CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ご覚悟を! 共産主義かの選択選挙 | Main | 総選挙に忍び寄る"中国共産党"工作員公明党の影»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
思えば遠くに来たものだなぁ・・・ [2021年10月20日(Wed)]
真摯に生きる!

基本姿勢 - ねずさんの学ぼう日本 (nezu3344.com)

https://nezu3344.com/blog-entry-5033.html


日本の良さを学び、先人の努力を学び、自分の中にある良心を目覚めさせ、周囲にいるみんなとともに「よろこびあふれる楽しい国」を目指して、日々新たに進んでいく。
そういう小さな努力の積み重ねだけが、日本を変え、世界を変える原動力となっていくのだと思います。

さて、我が青春時代、社内研修は「てんびんの詩」「人間だもの」など心の研修を中心に置いた時期があった・・・
倉本長治先生や竹本幸之祐先生に共鳴して、仕事が終わった後にビデオ鑑賞しては飲みニケーションの感動の日々だったなぁ・・・

仕事が終わって・・・と云うところに若干ジレンマがあった。
と云うのは兵庫ダイハツの「教育は仕事に優先する」と思いつつも、やはり仕事が終わらないと何にも出来なかった・・・

滋賀ダイハツ販売株式会社 社主
株式会社ゴトウ経営 社長 後藤 昌幸氏
https://www.max-kyoto.com/subakei/image/goto.pd

・・・そうこうしているうちに相田みつを先生の「生きているんだもん」・・・に出会い、価値観も大きく変わってきた・・・
みんな青春時代の「肥し」である・・・・

思えば遠くに来たものだ・・・

『相田みつをの名言集』185選 一覧|心に残る名言・心に響く格言 | KOTONOHA ウェブ (kotonohaweb.net)

https://kotonohaweb.net/aida-mitso-quot/

Posted by 余生を憲法改正に! at 07:01 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント