CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«塩野義のコロナワクチン、条件付き承認で年内実用化も | Main | 「救う命」と「救わない命」を選別する差別主義者»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
日本のコロナはさざ波という事実 [2021年05月12日(Wed)]
日本のコロナはさざ波という事実: 彼方のブログ (cocolog-nifty.com)

http://otto-kanata.cocolog-nifty.com/blog/2021/05/post-bc3a5b.html


◆ 日本のコロナはさざ波という事実

数万人から数十万人に及ぶ欧米各国やインドなどの
コロナ陽性者のグラフに
わずか数千人の日本の陽性者数を入れると、
第3波、第4波が「さざ波」に
過ぎないことが分かる。

毎日、マスコミ各社が頼まれもしないのに、
「感染者が過去最多」「重症者が過去最多」と騒ぐから、
何か大変なことが起こっているように錯覚するが、
常識的な目で見れば、日本で起こっていることは
緊急事態ではありえない。

問題は日本の充実した医療資源を
適切に使いこなせていないだけなのだ。

去年の夏に、スウェーデン在住の日本人が見た、
日本のコロナの現状という話をこのブログに書いた。

◆「日本のコロナ対応の異常」
http://otto-kanata.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-c4b86e.html

そこで語られていたのは、
「日本の人口当たりの新型コロナによる死者数は
スウェーデンの70分の1くらいなのに、
何をそんなに騒いでいるのだろう」
「日本は政策に関しては、スウェーデンと大差はなく、
死者数が少ないのは、コロナ感染に有利な何らかの資質を
日本人が持っているとしか考えられない」
「にもかかわらず、日本人が新型コロナに対して
スウェーデン国民よりも強い不安を感じ、
騒いでいるのが可哀そうに感じる」
というようなことだった。

去年も今年も、日本は緊急事態ではない。

インフルエンザの代わりに、
新型コロナという新種の感染症が
流行しているに過ぎない。

基礎疾患があって抵抗力が弱くなった高齢者は、
風邪をひいただけで亡くなることも多いという。

インフルエンザでも多くの高齢者が
亡くなるという。

それを新型コロナによる死者として
カウントしているだけなのだ。

日本国民はメディアの洗脳により、
事実が見えなくなっている。
コメントする
コメント