CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«本当は「南千島」なのになぜ「北方領土」と言い出したのか | Main | 義憤にかられてシェアーしました・・・»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
護憲派の妄言ここに極めり [2022年05月09日(Mon)]
護憲派の妄言ここに極めり
皇紀2682年(令和4年)5月8日


東京新聞・望月記者 憲法9条保護訴え 松江で講演
(山陰中央新報デジタル)

 中日新聞社・東京新聞で、ご自身で創作した物語を執筆しておられる望月衣塑子氏は、現行憲法(占領憲法)の改正論について、次のように語りました。

 「米国にいわれるままに、戦える国に変えられようとしていく」

 はい、間違いです。占領憲法を「憲法」とし続ける限り、米国の戦争に反対できません。そもそも賛成も反対もいう交戦権をわが国は持たされておらず、文字通り「いわれるがままに」協力させられるのです。

 韓国戦争(朝鮮戦争)の掃海作業で戦死者が出たり、湾岸戦争で多額の支援を拠出させられながら当然感謝もされなかったり、イラク戦争では自衛隊を派遣させられ、その前に二人の外交官が殺されました。

 これらは、全て占領憲法のせいなのですが、護憲派諸君は、分かっていないのか分かっていて分からないふりをしているのか、とにかく私たち国民を騙すような報道権力の末端を、到底野放しには出来ません。

 「憲法九条を守り、外交努力を重ね、話し合いによる解決を模索する姿勢を、今こそ持たないといけない」

 はい、出ました。話し合いで解決だそうなので、今すぐ立憲民主党の辻元清美前衆議院議員と共に露国へ行き、ウラジーミル・プーチン大統領を説得してください。

 話し合いでの解決を、是非とも実践して見せてほしいものです。それでプーチン大統領が涙ながらに「ウクライナから全て撤退するよ」といい出したら、初めてあなた方を尊敬します。

 そもそも望月氏は、財務省理財局近畿財務局の元職員の妻と、今すぐきちんと話し合いなさい。あちら様が「逃げないで」と怒っておられるようですよ。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:41 | 憲法を考える | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント