• もっと見る
«歴史とは! | Main | 上川さん・・・一抜けたぁ〜・・・»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
日本派保守の政治家をこそ! [2024年04月26日(Fri)]

今待望されているのは日本派保守の政治家だ
2024年04月25日 安全保障  −草莽隊日記−
 現在の保守は親米派、親中ロシア派、さらには日本派の三つに大きく部類されます。それぞれに言い分があるのは分かります、米国を始めとする欧米との関係を重視しなければ、日本は困難に直面するというのは、まさしくその通りです。隣国に中国があることは無視できないし、ロシアとの連携を強化すれば、我が国のメリットが大きいことは確かです。

 しかし、親米派は米国が国家として没落しつつあることを認識していません。それでも最後の砦がイスラエル擁護であり、その一点は今後も変わらないでしょうが、東アジアからは手を引こうとしています。もはや米国依存ではいられなくなっているのです。

 親中ロシア派の人たちは相手を信用し過ぎます。力に対して力で対抗しなければ、もはや日本は飲み込まれてしまいます。昨日の香港は、今日の台湾であり、明日の日本の姿なのです。

 残された選択肢は日本派保守しかありません。国土が戦場にならないためには、4カ月で可能ともいわれる核保有は、もはや避けては通れなくなっています。

日本が自立した国家となり、混乱した世界の中で、自由と民主主義を守る国際的な役割を果たす時代が到来したのです。それは戦前への回帰ではありません。1億2千万人の日本国民の命を守ることなのです。

 エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、サミュエル・ハンチントン、ヘンリー・キッシンジャーなどの欧米の識者が指摘している通りなのです。

 今回の衆議院補選ではどこの政党もそうしたことを語ってはいません。せいぜい「裏カネ」といって自民党を批判しているだけです。

 日本派は高度な政治的判断をしなくてはなりません。日本保守党は素人集団であっては困ります。

自民党、維新の会、国民民主党のなかの日本派の政治家を応援しなければなりません。


世界を支配している者たちが誰であるかよりも、日本国民の命を守ってくれる力こそが求められているのです。お互いに罵倒しているときではないのです。

※ 胡散晴らし的裏金追及の「裏魂胆 日本潰し」にご注意! を・・・・・
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:48 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント