CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«河野太郎氏の「決定的欠陥」とは | Main | 問題の本質、国民レベルが日本の明日を決める?»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
総裁選模様散策 [2021年09月20日(Mon)]
総裁選模様散策

河野太郎候補が「靖国神社参拝参拝は日中合意違反」又、「私がが総理になったら靖国神社をたたき潰す」と語っている。
この男は、K国の戦没者墓地にお参りはするが靖国神社には参拝しない。こんな輩を日本のトップリーダーにするべきではない!

https://www.youtube.com/watch?v=0LupYtU_bv0

万一、河野太郎政権になるなら総理の一族が中国で会社経営というあり得ない事態が現実に。“クリーンなエネルギーを生み出す太陽光発電”に寄与すると宣言する #日本端子 の存在を考えれば氏の政策は分り易い。北京、江蘇省、香港で同社はどんな便宜を図ってもらっているのか。

安倍晋三
昨日の討論会に於ける、高市早苗候補の冷静で的確な応答振りを賞賛する声が多数寄せられています。
彼女の外交安全保障に於ける見識を示されたら困るのか、彼女をスルーする見識無き質問者まで出る始末。


稲田朋美
総裁選について私が目指す強くて優しい、温かい日本の国柄を守るため、譲れない国家観を共有する高市早苗候補を支持します。


高市早苗です。皆さまに向けてメッセージを撮りました。是非ご覧ください。
あと10日後には決着が着きます。皆さま引き続きよろしくお願いします。

令和3年9月19日 高市早苗メッセージ@自民党総裁選挙
高市早苗さんはTwitterを使っています 「高市早苗です。皆さまに向けてメッセージを撮りました。是非ご覧ください。 あと10日後には決着が着きます。皆さま引き続きよろしくお願いします。 令和3年9月19日 高市早苗メッセージ@自民党総裁選挙 https://t.co/qhnGXjM8Dp」 / Twitter

https://twitter.com/takaichi_sanae/status/1439570890488893448


高市早苗
本日テレビ局インタビューを受けました。

こどもに関わる様々なこと、ひとり親支援、児童手当、学童、母子保健、虐待相談等は、厚生労働省や内閣府等でやっています。バラバラ感を一刻も早くなくし、こどもに関わることを一体化し、予算と権限を持つ”強い組織”が必要だと考えていることを訴えました。

高橋洋一(嘉悦大)
相手国に多数のミサイルが現存しているので、敵基地攻撃能力を持たないと、バランスを欠きかえって不安定要因になる。これは外交・防衛閣僚をやっていれば常識のはずだが

ピーチ太郎 ツイート
【ミサイル防衛】

河野太郎「”勇ましい掛け声”をかければいいというものではない。”敵基地なんとか能力”みたいなものはかえって不安定化させる要因。”やれやれ”と言う人を”喜ばせるだけの議論”」

高市早苗「”勇ましい” ”やれやれ”という話ではない。日本国民の命と領土を守る為に当然必要な事」

石平太郎
「敵基地攻撃で相手の能力が無力化されたらかえって不安定要因」、という河野さんの発言は一体どういう意味か。要するに日本を撃とうとする敵国の無力化は「不安定要因」であって、逆に敵国の有力化は「安定要因」なのか。相手は日本を撃つことができ、日本ができないのは河野さんの求める安定なのか。


有本 香 Kaori Arimoto
昨日、不公平極まる候補者討論会を主催した日本記者クラブは、「日本で唯一のナショナル・プレスクラブ」と称して公益社団法人の認定を受け、大メディアが会員加盟していますが、産経新聞は入っていません。我々フリーも入会できないばかりか、要人会見でも入れません。排他的で多様性を好まない組織。

高市早苗政策後援会(9月9日より公認)
記者クラブの討論会第二部での各候補者の発言時間を算出しました。河野大臣が20分以上の発言時間が与えられていたのに対し、高市議員は11分未満です。全21問の質問のうち、後半7問は立て続けに高市議員不在で進行。記者クラブ並びに自民党運営には強く是正を求めます。

討論会で高市外し続ける予定が失敗し動揺する声がマイクに入った日本記者クラブの闇
https://www.youtube.com/watch?v=37KtAxFUa34

門田隆将
ミサイル防衛問題でも高市早苗氏だけが“米から中距離ミサイル配備の要請があった場合、日本は受け入れるべき”に賛成。他の3氏は親中派であり、中国共産党が怒るそんな事は口が避けても言えない。要は日本が中国属国化の道を歩むか否かの話。総裁選が“日本の岐路”であるのは対中問題が最も分り易い。
ナニワの激オコおばちゃん

カッコええなあ「国家百年の計」を語れる高市早苗さん。「あるのは永遠の国益のみ」やな。 | ナニワの激オコおばちゃん (naniwakawaraban.jp)

https://naniwakawaraban.jp/2021/09/19/%e3%82%ab%e3%83%83%e3%82%b3%e3%81%88%e3%81%88%e3%81%aa%e3%81%82%e3%80%8c%e5%9b%bd%e5%ae%b6%e7%99%be%e5%b9%b4%e3%81%ae%e8%a8%88%e3%80%8d%e3%82%92%e8%aa%9e%e3%82%8c%e3%82%8b%e9%ab%98%e5%b8%82%e6%97%a9/


森喜朗元首相
18日、都内で前千葉県知事の森田健作氏(71)のラジオ番組の収録に参加し、自民党総裁選を巡る一部議員の動向に苦言を呈した。

 森氏は党内の一部に「看板を人気のある者にしたい。選挙が危ないから、人気のある総裁を選んで、その下で選挙をやる」との考えがあるとし、「大変な間違いを言っている。選挙は自分を理解してもらうものだ」と強調した。

 森氏は党内最大派閥の細田派に強い影響力を持ち、安倍晋三前首相と同様、高市氏を支持しているとされる。世論調査によって国政が左右される現状に「(一部の)若い諸君は自分が何をやるかではなく、人が何をするかに委ねている。それがどうも私は気に入らない」と首をかしげた。森田氏も「選挙は看板ではなく自分で戦う。その通りだ」と同調した。

Posted by 余生を憲法改正に! at 06:07 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント