• もっと見る
«忘れることの出来ない「人生始終」 | Main | 日本消滅序曲 9条→窮状»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新コメント
政治家の仕事とは! [2022年02月24日(Thu)]
政治家の仕事とは!

オリンピックが終わるや!
何が平和の祭典なのか?
恐ろしいのは共産主義国、何が友好なのか?

−さくらの花びらさん− から転記しました。
世界人類が安心して暮らせる平和な世を求めるあまりの憤りです。

日本大使館職員拘束

「北京市内で在中国日本大使館の職員が中国当局により一時的に拘束されたことについて、「身分に適合しない活動に従事しており、中国の関係部門が法に照らして調査、質問した」と主張した」

◆ 日本が中国側に厳重な抗議をしたことに「中国は受け入れない」と反発した。

◆ 外交官には不逮捕特権があり、これにより各国の外交官はスパイ活動をしても逮捕されずに帰国している。

◆ 民主党政権の時に「李春光事件」というのがあり、日本の公安は李春光がシナ人民解放軍総参謀部第二部というスパイ活動をしている所属とみていたが、結局、逮捕できずにシナに逃がしてしまった。

◆ しかしこれはほんの氷山の一粒のようなもので、日本国内には政界、財界はじめ、相当のスパイ工作員がいる。

その国が日本の外交官を「法に照らして逮捕」したと言うが、法などあってないような国の言うことなど信用できるわけがない。嵌めるために仕掛けてくる国である。

■ 林外相は「到底看過できず、断じて受け入れられない」と言った。
「はい、わかりました」と言うわけがないのにね〜

■ 日本はスパイ防止法を作って、日本にスパイを逮捕して、その背景を徹底的に調べ上げて、スパイならば他国のように処刑するくらいの法律をつくる、ということを言って実行すべきである。

日本国家の有り様?
外務省が身柄拘束の状況を公表しないのは気になります。現地駐在の日本人が写真撮影しただけでスパイ容疑をかけられ、逮捕されるような体制ですから、私たち国民に注意喚起としてどのような状況だったのか説明すべきです。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:34 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント