• もっと見る
«上川陽子、クルド人の祭りに祝賀メッセージ | Main | 日本のために働く政治家かどうか»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新コメント
岸田さんは高市さんに総理後継者指名をせよ! [2024年03月24日(Sun)]
安倍元首相がテロリストによってこの世の人でなくなってからは、
保守派としてのまとまりに欠けるようになった。
そこで人気を博するようになったのが、より過激な主張する人たちであった。
そして、いつの間にやら、
左翼以上に自民党批判を繰り広げるようになった。

もともと保守派は温厚な人の集まりであるから、それに背を向ける人たちも出てきている。

 当初は反左翼で一致していたのに、保守派同士の主導権争いに明け暮れている。岸田首相の節操のなさが原因ではあるが、新党まで立ち上げて騒がれると、高市早苗さんを女性初の首相にしようとする自民党内の勢力との亀裂が生じてしまった。

 それで喜ぶのは自民党内の親中派や親米派なのである。

我が国は核武装も含めて重大な岐路に立たされている。保守派が四分五裂することで、岸田下ろしをできずにいる。

 こうなれば岸田首相に決断を求めるしかない。

後継に高市さんを指名し、今日にでも高市さんを官房長官にして、リベラル色を一掃して、保守色を鮮明にするのである。

そこまでしなければ、自民党は終わる。自民党が終わろうが終わるまいがどうでもいいいが、日本が終わってしまっては困るのである。それをやれば岸田首相は歴史に名をとどめることになるだろう。まず難しいとは思うが、それが日本を救うことになるのである。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:09 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント