CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「選挙目当てのパフォーマンス」党風一新の会 | Main | 共産党はまだ『暴力的な革命』»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新コメント
高市早苗さんを応援する [2021年09月14日(Tue)]
高市早苗さんを応援する

アナ
中国共産党系メディアは高市さんについて読むのもはばかられるような言葉も使って、「日本新首相“本命”のひとり 高市早苗 靖国神社『参拝』継続を示唆」と厳しい論調で報じています。

高市早苗
中国の新聞には『本命』と。
日本のマスコミでは泡沫扱いかもしれませんが、中国では本命と書いていただいて。
ありがとうございました、中国の新聞社の方。

橋下徹
首相になっても靖国参拝を続け、中国が中小企業との取引(貿易)を止めたり、観光客を送り込むことを止めたりして圧力をかけて来ても、靖国参拝を続けるのか?

高市早苗
外交問題でなくす!
日本の国の中から、経済界の中から、一部マスコミの中から、これをことさらに外交問題にしようという声が上がっていることのほうが問題!
中小企業の利益と言っても、流れは変わっている。

松山キャスター
もし首相になったら、まず最初に何に手を付けるか。

高市早苗
危機管理投資イコール成長投資だ。ここに予算の比重を移させてもらう。

橋下徹
プライマリーバランスについて、麻生財務相が反対だという声を上げている。麻生大臣とも戦うということか。

高市早苗
財務当局が、あれだけプライマリーバランス(の黒字化目標)にこだわったことで、安倍内閣の時に機動的な財政出動が中途半端に終わった。
強い経済を作っておかないと、全世代が安心できる社会保障はできない。
雇用の場も創出できないし、税収増にも結びつかない。


◆ 日本国首相の靖国神社参拝については、中小企業だろうが大企業だろうが、支那と付き合う企業の自己責任だ!
もしも、支那と関係を持った日本企業が自己責任を放棄して日本国首相などに「靖国神社を参拝するな」などと主張したら、日本国民がそんな企業に対して不買運動をしなければならない!

◆ また、プライマリーバランスについても、高石早苗の主張が正しい!

プライマリーバランス黒字化の放棄は、日本経済立て直しにとって最重要政策だ!
麻生太郎は、プライマリーバランスについて全く理解できていない!
麻生太郎財務相の主張が間違っていることは、元財務官僚(大蔵官僚)の高橋洋一も何度も指摘している!

PB(プライマリー・バランス、基礎的財政収支)は永久に常に赤字状態にして、できる限り多くの国債を発行し続けて日本国民のための社会保障、公共事業、国防、税負担軽減による消費刺激策などに役立てることが正しい経済政策だ!(関連記事)
DELICIOUSICECOFFEE.JP
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 高市「日本のマスコミは泡沫、右翼扱い。靖国神社は外交問題にすることが問題」PBに拘る麻生に反論

詳細一部

■ 高市前総務相:
こんなに優しく生活者に寄り添った政策をいっぱい構築しているのに、なぜなのだろうと思う。しかし、譲れないところは譲れない。ここは信念を持っていかないと、国会論戦には耐えられないし、国民に自分の言葉で語りかけることが難しくなるんやないかなと思う。

松山キャスター:
今回の総裁選、3候補が出馬表明しているが、争点はどこにあるのか。3者とも保守主義を掲げている。河野氏も記者会見で保守主義ということ、中庸で温かいものだということを強調していたが、(総裁選の)争点が見えづらくなっている感じがする。どう差別化を図っていくつもりか。

高市前総務相:
私が主に訴えているのは、短期的にはいま本当に困っている人をどう救うかということ。感染症で医療現場、保健所、救急現場は大変な状況だ。企業、事業者を全部つぶしてしまったら、感染症が収束して、(経済が)V字回復する時になんにもならない。さまざまなところに財政的な手当てをしなければいけない。

日本経済の建て直し(が重要)。日本が直面するリスクを先取りして必要な法制度整備、研究開発を進める。この辺を一番強調していきたい。危機管理投資イコール成長投資だ。ほかの国も絶対に直面する。これだけデジタル化が進んでいたら電力不足も絶対に起こる。

気候変動により、土木建築と農業(のあり方)も変わってくる。自給率をどうするか。感染症発生後、中国にマスクの7割を依存していた。さまざまな医療機器も足りなくなった。

国産体制をどう構築していくか。日本には政治に強制力はない。もし治療薬、ワクチンを日本で作ってもらえるなら、そのための投資、国費を使ってもいいとと思う。

いま本当に必要な危機管理投資を先手打ってやっておく。これにより海外にも展開できる製品、技術、サービスができる。イコール成長投資にもなる。必ず税収としても取り戻す。多くの人に所得や雇用の場を増やしたい。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 高市「日本のマスコミは泡沫、右翼扱い。靖国神社は外交問題にすることが問題」PBに拘る麻生に反論 (deliciousicecoffee.jp)

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8391.html
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:18 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント