CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«菅さんの失敗「原点」 | Main | 日本人の敵と言われるマスコミ»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新コメント
たまらなく嫌な国「韓国」 [2021年07月22日(Thu)]
たまらなく嫌な国「韓国」   7月21日(水)

たまらなく嫌な国「韓国」   7月21日(水):中韓を知りすぎた男 (fc2.com)

http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1357.html



東京五輪に韓国は、歴史や領土をめぐって嫌がらせをし、スポーツの祭典に
冷水を浴びせて日本を有つうな気分にさせている。

東京五輪の公式サイト上の日本地図に竹島が表記されていることにインネン
をつけて「東京五輪ボイコット」を主張する騒ぎとなっています。竹島は歴史上間違いなく日本の領土です。日本側の証拠ならいくらでもある。文句が有る
なら韓国の証拠を見せろ、口でいうだけなら誰でも言える。

また韓国が選手村に掲げた応援の横断幕に豊臣秀吉の朝鮮出兵に抗議し
た言葉を載せていますがIOCは政治的宣伝を禁じた五輪憲章に反すると判
断して撤去を命じました。

また軍艦島表示にもインネンをつけています。軍艦島は韓国が主張するよう
に強制労働などではない。日本は国内法に基づき労働者を募集したに過ぎ
ない。要項通り約束した措置を誠実に履行した。

文在寅が日本から届いたオリンピック招待状に対して日本に条件を出してい
る。ホワイト国に戻す事とジーソミア、最後にスワップまで強制している。
オリンピック招待状は外交儀礼として各国に送っているだけで特別なもの
ではない。何を勘違いしているのか呆れて物が言えない。

韓国の新聞では「菅首相と会談の約束を取り付けた」と載っていますが、
貴方と会談しても何も意味もない。過去のように、話し合ったことと全く違う
話をマスコミに話すなら会わないほうが良い。

文在寅が甘い考えになってしまうのは、二階と日韓議連の連中の言葉に
乗るからです。彼らは日本人ではない。そこまでして韓国を呼ぶ理由はない。

文在寅が五輪の開幕直前になって訪日を取りやめました。背景には日本へ
の要求が何も通らないだけでなく、誰も相手にしないことが分かったからです。

韓国メディアによると韓国側は対韓輸出管理厳格化の撤回と、徴用工訴訟
で受け入れ可能な解決策を示すことが出来ると自信を持っていたからです。
韓国側が考えた徴用工問題の解決策とは、日本企業の韓国内資産を売却し
「現金化」しても後日そっくり日本側に返すということです。その代わり韓国
大法院が日本企業に元徴用工への賠償を命じた判決を受け入れるという
ことです。

つまり現金が後日韓国政府から戻って来るから日本側は損がないという
ことです。これは大いなる詐欺です。以前、慰安婦の問題でこの手に引っか
かった。「日本が朝鮮半島から若い女性を20万人強制連行し性奴隷にした」
という吉田清治(在日朝鮮人)の嘘の証言で韓国側から責められて、戦後
嫌な思いをしてきました。

慰安婦の存在がクローズアップされたのは91年である。当時まだ弁護士で
あった福島瑞穂(在日朝鮮人)や高木健一などが韓国に行って被害者を募
集。その結果、金学順なる女性が名乗り出た。

福島瑞穂は金学順に強制連行と性奴隷にされたということを記者の前で言う
ことを無理やり約束させました。しかし彼女の証言は「親に売られてキーセン
になり、義父に連れられて日本軍の慰安所に行った」と真実を証言したの
です。

彼女の目的は敗戦で無効になった軍票のぶんの給料を返してくれというもの
でした。彼女が示した通帳に残っていた残高は、2万5145円、陸軍大将の
年俸が7000だった時代にわずか3年間でこれだけの貯金ができたのです。

福島瑞穂のインチキは見事に失敗しました。韓国の盧泰愚大統領は従軍慰
安婦問題で「強制連行」の有無について真相究明を求め、日本政府は「強制
連行」となる証拠が発見できずに対応に苦慮していた。

韓国側は強制連行を認めてくれたらもう二度と慰安婦の問題を出さないと約束。
韓国への外交的な配慮をするため、河野洋平官房長官は証拠もないのに
強制連行を認めてしまった。だが韓国は約束を守らずに未だに従軍慰安婦の
問題で金を要求し日本を攻め続けている。

当時の官房長官である河野洋平が認めたということは事実がなくても強制連
行があったということなってしまう。石原慎太郎は「訳分からず認めた河野洋
平という馬鹿が日韓関係を駄目にした」、と言っています。

私が言いたいことは韓国とは絶対に約束してはいけない。今回の徴用工問題
で韓国の言葉を信じれば永遠に金銭を要求される。日本は慰安婦の問題で
韓国の嘘つきを経験して痛い目にあった。だからもう誰も日本は文在寅を
相手にしないことが本人も分かったようです。



Posted by 余生を憲法改正に! at 07:23 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント