CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「同一労働同一賃金・・・」??? | Main | 日本の歴史下⇔韓国»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新コメント
期待を込めて「朗報二つ [2021年04月02日(Fri)]
期待を込めて「朗報二つ」

祝! 「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書検定合格!

http://blog.livedoor.jp/hanadokei2010/archives/5250199.html

去年、それまでは存在しなかった「一発不合格」という文部科学省の制度によって一度は不合格とされていた「新しい歴史教科書をつくる会」推薦、「自由社」制作の中学歴史教科書が修正を経て検定に合格しました。

これから各自治体や学校で採択の段階に入ります。しかし、
なぜ「一発不合格」などという奇妙な制度ができたのかということについての文部科学省の説明はありません。

「一発不合格」というのは、どういう制度なのでしょうか?

〇 高池会長は記者会見で「検定制度の抜本的改革を!」と訴えました。高池会長は以下の四項目の改革が急務だとおっしゃいました。

1. 検定審議会の議事録の作成と公開

2. 教科書調査官の任用を国会の「承認事項」とすること。

3. 教科書調査官に「任期制」を設けること。

4. 「生徒が誤解する虞がある」などという、曖昧な検定基準を廃止する




櫻井よしこ氏らから意見聴取へ 政府の皇位継承有識者会議 - 産経ニュース (sankei.com)

https://www.sankei.com/politics/news/210401/plt2104010038-n1.html

政府は1日、安定的な皇位継承策を議論する有識者会議(座長・清家篤前慶応義塾長)の第2回会合を8日に首相官邸で開くと発表した。ジャーナリストの櫻井よしこ氏や麗沢大の八木秀次教授(憲法学)ら5人の専門家から意見を聴く。

 有識者会議は3月23日の初会合で、旧宮家の男系男子の皇籍復帰や養子縁組に関する考え方など10項目について専門家からヒアリングを行うと確認した。

 8日はジャーナリストの岩井克己氏、皇学館大の新田均教授(神道学)、慶応大の笠原英彦教授(日本政治史)も意見を述べる。聴取対象の専門家は最終的に20人程度を想定している。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:11 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント