CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«マスコミ正常化への一里塚 | Main | 日本国憲法の欠陥 愚老の戯言… 4»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新コメント
日本国憲法の欠陥 愚老の戯言… 3 [2022年01月12日(Wed)]
日本国憲法の欠陥 愚老の戯言… 3
(平成29年の雑記帳から転記。これから時折り記事投稿させていただきます。
単なる思い込みの愚痴。検証未了につきご容赦のほどをお願いします)

■第12条 → 憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力に・・・とあるが、いわゆる左翼が常に違反している。

■第15条 → 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
成人の規定が無い、少年法との乖離。公務員とは「首長・議員・一般公務員」?
■第20条 → いかなる宗教団体も、国から特権を受け、・・・
宗教法人の活動には税金減免措置がある。

■第22条 → 何人も外国に移住し、または国籍を離脱する自由を侵されない。
日本国籍を抜いて無国籍者に成れる?

■第25条 → すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利がある。
・生活保護者が年金より高く保護され、医療費もかからない不合理。
・9条2項により、自衛の戦いさえ許されず、平和に生きる権利が奪われている。

■第27条 → すべて国民は勤労の権利を有し、義務を負う。
理由も無く勤労の義務を放棄して生活保護に走る実態がある。

■第38条 → 何人も自己に不利益な唯一の証拠が自白である場合は、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。
裁判官がたまに、これで有罪にしている。

■第98条 → 1項:この憲法は 、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、 詔勅及び国務に関するその他 の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
第2項:日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
つまり条約や国際法の方が上位にあるが「集団的自衛権を否定する」間違い!
コメントする
コメント