CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«車いすの当り屋 ?? | Main | 小室某選択は皇室、否、日本滅亡の入り口»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
処理水の放出 良し! [2021年04月14日(Wed)]
やっと放流、ここまで時間がかかりすぎた | パチンコ屋の倒産を応援するブログ (pachitou.com)

小泉進次郎環境大臣は肝心の課題から逃げ回り、
菅義偉総理が自ら処理水の放出を決定しました。


そして案の定中韓が文句を付けてきています。
特に韓国は「協議のない汚染水の海洋放出は認められない!」と主張。

そもそも韓国と協議する理由も根拠もありません。
それなら韓国が日本海に垂れ流しているトリチウムはどうなんじゃい
日本に許可取ってんのか?
という話ですし、
韓国が相変わらず続けている産廃の海洋投棄は日本海もその投棄場所になったままです。

日本海を汚してきたくせに何様のつもりだと。

事故前での福島第一原発におけるトリチウムの放出量は
年間平均2兆ベクレルでした。

こちらの経産省が出している表を見ればわかりますが、
韓国は約50兆ベクレル。

中共は原発を増やしている最中ですが、
2002年のデータでも42兆ベクレルを放出していることがわかります。

だいたいトリチウムはどこの国も流してますが何か?
ってな話でなんの問題があるのか、
IAEAだってお墨付きですよ。

風評被害を拡大させて日本の水産業や農業、そして輸出に支障が出れば
特に儲かるのは中韓ですからね。


一方、米国政府は

【処理水放出「世界基準に合致」 米政府が評価】
【ワシントン時事】米国務省のプライス報道官は12日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決定したことについて声明を発表した。「独特で困難な状況において、日本は透明性を保ち、世界的な原子力安全基準に合致した手法を採用したようだ」と評価した。
 声明は、処理水の扱いに関し「日本政府が幾つかの選択肢と影響を比較考慮したことを米国は認識している」と説明。海洋放出の有効性を監視するため「継続的な調整と意思疎通」を日本に求めた。ブリンケン国務長官もツイッターで「透明性ある取り組みに感謝する」と表明した。
(2021/4/13 時事通信)


トリチウム各国排出データ-1024x705.jpg
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:40 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント