• もっと見る
«もはや暴動領域・・・ | Main | 日本人が目覚める»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
蓮舫の未来? 有り得ない [2024年06月23日(Sun)]
蓮舫の未来?

蓮舫営が“敵の本丸”八王子に殴り込み! 猛烈「#萩生田百合子」批判の大合唱
日刊ゲンダイ

萩生田批判の大合

都知事選2日目の21日夕、蓮舫候補がJR八王子駅北口で街頭演説。
小池知事を支援する自民党の萩生田光一都連会長の地元で猛烈な「萩生田百合子」口撃を展開した。・・・・?????????????

※ 批判・噛み付きで政治が良くなるのか?
答えはNOです。
本当の希望は、これから起こる未来のことです。過去への希望なんてありません。
良い未来がやってきて貰えるところに「今(現代)の希望があります。
未来は現在の向こう側にしかないのです。
誹謗中傷、声を張り上げて罵りを1000年続けても希望ある良い未来は訪れません。

未来への希望というのは、今この瞬間に前向きに何とか少しでも今のこの状況を改善し、良い方向に持って行こうとして皆が努力し、その皆の思いが皆の合意となって、そして皆の意見として、皆の考え方として、皆の思いとしての集合意識の向こう側にあるものです。

みんなで現在を真剣に戦った先にこそ、今より少しでも良い未来があるのです。

・・・「希望ある日本の再生」小名木先生の序文の一節です・・・
人間の尊厳、人格の罵るだけの攻撃だけでは、汚れた未来しか訪れません!


供託金を払えば何でもできると言わんばかりの、無秩序で不埒な政党や候補者が跋扈する都知事選だが、例えば安全保障分野のような、都民や首都を守るための骨太な議論もしてもらいたい。
都知事選を利用するバカどもにかまわず、骨太の議論を。



さて・・・・

☆ 天皇陛下のご訪英で、世界の歴史が変わる。日英同盟

※ 日本は天皇がしらす国、なんです。メーリングリストの主宰者さんは、実はこうも言うてはります。愛子内親王殿下は、天皇陛下のお導きによって旧宮家の方と結婚される、と。そして男子をもうけてそのお方が天皇になるんや、と。主宰者さんは形を変えた「愛子天皇」論でもええ、とまで言うてはります。うーむ。これならサヨクも文句言われへん?

 いやいや、私は旧宮家の皇籍復帰が先やと思うんですがね。いずれにしても今の「皇室会議」には肝心の天皇が排除されています。こんなん、ぜったいおかしい!そんなものに従う必要はないんです。皇室のことは天皇陛下を中心に、皇室ご自身で決める、それが二千年以上続いた伝統なんや。

 私ら下々の国民がどうこう言える話やあらへん。そしてそうやって天皇陛下が日本を、世界を救ってくれはるんかも知れません。その第一歩が今日、しるされたんかも知れません。実り多きご訪英になることをお祈りしましょう。


Posted by 余生を憲法改正に! at 06:14 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント