CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«反検察庁法改正の「釣り」に引っかからない当たり前の極意 | Main | 日本の漁家のみなさんと、国土、尖閣諸島を護る»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新コメント
日本と韓国の文化の違いなそうです・・・・ [2020年05月20日(Wed)]
韓国紙「約束を破るのが韓国文化!約束を最優先するのが日本文化!約束の差を理解し経済報復するな
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7896.html


翻って
文化の違いは
日本国内でも「与党と野党」間にもありますね・・・
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3835.html

もう一つの文化の違いは野党内にもあった・・・
今回のマスコミと特定野党による倒閣運動もまた失敗であった。
あまりにも無理筋であったからだ。「#検察庁改正法案に抗議します」というのが
スパムであったことがばれたし

安倍首相と黒川東京高検検事長とが仲間であったという印象操作も、
立憲民主党の有田芳生参議院議員や評論家の江川紹子さんらによって否定されてしまった


▼検察の捜査から身を守るために、安倍首相が懇意にしている黒川を検事総長にしようとしていると騒げば、すぐに反応する国民がいるのを知っているから、攻撃の材料にしたかっただけなのである。

日頃は目の敵にしているネットにまで手を出したわけだから、用意周到に準備されていたのは明らかだ

▼マスコミや特定野党は身内から反証されるとは思ってもいなかっただろう。
取り調べの可視化を実現させたのが黒川東京高検検事長であり、安倍首相とべったりでないのを知っていたから、有田参議院議員と江川紹子さんは、黙っているわけにはいかなかったのである
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:30 | 祖国の文化 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント