CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«習主席の国賓来日中止求める | Main | 捏造報道マスコミの実態!»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
粗悪品マスクを買わないために! [2020年05月20日(Wed)]
「最近はコンビニでマスクが買えた、という声を聞くようになりました。大手は基本的に、一定の基準を満たした製品しか仕入れないようにしているそうです。

その基準とは

(1)日本衛生工業連合会の「全国マスク工業会マーク」がついている商品、

(2)BFE(バクテリアろ過率試験)3・0um、
VFE(生体ウイルス遮断効率試験)0・1〜5・0um、
PFE(ラテックス微粒子遮断効率試験)0・1um

の3つの品質をクリアしているかどうか、です」(同)

 パッケージに工業会のマークがある、もしくは上記3品質についてきちんと明記されているか否か、がポイントだという。

「これを踏まえて世間に出回っているマスクを見ると、

個人店で売られている中国製のマスクには、どの要素も書かれていないことが少なくありません。

大手のドラッグストアも上記の基準を設けているようですが、有名ドラッグストアで売られているといえども油断はできません。

私が某ドラッグストアで見たのは『BFE』『PFE』について記載はあっても
『VFE』については触れられていない製品でした」(同)

 いささか乱暴かもしれないが、大手コンビニで売られているマスクであれば比較的安心できる、といった結論になるだろうか。(※店舗が個別で仕入れている例外もアリ)


 もっとも渡辺氏にいわせれば、「使い捨ての高性能マスクは医療や介護従事者、花粉症や病気で必要としている人に回し、

一般消費者は『アベノマスク』などの繰り返し使用できる布マスクを活用すべき」。それでも不織布マスクがいいという方は、“安物買いの銭失い”にならないよう、参考にされたい。
Posted by 余生を憲法改正に! at 12:51 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント