CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«新たな国際秩序と協調の枠組みとロシア・中国 G7外相会合の結果 | Main | 日本が侵攻されたら「敗戦濃厚」な理由»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新コメント
小野田紀美「レジ袋有料化、何の目的で何の意味 [2022年04月11日(Mon)]
小野田紀美「レジ袋有料化、何の目的で何の意味
ー正しい歴史認識― さん・・・

小野田紀美氏

レジ袋有料化、何を目的にしていたのか?
何の意味があるのか?
実際のゴミ袋使用量は減っていない!
プラスチックの削減効果はあったか疑問!
市民活動は不便になった。
万引きは増えた。
もっと検証が必要だ。
プラスチックごみが減ってゴミ焼却炉のカロリー(熱量)が減って高熱が出せなくなり、重油が必要になりそうだ。

山口壮環境相(アホ)
重油による助燃は今のところ、まだ必要ない。
プラスチックについて、効果は分からないが、レジ袋有料化したり禁止したりした国は多い。
まだまだ、プラスチック削減されていないが…

小野田紀美
目的は有料化することではく、プラスチックを削減することなので、その効果が重要だと言っている。
大きい焼却炉は重油の必要ないが、小さい焼却炉ではもう限界だと話しているの寄り添ってほしい。



■まとめ
レジ袋有料化のメリット
なし
(レジでのレジ袋配布は減ったが、消費者は別途購入し、ゴミ袋は減っておらず、全体としてプラスチックの削減効果は不明)

■レジ袋有料化のデメリット
市民生活が不便になった。
万引きが増えた。
売上が減り経済にマイナス効果となった。
焼却炉の熱量が減った。
コメントする
コメント