CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«河野太郎候補は自民党総裁選を辞退すべき️ | Main | 彼岸明けの朝・・・»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
河野太郎候補の独断専横を不安視する指摘! [2021年09月25日(Sat)]
自民・佐藤氏「極めて失礼」 河野氏の政調改革 - 産経ニュース (sankei.com)

https://www.sankei.com/article/20210922-QJU6XLHR35KL5NVLWX2S574L5A/


河野氏は21日、衆院当選3回以下の議員でつくる「党風一新の会」との意見交換会で、党が首相官邸主導による「政高党低」の構図となっているとの指摘について「国会で説明責任を負うのは政府。政高党低じゃなきゃ困る」と持論を述べた。その上で、政策立案に関しても党を軽視するような発言をした。


■ 政高党低”についての見解を問われた際に、とんでもない発言をしたとして、自民党内から反発を呼んでいます。

河野太郎候補の独断専横を不安視する指摘!
以下、コメント抜粋

・ 要するに自民党部会のような民主主義政治を否定し、
官僚へのパワハラで物事を決めてい行く、
独裁的な政治を目指しているのではないでしょうか?

・ 三代にわたって政界の重要ポストを占めて来た結果、官僚や他の議員を見下し、平気でパワハラをはたらくような人間になってしまったのでしょう。
 ある意味、社会人として、人としてどうなのかと疑問をはさまずにはいられません。

・ 自民党内の部会のあり方を否定するような発言をサラッとしていますが、そもそも河野太郎候補自身は、自民党の部会への参加をしたことがほとんどないのだそうです。

・ 部会の存在によって、党内の様々な議論を戦わせ、各分野の専門知識を学び、政治家としてキャリアを積み重ねて行くのが自民党のあり方です。
都合の悪い事はブロック! まさに民主主義の否定「ブロック大臣」は自民党から去って欲しいですねわからん

・ 自分が部会で政策立案に必要な基礎知識の習得とか、日頃の努力を河野太郎氏がまるでしてない事がこの発言でよく分かりますね。
実に酷いものです。
結局、イージス・アショアも国防大臣なのに、国防の事はまったく考えずに適当に止めてしまったわけですね。

※※※※※

自民党の佐藤正久外交部会長は22日、党総裁選(29日投開票)に立候補している河野太郎ワクチン担当相が政策立案に関し、
「(自民党の)部会でギャーギャー言っているよりも副大臣、政務官チームを非公式に作ったらどうか」と述べたことに「極めて失礼」と苦言を呈した。

自身のツイッターに「外交部会長として受け入れ難いし、部会で国民の声を政策や議員立法にしている議員にも失礼」と書き込んだ。
また、佐藤氏はツイッターで「副大臣充実はいいと思うが、若手はその場で反論しなかったのか。残念」とも指摘した。

・愚拙の感想は、
そんな総理総裁を自民党党員が望むのか?
その一点に疑問を抱くものです。



Posted by 余生を憲法改正に! at 06:44 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント