• もっと見る
«心肺停止の中国 | Main | 神仏への信仰心こそ国家の基本!»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新コメント
ここまで人は醜くなれるのか? [2022年08月07日(Sun)]
◆ 責任を取らず、真相隠蔽さえ疑われる警察庁 

事件の起きた奈良の県警本部長・・・話にならない。

第一、これだけの事件だったのに、まだ誰も責任を取っていない。

第二、奈良県警本部長も警視総監も警察庁長官も、その上に立つ二之湯国家公安委員長も。本当は担当大臣は辞めなければいけない。

第三、これから事件を検証して、その後で責任を取ると言っても遅いのではないですか。警察側も警備に問題があったことは、もう認めている。それなのに、これから検証をして、それから警察庁長官が辞めるのですか。こんなバカげた話はないと思う」

◆ そして・・・人の心を無くした民衆!

安倍元総理が銃撃されて一か月、ここまで人は醜くなれるのか?という現実を突きつけられて非常に悲しいですね。
人の死を悼む心を持たない人々、
広島で騒音妨害している人物らも同じなのでしょうね。恐らく・・・

◆ 国葬儀

さて、安倍元総理の国葬は支那の中共に多大なダメージを与えるとして習近平が阻止したがっているようですね。

安倍流「留魂録」を恐れる中国

凶弾に倒れた安倍晋三元首相に対する数ある論評の中で、中国要人たちの胸元に鋭く刻まれたのは、昭恵夫人が葬儀の際に述べた挨拶だったかもしれない。

☆☆☆☆☆ 「政治家としてやり残したことはたくさんあったと思うが、本人なりの春夏秋冬を過ごして、最後、冬を迎えた。種をいっぱいまいているので、それが芽吹くことでしょう」 ☆☆☆☆☆

この一節は、元首相が尊敬していた幕末の志士、吉田松陰の事績を咀嚼(そしゃく)したものと言われているが、

同郷の偉人である松陰は、獄中で処刑を覚悟し、松下村塾の門弟に向けて『留魂録』を遺(のこ)していた。

安倍元総理が行ってきた対中戦略、ダイアモンドセキュリティー、大東亜共栄圏構想ともとれる戦略を立ち上げて中共への包囲網を作っているということです。
中共としては仮想敵国として設定されており、動きを封じられる構想であり、敵対した際に短期決戦は望めない構造となっています。

それを嫌うからこそ、支那の工作員は安倍元総理の国葬に反対するのでしょうかね。

◆ そして、その手先となって国葬阻止に走る「反日工作員」たち・・・
愚拙・・・まさに「蔑みの心で見くだしている・・・」
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:23 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント