CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「ウクライナ」からの教訓〜来たるべき“有事”にどう備えるか?〜 | Main | 帰化人議員?»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
「NHK党」党首・立花孝志氏、生放送で発言止められる 『報ステ』でトラブル】 [2022年06月21日(Tue)]
放送事故とか言われた報道ステーションについてとあるブロガーの解説!


【「NHK党」党首・立花孝志氏、生放送で発言止められる 『報ステ』でトラブル】


◆ 『テレビをご覧の皆さん、テレビは核兵器に勝る武器です。テレビは国民を洗脳する装置です。テレビは国民が知るべき真実を隠しています』◆

立花のこの発言に、報ステのキャスター「大越健介」が慌てて発言を遮る。


>>「立花さん、今の発言は討論のテーマに沿ったものとは認められません」
>>「発言を止めてください。趣旨にのっとった発言をしてください」

それでも尚、発言を続ける立花に対し、大越は「打ち切らせていただきます」と警告し、立花の画面と音声が遮られた。

その後、立花は『強制退去』となり、立花が座っていた座席だけが放送されていた。

報ステの「大越健介」は、立花の発言について「討論のテーマに沿ったものではない」と言っていたが・・・


「国民の安全 どう守る?」
    ↓
『NHKをぶっ壊す』


討論のテーマに沿ってるやんか。

◆「日本国民の安全」を守るために、いま最優先でやらなければならないのは、『マスゴミ解体』だろうが。

「日本国民の安全」を守るためには、当然『憲法改正』が絶対に必要。

その憲法改正を『妨害』しているのが、NHKをはじめとした『反日マスゴミ』の連中だ。

・マスゴミが「偏向報道」を垂れ流し、反日勢力への投票を誘導。

・それにより、今の日本は「日本を潰そうとしている勢力」が国会議員になれてしまう。

・そして、当選してしまった立憲や共産党の連中が、「憲法審査会」などの開催を『妨害』。改憲議論を阻止している。

・さらにマスゴミは、「憲法改正の必要性」を『隠蔽』し、国民の「知る権利」を阻害している。

・本来ならば、いまのウクライナ戦争を受けて、改憲の「重要性」を伝えるべきなのに、まったく触れようともしない。

・当然の話だが、憲法の改正は『国民投票』によって過半数の賛成を必要とすると定められている。

・マスゴミは、日本国民の意識が憲法改正に向かないように『世論誘導』しているのだ。

◆故に・・・「日本国民の安全」を守るために『NHKを潰す』というのは、根本的に考えれば間違った発言ではない。

NHKをはじめとしたマスゴミを潰し、放送法を改正し、
テレビが「正しい報道」をするようにしなければ、
「日本国民の安全」は守れない。

この「テレビは国民を洗脳する装置です。テレビは国民が知るべき真実を隠しています」も、『正しい事』だ。

「立花孝志」は、「日曜報道」の中でも『正しい事』を発言したようだ。
◆ 「世界を侵略しようとしている中国。憲法9条では国民の命は守れない」と発言した。

さて・・・報道とは
やはり反日「印象操作」と「思想洗脳」が目的なのか? と思えてしまうまさに報道事故でしかね?
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:44 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント