? 救国・国家統治の手段として帝国憲法の一時回帰を書き込んだが、アレルギー反応で炎上することは目に見えている。
しかし、日本有事が避けられない様な国際状況を見るにつけても、憲法改正が必要で有る。
改正を選択するのは「間に合わない」からであるが・・・

それさえも国会の体たらくで「間に合わない」気がしてならない。

次なる緊急避難的国防は「挙国一致内閣」の発足でしか無い。
ミサイルが撃ち込まれて、彼の国からの侵略軍が地上戦として乗り込んできた場合は立ちどころに滅びそうなのが今の日本である。
成すすべが無い・・・成すすべは憲法違反なのである。

国家危急のおり、与野党で議論し、挙句は審議拒否なんて馬鹿げた事を繰り広げるのが日本の政治家ではないか????と言う絶望感に襲われる。

国会与野党は、直ちに国家国民を護るための「挙国一致内閣」発動への道をつくるべきである。

それさえも反対する勢力は…否、反対でき得ない強力な法律の制定である。
切に願う!
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:36 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
台湾有事による国会機能麻痺と臨時憲法発令! [2023年10月13日(Fri)]
台湾有事による国会機能麻痺と臨時憲法発令!

憲法改正が反日野党やマスコミ及び与党内に巣食う隠れ左派の暗躍により進まない。
そこに台湾攻撃による日本有事が発生して国会が機能しなくなり国壊目前となった時にどうするのか?
大都市直下型大地震に襲われて、も同様に国会が機能しなくなった。
さてどうするのか・・・

愚老思うに、すかさず臨時憲法即発令に基づいて、与党執行部、或いは一部有資格者国民による国家統治に移ることができるとする法律を準備して置く。

有資格者国民とは、裁判員制度の応用である。
臨時憲法は、現憲法棚上げと「帝国憲法」の一時利用である。

自主憲法制定が有るべき姿だが、改憲さえ進まない今、残された道!
皇国の興亡はまさに帝国憲法の復活である。

本来ならば、サンフランシスコ講和条約締結時に、占領軍条約を破棄して一度帝国憲法に戻して置くべきだったものである。

吉田内閣は経済優先のために、国家統治をGHQや近隣諸国に委ねてしまった。

時は今!
敵は本能寺ではなく「彼の国」と反日野党及びマスコミに他ならない。

13日金曜日・・・真昼の決闘!・・・愚老の考えることは恐ろしいことだろうか?・・・・・・・・

今の政治体制では憲法改正はおろか!
国家統治ができずに民族殲滅への奈落の底しか思いつかないのである。

Posted by 余生を憲法改正に! at 12:57 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
改憲なくして「様々な立法行為ができない」 [2023年05月04日(Thu)]
報道されず公民で教えない〜国民が知らない「改憲」が必要な理由。
「様々な立法行為ができない」ため。
小坪しんやのHP|行橋市議会議員 (samurai20.jp)

https://samurai20.jp/2023/05/kaiken-10/?fbclid=IwAR0U6CrBmPXtiAf7yG8vy5Ox5te_ezakm41I8s5f85aJsepnwXXVybUOOJ8

市区町村が制定する条例は、法の上に。そして我が国の法律は、憲法の上に成り立っている。ようは、住宅における「基礎」みたいなものであり、改憲を行わねば制定できない法律がある。基礎知識と述べたのは、ここだ。

端的に言う。
「憲法に緊急事態」を明記しないと、関連する立法行為ができない。例えば休業補償であったり、国民それぞれへの給付処置であったり。ここまでの事実上の有事になった際に、”どうするのか?”という取り決めをしておく必要がある。これらの法整備は、憲法を改正しないと制定できない。繰り返すが、法整備はできない。(本当は。)

たかだが憲法に一条を追加したぐらいで意味があるのか?と言えば、ある。法をベースに条例を作るように、法とは憲法の上につくるもの。
土台がないのに立法行為はできない。空中に家を建てるようなもので、やれないものはやれないんだ。

コロナ禍における緊急事態を思い出して欲しい。

特別定額給付金でもトラブルが起きた。通帳の写真をアップする仕様だったのだが、スマホのカメラの解像度の上昇を加味していなかったのだろう、送信された画像の処理が遅延したことも一因で、SPEC不足も原因と指摘されている。そんなバカなことを笑うか(または怒るか)もしれないが、法がない以上は「通常業務とは異なる、ぶっこみ仕事」として実施された。法がなければ、条例などで業務マニュアルに落とし込むことができない。あのトラブルは、ある意味では仕方なかった。

雇用調整助成金。実態としての休業補償として運用された。既存制度の魔改造でやったというのは、緊急時においてはよくやったとは思う。けれど開始時の上限額は8000円ちょっと。20日稼働として16万円ほどが対象。本来は申請が非常に難しく、書類が大量に必要であり素人では対応は不可能なレベルだった。ハードルを下げれば正解というものでもなく、すでに既存の制度として回っていたものゆえ、下げ過ぎれば不正の温床にもなりかねない。実際に犯罪も起きた。

なぜ憲法を改正する必要があるか。
もう一度、言う。
私が言いたいのは「緊急事態に付随する様々な立法行為」が、憲法を改正しないとできないという点。
Posted by 余生を憲法改正に! at 05:34 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
日本の誇り 安倍晋三 [2023年04月24日(Mon)]
日本の誇り 安倍晋三

今こそ「9条への自衛隊明記」「緊急事態条項の創設」を 
「あの前文の醜さ…」忘れられない!

◎ 石原慎太郎氏との最後の憲法論議  2022.6/18


さて、2月に死去された元東京都知事で作家の石原慎太郎氏のお別れの会が9日、都内のホテルで開かれた。私は、石原氏にとって「最後の国会討論の相手」であり、発起人を務めさせていただいた。2013年2月12日、衆院予算委員会での憲法論議は忘れられない。

・石原氏はまず、「この国を今日の混乱、退廃に導いた大きな原因は現行憲法だ」「戦争の勝利者が敗戦国を統治するために強引につくった既製の基本法が、数十年にわたって存続している」と言われた。

私も「現行憲法は1946年の占領時代、マッカーサー元帥が、ホイットニー民政局長に命じて、(24人の米国人によって)ほぼ8日間でつくられた」などと、その制定過程の疑問について語った。

石原氏はその後、
「あの前文の醜さ何ですか」などと、「助詞の間違い」や、「絶対平和という一種の共同幻想」といった問題点を指摘して、「この憲法をできるだけ早期に大幅に変えて、日本人のものにしていただきたい」「いかなる協力もする」と強く訴えられた。

物議を醸すことを恐れない方だった。挑戦的、刺激的な発言を続けながらも、誰からも愛された方だった。「石原氏がいない日本はつまらなくなる」。私を含めて、多くの方はそう思っているのではないだろうか。

現在、自民党主催の「憲法改正の早期実現」を目指す大会が、全国各地で開催されている。私も12日、大阪でのセミナーに講師として出席した。当初、参加者1800人の予定が、3000人近くも集まった。国民の方々の憲法改正への熱気を感じた。

この国民的な要請に、政府・自民党は応えなければならない。今こそ、
・「憲法9条への自衛隊明記」や
・「緊急事態条項の創設」など、

国民の生命と財産を守るための改正を進めなければならない。

天国の石原氏から「何を、もたもたしているんだ!」という叱咤(しった)の声が聞こえてきそうだ。 (自民党衆院議員・安倍晋三)
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:40 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
公明党、自民の9条改憲案に反対を表明 [2023年04月21日(Fri)]
公明党、自民の9条改憲案に反対を表明
(愚老→早急な憲法改正と9条改訂が必要と訴える)

『自民は9条1項(戦争放棄)、2項(戦力不保持)をそのまま残し、「9条の2」を新設して自衛隊を明記する条文案をまとめている。「9条の2」に、9条の規定に関して「必要な自衛の措置をとることを妨げず」と記述している。

 北側氏はこれについて「(自民側は)『妨げず』はあくまでも(戦力不保持の)9条2項の範囲内にあると述べているが、『妨げず』を例外規定として使用する法律は数多くある。9条2項の例外規定と読まれる余地を残すことになり、賛成できない」と主張した。公明は自民の条文案では、自衛隊の活動が際限なく拡大しかねないと警戒している。【加藤明子、畠山嵩】(毎日新聞23年4月21日)』
 
『与党筆頭幹事の自民の新藤義孝氏は「本来であれば国防規定とその担い手である自衛隊を定めた上で、実力行使のあり方を規定するのが最高法規としてのあるべき姿ではないか」と主張した。「憲法が国の土台となるべき国防規定とその担い手に関する規定を置いていないのは、占領下という独立と主権を失い、武装解除により国防を担う実力組織を持っていない状態で制定されたという特殊な経緯があったからに他ならない」とも強調した。

日本維新の会の小野泰輔氏も「自衛のための実力組織という特殊性、独自性に鑑み、平和の維持を定めた9条に自衛隊を書き加えることが適切だ」と足並みをそろえた。

これに対し、公明の北側一雄氏は「自衛措置の限界は堅持した上で、国防規定とその担い手である自衛隊を明記し、シビリアンコントロール(文民統制)を明確化するのであれば、内閣の章の72条、73条の内閣総理大臣や内閣の職務に追加規定を設けた方が目的に合致する」と訴えた。
 
(愚老→早急な憲法改正と9条改訂が必要と訴える)

『自民は9条1項(戦争放棄)、2項(戦力不保持)をそのまま残し、「9条の2」を新設して自衛隊を明記する条文案をまとめている。「9条の2」に、9条の規定に関して「必要な自衛の措置をとることを妨げず」と記述している。

 北側氏はこれについて「(自民側は)『妨げず』はあくまでも(戦力不保持の)9条2項の範囲内にあると述べているが、『妨げず』を例外規定として使用する法律は数多くある。9条2項の例外規定と読まれる余地を残すことになり、賛成できない」と主張した。公明は自民の条文案では、自衛隊の活動が際限なく拡大しかねないと警戒している。【加藤明子、畠山嵩】(毎日新聞23年4月21日)』
 
『与党筆頭幹事の自民の新藤義孝氏は「本来であれば国防規定とその担い手である自衛隊を定めた上で、実力行使のあり方を規定するのが最高法規としてのあるべき姿ではないか」と主張した。「憲法が国の土台となるべき国防規定とその担い手に関する規定を置いていないのは、占領下という独立と主権を失い、武装解除により国防を担う実力組織を持っていない状態で制定されたという特殊な経緯があったからに他ならない」とも強調した。

日本維新の会の小野泰輔氏も「自衛のための実力組織という特殊性、独自性に鑑み、平和の維持を定めた9条に自衛隊を書き加えることが適切だ」と足並みをそろえた。

これに対し、公明の北側一雄氏は「自衛措置の限界は堅持した上で、国防規定とその担い手である自衛隊を明記し、シビリアンコントロール(文民統制)を明確化するのであれば、内閣の章の72条、73条の内閣総理大臣や内閣の職務に追加規定を設けた方が目的に合致する」と訴えた。
 
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:27 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
9条の在り方について憲法審でもしっかり審議すべき [2023年03月18日(Sat)]
■「9条の在り方について憲法審でもしっかり審議すべき」

◎◎◎ 3月16日衆議院憲法審査会において自民党の小林鷹之委員が、「憲法9条の在り方についても憲法審の場でしっかりと議論していくべき」と問題提起しました。
緊急事態条項に関しては論点整理が進み、論点ごとに主張の相違点について議論を深める方向性で取り組みがはじまりましたが、次の大きな論点として、「国を守るという国家として最も重要な点について、国の最高法規に実効的な規定が存在しないのは大きな問題」であると指摘したのです。
維新、国民、公明、有志の会は、緊急事態に関する各論点について議論を深めましたが、

立憲民主党は、緊急事態条項についてはまったくスルーし、専ら自ら主張する「国民投票法」のお「不備」について独自の議論を展開しました。

「○自由民主党の小林鷹之です。
(昨年12月16日に閣議決定された)国家安全保障戦略(※1)には三つの国益が明記されています。そのうち最も中核的な国益は、「我が国の主権と独立を維持し、領域を保全し、国民の生命・身体・財産の安全を確保する。」ことだと考えます。この国を守るという国家として最も重要な点については国の最高法規に実効的な規定が存在しないのは、国のガバナンス上、大きな問題だと考えます。

内閣政府広報室が昨年末に実施し、今月公表した自衛隊・防衛問題に関する世論調査(※2)によれば、
自衛隊に対して32.3%の方がよい印象を持っている、58.5%の方がどちらかといえばよい印象を持っていると、9割を超える方が肯定的に回答しています。なお、どちらかといえば悪い印象を持っているは4.4%、悪い印象を持っているは0.6%です。

こうした状況においても、合憲という憲法学者は少なく、中学校の大半の教科書が自衛隊違憲論に触れています。
また、自衛隊を違憲としながらも、急迫不正の主権侵害が起こった場合には、自衛隊を含めてあらゆる手段を行使し、国民の命と日本の主権を守り抜くと、立憲主義と相反するような主張をする政党もあります。
防衛は国家権力の発動の最たるものだからこそ、私は、憲法上、明文の規定があるべきと考えます。(中略)

東日本大震災当時、統合幕僚長として自衛隊の指揮に当たった折木良一さんは、近年、自衛隊の憲法上の地位についてコメントしています。自衛隊の活動を根本で支えるものは2つある、1つは国民の理解と信頼、もう1つは国の支えである、真剣に議論して、最終的に国民の判断を仰ぐプロセスを私は絶対に進めるべきだと考える、このように指摘しています。
論点が整理されてきた緊急事態条項に加えまして、憲法9条の在り方についても憲法審の場でしっかりと議論していくべきと考えますので、会長、幹事の皆様にはお取り計らいをよろしくお願いをいたします。

国家安全保障戦略について | 内閣官房ホームページ (cas.go.jp)
https://www.cas.go.jp/jp/siryou/221216anzenhoshou.html

「自衛隊・防衛問題に関する世論調査(令和4年11月調査)」概略版 (gov-online.go.jp)
https://survey.gov-online.go.jp/r04/r04-bouei/gairyaku.pdf

憲法改正チャンネル
「自民党小林鷹之:自衛隊が国民の9割肯定されているのに、
違憲とされる現状なら、しっかりと憲法に規定すべきでは
憲法改正を強く望みます
https://twitter.com/KAIKEN_CH/status/1636631180643807232
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:21 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
緊急事態条項で自民が8つの論点提示 [2023年03月11日(Sat)]
緊急事態条項で自民が8つの論点提示 議論深化へ
2023/3/9 −産経新聞−

自民党は9日の衆院憲法審査会で、公明党や日本維新の会、国民民主党などとともに新設の必要性を訴えている「緊急事態条項」を巡る8つの論点を提示した。通常国会で議論を深化させ、憲法改正案の取りまとめにつなげる狙いがある。一方、立憲民主党は同条項の新設に改めて慎重な構えを示した。

憲法審の冒頭、与党筆頭幹事を務める自民の新藤義孝元総務相が、緊急時の国会議員任期延長期間の上限や緊急政令・緊急財政処分の必要性などの論点を提示した。その上で「各会派との意見交換を行い、より議論を深めていきたい」と述べた。

公明の浜地雅一氏は東日本大震災の発生から11日で12年を迎えることや、最近の新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)などを踏まえ、議員任期延長の議論は待ったなしだと主張。「『鉄は熱いうちに打て』『喉元過ぎれば熱さを忘れる』ではないが、この時期を逃しては国会機能の維持という、民主主義の根幹に関わる問題に一定の結論が出せないことになることを危惧している」と訴えた。

3月中をめどに共同で同条項に関する見解をまとめる方針で合意した維新と国民民主も与党に同調し、改憲勢力の議論はかみ合った印象を残した。

一方、立民の奥野総一郎氏は同条項について「いろいろな議論が棚上げになっている。拙速に進めることは反対だ」と強調。憲法に規定されている「参院の緊急集会」との兼ね合いから、参院憲法審と合同で議論することを提案した。また、立民の篠原孝氏は維新と国民民主などの連携について「褒める気にはならない」と不快感をあらわにした。

dWtlbnBv-1-(-17)-1-1678444583.jpg

ただ、立民の振る舞いは他党の共感を得られていない。
◆ 「護憲派を抱える立民といくら話しても憲法改正は前に進まない。


(改憲の是非を問う)国民投票へのカウントダウンが始まった」。維新幹部は野党第一党をこう突き放した。

◎ 参考資料
新藤義孝氏・配付資料(令和5年3月9日 第2回憲法審査会)
https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/2110309shindo.pdf/$File/2110309shindo.pdf
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:11 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ