• もっと見る
«小野田紀美議員 に期待する | Main | 凶悪犯罪「元総理暗殺事件が報道されなくなった」»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
米英の情報機関さえも安倍氏暗殺への日本の対応に疑念 [2022年08月19日(Fri)]

米英の情報機関さえも安倍氏暗殺への日本の対応に疑念を持っている。
統一教会隠れ蓑作戦!

中国が、いかに安倍氏を恐れていたか。驚愕(きょうがく)情報を報告する。以下、日米情報当局からに入手した情報だ。
 「中国は『安倍氏を台湾に行かせるな。強行するなら報復する』と、日本を水面下で脅迫していた。中国やロシア、北朝鮮の工作員まで動いていた。安倍氏も、官邸も、警察当局も把握していた。一方で、奈良県警の手抜き警備≠ヘ前代未聞だった」
 米国や英国など、各国の情報機関は、安倍氏の暗殺を「山上容疑者の単独犯行」
で終わらせようとする日本の当局に、重大疑念を持っている。

マスコミの異様な「統一教会」騒ぎ。
しかも話の元はと言えば、奈良県警がリークした山上容疑者の話だけ。
予めストーリーを仕込んでいたと考えてもおかしくない異様さ、そして早くから言われているのが「中国」の関与?

 安倍元総理は李登輝さんの命日である7月30日に台湾を訪問することが決まっていたが、これに対して「中国」はもの凄い警告を発していた。

【大拡散】郭 文貴氏
●安倍氏暗殺に駐日中国大使館が深く関与
●安倍氏のペロシと一緒に台湾訪問中止を要求
●あらゆる手段で阻止すると安倍氏や日本政府を脅迫

【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む闇∴タ倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか (1/3ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

https://www.zakzak.co.jp/article/20220802-5KWKSYSHGFNAZKSUADUFN56KMM/



Posted by 余生を憲法改正に! at 06:52 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント