CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«反日野党とマスコミのいつもの手法! | Main | 緊急事態を想定していない憲法、国会は真剣な憲法論議を»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新コメント
高齢大国の日本、都市封鎖なしでなぜ?  [2020年05月27日(Wed)]
高齢大国の日本、都市封鎖なしでなぜ? 欧州メディアが低い死亡率分析
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-11507.html

◆ 欠陥憲法に世界が驚嘆!

「日本の憲法では個人の自由が守られており、政府は強制措置はとれなかった。自粛要請でも、国民は従った。社会的圧力もあった」と背景を伝え、外出禁止令で違反者に罰金を科したフランスとの違いを伝えた。

フランスなどは今回のコロンウィルスにより、日本がロックダウン(都市封鎖)ができないことを驚きをもつて報道しているという。つまり、憲法に緊急事態条項が明記されていないからだ。

しかし、日本人は法律がないからできないとの認識であって、憲法に緊急事態条項が明記されていないからだとの認識はほとんどないに等しい。なぜなら、だれも報道しないからである。

しかし、これは大変なことで、大正時代の関東大震災級の地震が起こったら国会も機能しないこととなり、国会は開くこともできず、補正予算も組むことができない。

一方で、首都直下型地震や南海トラフ大震災は30年には必ず起こると政府は警戒しているが、まったく、憲法審査会では、議論さえもできない。まったく暢気である。

このコロナウイルスの時期にあってもである。だれがこの責任とるのか。とれるのだろうか。大震災の際に、支給が遅いとか、などの次元の問題ではなく、国家機能はマヒし、機能不全に陥ることをしるべきだ。

その時の政府、緊急事態条項がない場合は、超法規的に予算を組むのだろうか。これはまさに無政府状態に近い、無秩序な国と化する。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:40 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント