CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«高市早苗氏の政治理念、「日本の未来のために」 | Main | 小学校3年生の追憶「夢呼ぶ海の歌声」»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
竹田恒泰氏が「宮内庁は解体せよ」 [2021年10月14日(Thu)]
竹田恒泰氏が「宮内庁は解体せよ」「小室圭は最悪の末路」と批判した。

【竹田恒泰】小室圭、最悪の末路へ【WiLL増刊号#679】

竹田恒泰
「戦後新たに作られた出来た宮内庁はGHQが産み落としたもので、皇室を監視し、何か変な事があったら国民に言い付けるために作った部署だから皇室を守る部署ではない。
(中略)
本当に皇室をお守りする組織になって欲しいが最近の宮内庁を見ると、まったくその機能が無い」

そう考えると合点がいく。
山下晋司なる元宮内庁職員が今日もテレビで御託を並べているが、皇室の味方のような顔をして、皇室を無くそうとしているのではないか。

宮内庁長官の西村泰彦氏はKKの大論文を読んで感心したと馬鹿な事を言ったり、東京五輪開催を「天皇陛下が懸念していると拝察される」と発言して波紋を呼んだ。

宮内庁はM子さんの結婚相手の身元調査をすべきだった。

竹田恒泰
「KKのような人が候補者になったというのは神武建国以来初めてだ」

宮内庁は皇室を守ろうとする気持ちは一切無い。
そうであれば、KK問題も未然に防げた筈だ。

竹田
「誰も女性皇族を口説きに行かないですから。だから、それこそ共産党とかもしくはどこかの外国勢力のスパイとかを同じ学校の同級生に仕込んで、同じゼミとかで口説けば落ちちゃうワケですよ。
それなりのイケメンだったら、なおさら。
そういう反日勢力が意図的に女性皇族の相方となって、こういう風な問題を演出する事も出来てしまう。
国防と一緒で、先回りして問題が無いようにしっかりとして行かないといけないのに、誰もそれをやって来なかった。」

今後も外国のメディアに晒されるとして・・・

竹田
「外国に行ったからといって自由になるのではなくて、もっと追いかけ回されるし、もつと峻烈な言葉が飛んで来る」

竹田
「この余波が10年20年、30年吹き荒れる可能性がある」

M子さんはとんでもないことを仕出かしたもんだ。

反日勢力を斬る 小室K 最悪の末路へ (fc2.com)

http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-6340.html
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:08 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント