CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«高市早苗さんを応援する | Main | 河野・石破・小泉トリオで日本滅亡への道!»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
共産党はまだ『暴力的な革命』 [2021年09月14日(Tue)]
TBSで八代弁護士が「共産党はまだ『暴力的な革命』っていうものを、党の要綱として廃止してませんから」と言った。

これに対して共産党の志位委員長は「どんな場合でも平和的・合法的に社会変革の事業を進めるということが、日本共産党の一貫した立場です」と言った。
日本共産党の一貫した立場?

戦前から戦後そして今の今に至るまでどこが一貫しているのか?
しかも日本共産党はオウム真理教と同じく破防法の調査団体である。
本当に平和的だったら破防法の調査団体にはならない。

日本共産党は昭和26年に「軍事方針」として「我々は武装の準備と行動を開始しなければならない」として武装闘争し、各地で殺人事件や騒乱事件を引き起こした。
特に朝鮮人が共産党として共闘して日本を混乱させていた。

その後、日本共産党は武装闘争を批判し、次には革命が平和的か非平和的かは敵の出方で決まるとした。
これで破防法の調査団体になったのだ。

破防法の調査団体が日本の政党である。
日本はおかしいと思う。
−さくらの花びらさん−
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:25 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント