CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«マスコミに翻弄されているうちに「日本は失くなります」 | Main | 韓国の反日運動の隠れたキーマンが自殺した?»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
災害列島日本に思う! [2020年07月09日(Thu)]
災害列島日本に思う!

最近繰り返される強地震・・・
繰り返される大水害!
富士山・火山爆発の恐怖・・・

予想される大災害や気象変動による水害等々インフラのみでは追いつかない事態になってきたようだが、
「政治、国会は機能せず」→ 相変わらず審議拒否・職場放棄、罵りなじり合い!

政治家は週刊誌片手にスキャンダル探しが仕事になってしまった・・・
中国による日本解体、属国化を隠さない。日本消滅の危機にも、目を向けず!
国家国民の命の危機をさえ!
問題視しようとせず、綺麗ごとに終始する国会議員・・・
地方に至ってはもっと醜く「痴呆」現象・・・(言い過ぎ、おもさげねがんす)

政治の世界に与野党が存在するのは活力の維持のためには必要かと思うが、
現状では「野党のやり方は国難」でしかない。

与野党で「日本を護る」ための政治に取り組むうえでの政策論争であるべきなのですがね?


で・・・国家論はさておき、
国民論!

頻繁する災害に国民はどうするべきか・・・

以下は−美しい日本−さんのブログです・・・

◆「治水対策だけでは防げない最近の異常な豪雨には、自助、共助が決定的に重要」

自己責任でどう避難したらいいか、あらかじめ考えておいてそれを実行するしかありません。
 一般的に災害時においては、自助、共助、公助の順で防災に当たる、というのが原則です。高齢者施設の人たちや子供は別として、なんでも行政に頼るという考えは捨て去り、まず自分で自分を守る、又近所の人たちで共同で守るという精神が必要でしょう。

http://japanhascomet.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-ef42d8.html
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:48 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント